採卵当日の培養士による卵の状態や成熟度合いの説明内容。M1〜2、GV期卵子って何?

The following two tabs change content below.
夫:ポコキン

夫:ポコキン

夫婦で不妊治療を行っています。夫の目線から、不妊治療を行う上で得た知識や感じたことなどをシェアしていきます。あまり辛気臭くなるのは嫌なので出来るだけ明るく、不妊治療以外のことも書いていくつもりです。めざせ!Awesome Life!!!

 

NAC初採卵は麻酔でも痛みあり・・個数やグレード、手術後の過ごし方など感想を

2017.11.08

 

採卵日の話です。

採卵後、培養士より採れた卵について、いろいろと説明をしてもらいましたのでシェアします。

初の採卵なのでこういった説明が他院でも行われているか不明ですが、こうやって時間をかけて説明してくれる姿勢は非常にありがたいですね。

 

スポンサードリンク

 

精子の結果について

さらっとですが、精子の結果についても触れられます。

今回の精子の結果はというと、

 

  • 運動率:77%
  • 精子数:約1.1億匹

 

と運動率は前回より+7%とあまり変わりませんが、精子の数については前回の倍くらいになっていました(1mlあたり約1200万匹位)。

NACの精子検査結果で男性不妊発覚?正常形態率とFSH等のホルモン値が低すぎる件

2017.09.29

 

これはやはりクロミッド(=セロフェン)服用の影響でしょうか?

夫がクロミッドを処方されるとは・・下垂体ホルモンFSHとLHが正常値より低いなんて・・

2017.10.07

 

どちらにせよ数が増えていることは良いことです。

今回は、正常形態率(クルーガーテスト)の結果についてはなぜか触れられませんでした。

採卵時に精子正常形態率の説明無いのはNACの精液検査基準が厳しすぎるだけ?

2017.11.12

 

 

採れた卵子の数と状態について

NAC初採卵は麻酔でも痛みあり・・個数やグレード、手術後の過ごし方など感想を

2017.11.08

 

採卵数は10個でしたが、そのうち1個が変性卵だったため、結果的に9個となりました。内訳は、

M2 :3個
M2?:1個
M1 :2個
GV :3個

となっており、この9個の卵の写真を見ながら培養士より説明を受けます。

 

卵の成熟度や形態、特徴について

採れたGV期卵子、M1期卵子、M2期卵子の詳細と卵の状態について説明を受けました。

まずGV期卵子には卵子の中にGV核というものがあり、このGV核が消滅するとM1期卵子となります。そして極体(PB)というものが現れたらM2期卵子となるとのこと。

詳しいことはわかりませんが、要は

 

  • M2期卵子→成熟卵
  • M1・GV期卵子→未成熟卵

 

であり、成熟しているかどうかの判断は基本的に

 

  • 極体が見えれば成熟

 

ということです。

卵子の右側に見える小さな塊が極体です。指輪の宝石の部分みたいなところです。

 

採卵画像をプリントでももらえます↓

22個の卵胞に針を刺し、10個の卵子を回収するも、うち1個は変性卵で使用できず、結果9個採卵ができたということで、卵子回収率は41%(=9➗22)となっています。

裏を返せば59%の卵胞は空胞(変性卵含む)であるということです。

 

写真1の卵子については極体がはっきりみえており成熟済み。ただ「PVS広め」と言われました。

PVSとは透明帯(卵子の周りにある細胞の塊群)と卵子までの距離のことらしく、ネットで調べると以下のような情報がありました。

「PVS」とは「囲卵腔」のことで、卵細胞質と透明帯の間にできる隙間の部分をいいます。普通、未熟卵にはPVSが無く、透明帯と細胞質が隙間なくぴっちりとうまっています。この状態から、成熟卵になると「第一極体(上側にあるぽちっとしたもの)」が出てきて、同時に隙間(PVS)ができてきます。
Yahoo知恵袋より引用

培養士曰く、PVSが広めだと、その分精子の泳ぐ距離が長いので、「ふりかけ式」の体外受精の場合には妊娠率向上の観点から「PVS広めの卵子」はあまり採用したくないとのことでした。

ただ我々は直接卵子に精子を注入する顕微受精なので関係はありません。

また先ほどと同様にネットで「PVS広め」の影響についても以下のような記載がありました。

さて、PVSが広いからといって必ずしも卵子の質が悪いということはいえません。ひとつ、考えられるのが、細胞質が萎縮していたり、もともと小さな細胞質だった場合には、必然的にPVSは広くなってしまいますよね。この場合、細胞質の状態があまり良くないことが考えられます。しかし…そもそも、そういった卵子が正常受精をするかといえば、しないように思います。
Yahoo知恵袋より引用

PVS広めだからといって一概に卵子の質が悪いとは言えないながらも、質の良くない卵子の判断の一つに「PVS広め」もあることを示唆しています。なので、心配しすぎる必要はないけれど、手放しで安心かというとそうでもなさそうです。

(あくまでYahoo知恵袋の回答コメントの引用であることご了解ください)

 

写真2の卵子も、すきまが広めとのこと(素人眼にはよくわかりませんが)。

写真3の卵子は、特段問題なし。

写真4の卵子は、極体はあるようなるも、フラグメント(細胞のかけら)が多く目視で確実に極体かどうか判断できない。ただ、後ほど極体を確認する以外の成熟確認方法があるので、その方法で最終的に確認するとのこと(具体的確認方法は不明)。

写真5〜9の卵子は、未成熟卵なので翌日の昼まで成熟を待つとのこと。

 

成熟を待てるのは採卵翌日のお昼まで

未熟卵の成熟を待つ期間は決まっています。

原則採卵翌日の昼頃まで成熟を待ちます。それまでに成熟しなければ断念となります。

 

もうちょっと待てないんですか?

 

と聞くと、

 

それ以上待って、仮に成熟しても胚盤胞まで行くことはほとんどないです。そういった卵は力の無い卵なんです

 

とのこと。

ただ成熟すればいいのではなく、適正な期間内に成熟することが大事なんですね。

 

受精確認について

受精確認は、精子の核と卵子の核の計2つが卵内に認められれば受精となり、培養を継続となります。

 

こんな感じで核が二つみえれば受精です。

 

核同士がくっつく「1細胞期」。

 

二つに分割する「2細胞期」。

 

4つに分割する「4細胞期」。

 

8つに分割する「8細胞期」

 

「Compaction」と呼ばれる文字通り圧縮(融合)が始まります。

 

 

桑の実のような形の「桑実胚」となります。

 

そして初期胚盤胞となり、

 

念願の「胚盤胞」となります。

 

以下表の通り、胚盤胞になるには7日〜を要します。

胚盤胞になれば無事凍結となります。

卵の状態によってはアシステッドハッチングをせずに凍結をすることもあるとのこと(つまりアシステッドハッチングをしてから=脱穀胚盤胞以降に凍結することが主流ということっぽいです)。

アシステッドハッチング(AHA / 補助孵化)とは?効果や双子の可能性についても

2016.11.03

 

スポンサードリンク

 

採卵のタイミングについて

今回、主席の卵子が採れたので、採卵のタイミングは間違いなかったとのこと。

あれだけこまこま診察するだけありますね。

 

その後、NAC日本橋のこれまでの治療実績データを用いて、特に成熟による影響などを説明してもらいました。

 

採卵時の成熟度における受精率と良好胚盤胞率

採卵時の成熟度における受精率でいうと、主席の成熟卵子が86.2%なのに対し、GV卵子は64.6%と20%近く開きがあります。

また受精後、良好な胚盤胞に成長する割合は、主席の成熟卵胞が55%なのに対し、GV卵子は8.3%と6.6倍もの開きがあるようです。

 

採卵時成熟度の違いによる妊娠率と生産率

受精率や良好胚盤胞率ではGV卵子は良くない結果でしたが、妊娠率と生産率で見ると真逆の結果となります。

妊娠率でみると、主席卵胞のM2卵子が55.4%なのに対し、小卵胞GV卵子はなんと55.2%とほぼ変わりません。

また生産率をみると、主席卵胞のM2卵子が39.7%に対し、小卵胞GV卵子はなんとそれを上回る40.3%という驚くべき結果が出ています。

ちなみに生産率で一番成績が良いのは、小卵胞のM2卵子の40.5%。

 

胚盤胞凍結日別の妊娠率

いつ凍結するのが妊娠率が高いかというと、

採卵後5日後が70.4%と最も高いです。

それに比べ7日目に凍結した胚盤胞の妊娠率はというと、33.3%と半分以下となっています。

 

こういったデータをまとめると、

  • 受精・胚盤胞率では主席のM2卵子が優位
  • 妊娠・生産率では小卵胞のM2・GV卵子が優位
  • 妊娠率は採卵5日後の凍結胚盤胞が良い

といえそうですね。

さらに詳しいことは以下記事を参照ください↓

採卵時の成熟度合や凍結日別の受精・良好胚盤胞・妊娠・生産率について

2017.11.11

 

 

受精確認と凍結確認のスケジュールについて

その後、受精と凍結確認のスケジュールの説明を受けます。

 

  • 受精確認:採卵2日後14時〜
  • 凍結確認:採卵8日後15時〜

 

という風に2回電話をしなければなりません。

 

NAC日本橋 培養室の直通電話番号

電話は培養室直通となります。ちなみに電話番号は、

 

03-6262-5752

 

です。

 

まとめ

とりあえず、9つの卵子がとれ一安心です。

NACでは採れた卵の状態を画像やデータを用いて、どういう状態かわかりやすく説明してくれるので、とても安心感がありますね。

医者のように専門知識を持つ必要はないけど、だからといって丸投げではいつか無駄な後悔の念を抱かないとも限らない。

なのでこういった説明によって、大まかな流れというか、仕組みというか、事実というか、ざっくりとでも知っておくことは、納得感をもって治療を行えるので精神的にもとても良い影響を与えてくれると感じます。

 

そういった海路図というか羅針盤を見せてもらいながら、NAC号という大船に安心して乗っていきたいと思います。

初の顕微受精の結果は!?順調に分割して胚盤胞になることを願うばかり

2017.11.08

 

スポンサードリンク


↓↓↓不妊治療系記事やブログが多数掲載されています。ポチッと押してお入り下さい↓↓↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です