不妊初期検査で調べる項目や費用について〜D1血液検査〜

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
The following two tabs change content below.
妻:ぽっ子

妻:ぽっ子

34歳ベビ待ち4年目・原因不明不妊。夫のポコキンと共に子供を授かるべく不妊治療専門病院にデビューしました。不妊治療の体験や得た知識、感じたことなどを主に綴っていきます。

スポンサードリンク

 

初日に早速精液検査を終わらせた私たち。

アルマゲドン

次なる項目は私の血液検査(①)。この検査は月の中でいつでも可能な検査だそうです。

 

…………………………………

 

参考までにこのクリニックで行っている不妊初期検査について私の分かる範囲で記載します。



①体の状態を調べる検査(採血)・・・いつでも可能な検査 ←イマココ
膣内細菌培養検査や卵巣予備能であるAMH、クラミジア抗体や甲状腺機能、貧血の度合いを見るフェリチンなどを見るための血液検査

②ホルモンの基礎値(採血)・・・月経中(生理2-5日頃)に採血

③超音波子宮卵管造影・・・月経終了直後3-4日以内
左右卵管の通過性を調べる基本的検査

④フーナーテスト(性交後試験)・・・排卵日前後の、性交後4~12時間の間に検査
精子と子宮頚管粘液の適合性を評価する検査

⑤黄体機能検査(採血)・・・排卵後1週間前後に検査

 



①精液検査・・・早期に検査を受けることがおすすめ ←終了
精子量、精子濃度、運動率、運動の質、精子の形態、感染の有無などを検査
病院で取る方法と、自宅で採取して病院に持参する方法がある

主人は人生2度目の精液検査だったけど、協力的で本当に助かります。

個人の主観ですが、もし不妊に悩むご夫婦の旦那様がこのブログを読んでいてくれたら、どうか早くに精液検査を受けることを女子としてお願いしたいです。

意外ですが、不妊症カップルの50%程度は男性側の原因の場合があるそうです。
双方ともに原因が早く分かれば早く解決策を探る事ができると思います。

本当に本当に、思うように授からないと1〜2年あっっっという間です。(涙)

 

そしてその間にたくさんの友達が妊娠出産をしていきます・・・・
(恨めしかな、SNS時代)

 

スポンサードリンク

 

…………………………………

 

検査の話に戻り、私はリセット初日(D1)にこの①の血液検査をしました。
(いつでも可能な検査ですからね)

そうそう、この検査は実は初診の日でも可能だったのですが、理事長先生が「保険と自費を混ぜると高くなる」ということを教えてくださり、別日で予約という形になりました。

完全なる庶民派の私たちには嬉しい気遣いでした。

 

この日は血液検査のみで終了。時間は全部で30分強くらいだったと思います。
結果は次回の診察にて。

 

この日のお会計

診察・検査料(自)

合計 17,490円

 

はなおかIVF医療費合計:26,080円
はなおかIVFサプリメント合計:3,780円

AMHなどを自費で調べるのでこのお値段なんだと思います。
そういえば前病院での検査にはAMHの検査はなかった気がするなぁ。

 

次は人生2度目の子宮卵管造影です。

はなおかIVFクリニックの感想。口コミや評判と私がどう感じたか書いてみる

2017.03.03

 

スポンサードリンク

↓↓↓不妊治療系記事やブログが多数掲載されています。ポチッと押してお入り下さい↓↓↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ

【PR】かかとが隠せる今のうちに・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です