一般不妊治療に東京都から助成金!条件や対象となる検査や期間、申請方法等まとめてみた

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
The following two tabs change content below.
夫:ポコキン

夫:ポコキン

夫婦で不妊治療を行っています。夫の目線から、不妊治療を行う上で得た知識や感じたことなどをシェアしていきます。あまり辛気臭くなるのは嫌なので出来るだけ明るく、不妊治療以外のことも書いていくつもりです。めざせ!Awesome Life!!!

 

東京都でも、一般不妊治療を対象とした助成が始まりました。

これまでも自治体によっては一般不妊治療への助成はありましたが、われわれが住んでいる区には助成がなかったので朗報です。

【一般不妊治療とは】

不妊の検査、タイミング法、薬物療法、人工授精など

 

そんな朗報ですが、もちろんこの恩恵を受けるには一定の条件があります。

はたして我々はこの一定の条件をクリアできるのか?

結論から言うと、

 

われわれは条件をクリアしていると思い一瞬喜びましたが、思わぬ落とし穴があり、最終的には ”ぬか喜び” となってしまいました。

 

その理由については後半に書いています。

まずこの助成事業の詳細から。

 

スポンサードリンク

 

不妊検査等助成事業について

この助成事業を簡単に説明すると、

 

不妊検査等助成事業の概要

保険医療機関にて行った不妊検査及び一般不妊治療に要した費用について、夫婦一組1回に限り5万円を上限に助成するというもの。

※保険薬局における調剤も含まれます。

 

一般不妊治療を対象に5万円まで助成されるのは、本当にありがたいですね。この助成によって、

「治療を受けてみようかな」

「人工授精にトライしてみようかな」

と不妊治療開始前の方や、人工授精へのステップアップを躊躇している方の経済的・心理的ハードルも下がるのではと思います。

 

対象となる検査や治療について

対象となる検査や治療の詳細は以下の通りとなっています。

ここに記載している以外の検査や治療も対象となる可能性があるので、必ずクリニックで都度確認してください。

対象の検査
不妊検査 •精液検査
•内分泌検査
•画像検査
•精子受精能検査
•染色体、遺伝子検査 等
•超音波検査
•内分泌検査
•感染症検査
•卵管疎通性検査
•フーナーテスト
•子宮鏡検査 等
一般不妊治療 •待機療法(タイミング指導)
•薬物療法
•人工授精 等

ちなみに「排卵検査薬」などは対象にはなりません。

 

助成対象となる要件

ということで、まずは助成の対象となる要件を見てみましょう。

以下の4つの要件に全て該当する方で、原則として平成29年4月1日以降に不妊検査を受診した方が対象となります

助成対象要件
①検査開始日において法律上の婚姻関係にある夫婦であること
→事実婚は不可。

 

検査開始日における妻の年齢が35歳未満の夫婦であること
→夫の年齢制限はなし。夫婦それぞれの検査開始日のいずれか早い日が基準となる。

 

検査開始日から申請日までの間、夫婦いずれかが継続して都内に住民登録をしていること
→夫婦のどちらかが都外在住の場合、申請は都内在住者が行うこと。

 

保険医療機関において夫婦ともに助成対象の検査を受けていること
→夫婦いずれか一方が検査を受けただけでは助成対象となりません。

 

 

この対象要件の中で私が考える一番のネックというか、少しの差でもらえるかもらえないかが決まってしまうと思われる悩ましい部分は、

 

①原則として平成29年4月1日以降に不妊検査を受診した方

②検査開始日における妻の年齢が35歳未満の夫婦であること

 

っていうところかなと。

まず①ですが、

「え〜?平成29年4月1日って今年の春だしめっちゃ最近じゃん。何?それ以前から頑張ってる人は助成されないってこと?!」

ってワナワナしてたら特例の記載がありました。

平成28年(2016年)4月2日以降に不妊検査を受診した方についても、上記の「対象者」の要件に全て該当する方については、「助成対象期間」の内、平成29年4月1日以降にかかった不妊検査及び一般不妊治療の費用を助成します。この特例に係る申請期限は平成30年3月31日(当日消印有効)までとなります。

とな。

 

次に②ですが、

検査開始日における妻の年齢っていうのがよくわからなかったので電話で確認してみたところ、検査開始日が34歳であればその翌日に35歳になっても助成の対象になるとのことでした。

 

 

この①②からも分かるように、去年から不妊治療を行っていても対象になる可能性は大いにあるということです。

そんな特例対象となる夫婦像を要約するとすれば、

 

特例対象者像

2016年4月2日から2017年3月31日の間で、妻が35歳の誕生日を迎える前から不妊検査を開始していて、事実婚ではない都内に住民登録しているマジで頑張ってる夫婦。

になるかと思います。ちょっと気持ちが入り過ぎている部分もありますが、気にしないでください。

この特例をわれわれに当てはめると、

 

  • 昨年8月通院開始 → 期間内受診クリア
  • 今年2月に妻34歳 → 年齢制限クリア
  • 都内に住民登録済み → 要件クリア
  • 夫婦共に検査を受診 → 要件クリア
  • 事実婚ではない → 要件クリア

 

と特例条件にも必須要件にもあてはまります。

そうなると、

去年から今年の3月31日までの検査や治療(AIHなど)は助成対象にはならないけど、今年4月1日以降の検査や治療については実費に対して最大5万円まで助成される

ということになります。

われわれはなんとか5万円の恩恵にあずかれそうです。

 

よっしゃ〜〜!!!

 

 

ちなみにすでに妊娠されてる方でも、要件に合致すれば助成される可能性がありますので確認してみてください。

【問い合わせ先】

03-5320-4375
(東京都福祉保健局/母子医療助成担当)

 

 

申請期限や申請方法(書類など)、振込までの流れについて

 

申請の受付開始日

平成29年10月2日(月)から申請を受付となります。

 

申請書類について

申請には以下4つの書類が必要となります。

  1. 不妊検査等医療費助成申請書
  2. 不妊検査等助成事業受診等証明書
  3. 住民票の写し
  4. 戸籍謄本

上記書類を揃え以下へ郵送することで申請は完了です。

申請書類送付先
〒163-8001
東京都新宿区西新宿2-8-1東京都庁第一本庁舎28階
東京都福祉保健局 少子社会対策部 家庭支援課 不妊検査担当

※投函日ではなく、消印日が申請日となります。

 

ちなみに①②の申請書のダウンロードはこちらでできます。

以下URLにとぶので赤枠部分のExcelかPDFのいずれかを選択しダウンロードしてください。

②の不妊検査等助成事業受診等証明書については、2枚1セットとなりますので両面印刷としてください。

 

では、各書類への記入方法などを詳しくみてみましょう。

 

①不妊検査等医療費助成申請書(コピー不可)

コピー不可の原本限りとなります。

振込先口座(定期口座不可)を記入しますが、万一の振込間違いを防ぐ為に「通帳のコピー」添付を求められます。以下記入例↓

注意

  • 振込先口座は、申請者名義の口座指定が必須。旧姓や配偶者名義の口座は不可となりますのでご注意ください。
  • ゆうちょ銀行の場合は、振込専用の店名・預金種目・口座番号が必要となります。
  • 振込先として指定できない金融機関もあるので「東京都公金を納付できる金融機関一覧」で確認してください。

 

 

②不妊検査等助成事業受診等証明書

コピー不可の原本限りとなります。

こちらの書類は医療機関が記入する書類です。われわれであれば、はなおかIVFに書いてもらうことになります。

これまでの検査実績(受診日・費用)を記入してもらいますが、はなおかではこの書類記入費用として3,000円ちょっと取られます。

他の医療機関でも記入費用を取られる可能性がありますので事前に聞いておくといいでしょう。

また、夫婦が別々の医療機関で検査を受けた場合、夫婦それぞれに各医療機関からの証明書が必要となります。

この書類も原本での提出ですし、都に申請後は返却してもらえないので、コピーして控えを取っておきましょう。

書類は2枚1セットとなっています(ダウンロード印刷する際には両面印刷にしてください)↓

 

1枚目

 

2枚目

 

③住民票の写し

コピー不可の原本限りとなります。

住民票提出の目的は、夫婦それぞれの住所、性別、続柄、生年月日等を確認するためです。

よって、検査開始日と申請日時点で住んでいる区市町村が異なる場合、戸籍の附票の写しもあわせて提出することになります。

注意

※申請日から3か月以内に発行されたもののみ有効です。
※個人番号(マイナンバー)の記載は不要です。

 

④戸籍謄本

コピー不可の原本限りとなります。

戸籍謄本提出の目的は、婚姻関係、婚姻日等を確認するためです。

注意

申請日から3か月以内に発行されたものに限ります。

 

申請期限について

申請の期限は、検査開始日から1年以内となっていますのでご注意ください。

なお、不妊検査及び一般不妊治療に1年を要した場合には、1年を経過した日から3か月以内に申請が必要です。

要は対象期間での対象となる検査や治療を受け終わってから、4ヶ月以上経ってからの申請はダメってことです。

ただ特例枠で助成対象となっている方は平成30年3月31日(当日消印有効)が締め切りとなりますのでご注意ください。

 

申請開始日や振込日はいつ?

申請受理日から2~3か月で都から「承認決定通知書」が送られてきます。そしてそれから約1か月後に指定口座に助成金が振り込まれます。

申請してから約3〜4ヶ月後の振込になるわけですね。

なげ〜〜〜〜な、おい。

10月2日の受付開始日に申請できたとしたら、どんなに早くても振り込まれるのは年明けの1月か2月ですね。

スポンサードリンク

 

なぜ ”ぬか喜び” となったのか。気をつけるべき点はココ

われわれは特例条件内に収まっており、今年4月1日以降の検査などの費用について助成金がもらえる権利を有しているとわかりました。

それなのになぜ ”ぬか喜び” となったのか、その理由を説明します。

ここまでこの助成事業の説明をみると、ついつい「特例条件のおかげで対象になる!」とホッとしがちです。

しかし、細かい点をしっかりと確認しないと、当たり前でありながらとても重要な箇所を見落とし、結果落胆することにもなりかねません。われわれはまさにその典型でした。

この助成事業の条件で大事なポイントはスバリ、

 

助成対象期間

 

です。

助成対象期間は先ほど述べましたが、検査開始から1年間です。

助成適用開始となる今年平成29年4月1日から1年間ではありません

てっきり、今年の4月1日から来年3月31日までの1年間に受けた検査や治療費用が助成の対象になるものとばかり思っていました。

もっと具体的に言うと、われわれの助成の対象となる検査の期間は、

 

今年4月から8月半ばまでの約4ヶ月のうちに受けた検査等のみが助成の対象

 

にしかなりません。

昨年8月から不妊治療を開始をしているので、わかりやすく8月1日月初から開始したとすれば検査開始から1年後というと7月31日ですね。

助成適用期間は今年4月1日以降に受診した検査等ですので、7月から1〜3月を引いた4〜7月の約4ヶ月が対象となるわけです。

これってついつい勘違いしがちじゃないでしょうか。

 

極論を言えば、2016年4月2日から検査を開始した人は、助成の対象となる期間は2017年4月1日のたった1日しかないことになります→以下表赤字部分

もうこの1日にピンポイントで検査や人工授精といった一般不妊治療をねじ込まない限り助成金は受けられないという過酷な状況となるわけです(笑)。

【助成適用対象期間】
2017年4月1日〜2018年3月31日

【助成対象期限】
検査開始日から1年間

検査開始日 助成対象期限 実際の助成適用期間
2016/4/2 2017/4/1 1日
5/1 4/30 1ヶ月
6/1 5/31 2ヶ月
7/1 6/30 3ヶ月
8/1 7/31 4ヶ月
9/1 8/31 5ヶ月
10/1 9/30 6ヶ月
11/1 10/31 7ヶ月
12/1 11/30 8ヶ月
2017/1/1 12/31 9ヶ月
2/1 2018/1/31 10ヶ月
3/1 2/28 11ヶ月
4/1 3/31 12ヶ月
5/1 4/30 11ヶ月
6/1 5/31 10ヶ月
7/1 6/30 9ヶ月
8/1 7/31 8ヶ月
9/1 8/31 7ヶ月
10/1 9/30 6ヶ月
11/1 10/31 5ヶ月
12/1 11/30 4ヶ月
2018/1/1 12/31 3ヶ月
2/1 2019/1 2ヶ月
3/1 2019/2 1ヶ月

 

もっとわかりやすくヴィジュアルにするとこんな感じです(見にくい表ですみません)。

2016年4月2日以降に検査を開始した各月の対象期間(1年間)をグレーで、助成金適用となる対象期間を赤枠部分としています。

赤枠内の黄色字は助成適用となる期間の最大値を表記しています。

 

ちなみにわれわれの適用期間はこんな感じ。約4ヶ月強となっています。

わかりますかね?

一番いいのは、今年4月1日から不妊検査や治療を始めた方はまるっと1年間助成適用期間を使えることになるわけですね。

 

【追記】結局助成対象外ということが判明・・・

今年4月から8月半ばまでが対象と書きましたが、実は「はなおかivf」通院以前の総合病院での治療自体が検査開始日とみられることがわかり、特例対象にならないことが判明しました。

よって、われわれは助成という恩恵は受けられません。

なぜそんな初歩的なことを見落としたかというと、東京都福祉保健局のHPに記載されているファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。不妊検査等実施医療機関一覧(Excel:50KB)の中にその総合病院が含まれていなかったので、「本格的な不妊治療ははなおかivfだし大丈夫だろう」と、ついつい自分たちに都合の良い様に解釈していたんですよね〜。

なので、この一覧に載っていない病院での治療歴があった場合には必ず事前に問い合わせて確認しておいた方がいいです。

 

人工授精後体外受精へステップアップ予定。NAC等クリニックの転院を検討中

2017.09.03

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

わかりやすくまとめたつもりが、もしかすると余計に複雑にしてしまったかも(笑)

もう一度要点をまとめると、

  • 助成額は夫婦1回限り上限5万円まで
  • 不妊検査や人工授精が対象
  • 検査開始日が2016年4月2日以降
  • 妻が35歳未満から検査開始していること
  • 事実婚ではない
  • どちらかが検査期間都内に住民登録済み
  • どちらも不妊検査を受診している
  • 対象期間は検査開始から1年間
  • うち適用期間は今年4/1から来年3/31まで
  • 申請開始は2017年10月2日から
  • 申請後3〜4ヶ月で振込まれる

となります。

さらに細かいことは以下を確認してくださいね。

この「不妊検査等助成事業の概要」の詳細については、東京都福祉保健局のHPで確認してください。

さらに、こちらにQ&A一覧のURLも貼っておきますので一度みて見るとより理解が深まると思いますよ →不妊検査等助成事業Q&A

あと、あまり関係ないですが医療機関向けの当助成事業のQ&A集も載せておきます →東京都不妊検査等助成事業医療機関向けQ&A

 

すでにこの助成についてご承知の方も多くいると思いますが、もしもまだご存知ない方のためにも、自分たちのためにもまとめてみました。

9月に最後の人工授精をする予定だったので、この助成金をあてにしていたのですが、残念ながら対象にはならない結果になってしまいました。

 

ガクッ・・・

 

まぁ、気をとり直して前を向いて進みたいと思います。

スポンサードリンク


↓↓↓不妊治療系記事やブログが多数掲載されています。ポチッと押してお入り下さい↓↓↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ

【PR】かかとが隠せる今のうちに・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

夫:ポコキン

夫婦で不妊治療を行っています。夫の目線から、不妊治療を行う上で得た知識や感じたことなどをシェアしていきます。あまり辛気臭くなるのは嫌なので出来るだけ明るく、不妊治療以外のことも書いていくつもりです。めざせ!Awesome Life!!!