酒乱の父親が警察に通報され病院に搬送されたトラウマ話。家族というストレス

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
The following two tabs change content below.
妻:ぽっ子

妻:ぽっ子

34歳ベビ待ち4年目・原因不明不妊。夫のポコキンと共に子供を授かるべく不妊治療専門病院にデビューしました。不妊治療の体験や得た知識、感じたことなどを主に綴っていきます。

 

衝撃的なタイトルですみません。。

先日、AIHを一旦お休みしステップダウンしたタイミング1回目がリセットしたぽっ子です。

リセットでちょっと落ち込んでいるのはもちろんですが、家族(私の実家問題)も色々とゴタゴタしていて、妊活で悩んでる環境に追い打ちをかけるかのごとく、ちょっと状況が悪化してきています。。

そして、実は昨年末にタイトルの通り大事件がおきました。必死にその大事件を忘れ去ろうと努力していますが、最近の家族のゴタゴタもあり、もう自分の中で我慢できないので恥ずかしいですけど、吐き出したいと思います・・・

 

 

はい。

 

私の父親は酒乱で、アルコール依存症予備軍です。

 

 

酒乱の父親

 

酒乱って知っていますか、、

酒乱とは、

酒に酔うと人が変わったようになり、暴れる

人のことを言います。

 

よく酒乱とアルコール依存症がイコールだと思われがちですが、アルコール依存症は、

アルコールが切れると発汗したり、手が震えたり、幻想などの禁断症状が出る

など、自らの意思で飲酒行動をコントロールできなくなることです。

私の父は、ものすごい大酒飲みで、飲む量がある一定のラインを超えると、

 

大暴れします。

 

私の知る限り、会社員なので朝や昼間から酒をくらっていることはない(と思う)ので、今はまだアルコール依存症ではないようですが、大量の酒を飲む父親は完全にアルコール依存症予備軍だと言えます。

 

アル中じゃないだけまし・・・

 

昨年末までは、そう思うようにしていました。

しかし、昨年末の深夜、

 

父親が酒に酔って暴れ、警察に通報され、血だらけで総合病院に運ばれたんです。

 

 

スポンサードリンク

 

実家の両親(家族)の関係

家族、草原、秋、茶色、自然、親子、小屋、空

 

私は5人家族の次女として生まれ育ちました。両親と、姉と弟。以前にも書きましたが姉と弟には子供がそれぞれ2人以上います。

5人家族だったのはもはや過去の話で、いろいろ経てきた結果、今は家族全員で集まることは全くありません

両親は離婚前提ではありますが、完全家庭内別居状態でいまだ同じ屋根の下に暮らしています。もちろん食事も別々です。会話はほぼ皆無です。

 

私と母は親子としての関係がありますが、私と父親はほぼ縁が切れています

 

私と夫は、そんな状況にある母親が心配で実家の2駅隣りに住んでいます。

離婚前提といえど同じ家に住んでいるので、母はこれまでに何度か酒乱の父親の後始末をしています。

こういった光景は、私が(結婚前に)実家で暮らしている時もありました。幼い頃から、暴れて帰ってきて眠れない夜を何度経験したことか・・・

 

今も昔も、父の酒乱時の状態というと、

家の鍵が開けられなくて玄関を蹴る、わめく

家に入っても部屋にたどりつけない

異様に泣く

異様に笑う

暴言を吐く

大声でわめく

物にあたる

などなど・・こんな感じが交互に繰り返されます。

あと私は目撃してませんが、母曰く「おもらし」をしてしまうこともあったみたいです。

 

ひきますよね。。

 

昔から慣れている私でもこうして文字にしていくとかなり悲しくなってきます。まだ今のところ、他人や母に危害を加えないだけましではありますが。

 

父は最低限一般的な身なりをしていますが、見た目はかなり老けて見えて、老人のような顔つきです。まだ60代なのに、自分の歯もあまり残っていませんし(入れ歯)。

 

ただ実は・・・父は会社ではそれなりの地位についているんです。

仕事柄、ゴルフやお酒がつきもので、父は若いころから接待やらも含め相当量飲んできたと思います。

平日は仕事で飲んで遅くに帰ってきて、週末は取引先とゴルフ、盆や年末年始は取引先や、友人(女性含む)と海外旅行に行っているようです(いろいろな痕跡から間違いなく行っています)。

いまだにそれなりの地位にいるので、親しくない人たちからすると、まさかそんな実態があるなんて思いもよらないかもしれません。

でもおそらく、父の会社の同僚や、取引先の親しい方々は父の酒癖の悪さは知っているはずです。ただ「酒乱」の状態はさすがに家族以外にはバレていないようですが。

 

 

忘年会で酔って暴れた結果

 

そして、昨年の年の瀬。

深夜(2時過ぎ)に母親から電話があり、寝ぼけまなこで出てみると、

 

父親が血だらけで◯◯病院に運ばれた

 

と母が取り乱して焦って電話をしてきたんです。

突然叩き起こされて冷静な判断ができない私は状況が飲み込めず、もういろんな感情が一瞬で溢れ出して一気に目が覚めました。

私と母の電話の様子がただ事ではないと察知した夫は、私が電話を切る時にはすでに着替えをすませ、すぐにでも外に出られる用意を整えてくれていました。

そして夫に端的に状況を伝え、二人でタクシーに飛び乗り急いで病院にかけつけました。

もう車の中で母の興奮して混乱している様子が何度も頭の中を駆け巡り、もうタクシーが向かっている先は「地獄」なんじゃないかと思うくらいに不安でたまらず、泣き出しそうでした。

 

スポンサードリンク

 

病院で見た父親の衝撃的な姿

絶望、黒、暗闇、転倒、孤独、悲しみ、悲哀、どん底、打ちひしがれる、女性

病院につくと、守衛が玄関の前にいて事情を説明すると、「あ〜どうぞどうぞ」と、父のことを知っている様子でした。このことからすでに病院内の職員間では周知されているほどに大ごとになっていると察知した私は、玄関から入るといてもたってもいられず走りだしていました。

そして、診察室につき扉を開けると、全身血まみれ(大げさでなく)で、大暴れしている父親が。。。

医師や看護師4〜5人で父を押さえつけ、拘束帯らしきものでベッドに縛り付けているところでした。

もうその姿は本当に衝撃的でした。。

 

(病院に)恥ずかしいし、怖いし、ひくし、気持ち悪いし。

 

でも一番は病院に恥ずかしいっていう感情だったかな。。

医師や看護師さんたちの父にかける言葉は大声ながらも言葉遣いはかろうじて普通でしたが、その声のトーンや口調は、嫌悪と怒りに満ちたケンカ口調に近かったですね。

もう視線も態度もあからさまに患者に対する「それ」ではなく、敵に対して向けられるようなものでした。

 

そりゃそうですよね。

処置しようにも「俺は◯◯だ〜!」「うるせぇ!」「やめろ」「帰らせろ」「この野郎!」「頼んでね〜んだよ!」とか大声で言いながら暴れてるんですから。

今思い出しても血の繋がった父親ながら吐き気がします。

 

母にいきさつを聞くと、忘年会でしこたま飲んで酔っぱらい、帰り道に植え込みのコンクリートの角めがけ転倒し頭を強打、こめかみは大きく裂け、血だらけで道に倒れこんで動けなくなったとのことでした。

通行人が心配して声をかけても「うるせぇ」だのわめき、もう会話にならない。

血はみるみる噴水のように溢れ出し、コートやスーツ、Yシャツ全てが赤く染まるほどに。でも本人は動けない、動かない。

その上笑ったり泣いたりしてる始末。

その様子を見かねた通行人の方が110番に通報し警察が到着。救急隊に連絡し、父親は即救急病院に運ばれました。その後警察は私の実家へ行き母へ状況を説明し病院へ行く様にと。

病院へ到着した母は、そんな父親の状態を目の当たりにし、右往左往。

早く連れて帰れと言わんばかりの医師や看護師にオロオロする母。そんなオロオロしている母にしびれを切らした医師達から、

 

他に誰かいないんですか?この人連れて帰ってもらわないと困るんです!あなたが連れて帰れないなら今すぐ誰か呼んでください!

 

と強く激しく責め立てられて、どうしようもなくなった母親は、泣く泣く私たちに連絡をしてきたんです。

 

 

病院で暴言を吐き暴れる父親を連れ帰るまで

 

応急処置(頭にホチキスみたいので無理やり傷口を止めていた)をしてもらった父親を帰らせるのは本当に大変でした。

何しろまだまだ酒乱真っ最中。

ポコキンの胸ぐらをつかんだり、暴言をはいたり、泣いたり、笑ったり。。

挙げ句の果てには、やっとこさ応急処置した頭の包帯を全部剥ぎ取り、縫合箇所も引っ掻いて傷口が開き、再度血が溢れ出してまたもや救急室に運ばれる始末。。。

先生達からは、

 

いい加減にしてください。(父を指し)この人は酒乱です!アルコール依存症です!このままだと全ての病院のブラックリストに載りますよ!

 

と叫ぶように言い捨てられました。

もう本当に情けなくて、悔しくて、申し訳なくて、気持ち悪くて、ただただ悲しくて。。

こんな感情は初めてでした。

 

再度縫合処置をしてもらった後、なんとか玄関前まで連れて行きタクシーを待ちました。

 

その間も、

 

「うるせぇ!一人で帰るわ!」

 

だの。わめきは止まらず。

特にポコキンに対して

 

「てめ〜はこいつらの言いなりか!?お前は関係ないだろ!」

 

など、このほかにも聞くにたえない言葉を容赦なく浴びせまくる有様で。

(もう私は「ほっといて帰ろうよ。どっかで野たれ死ねばいいんだよ」と夫や母に言いそうになりましたが、こんなフラフラな状態で外に放置しても、通報されたら結局また私たちが呼ばれると思いやめました。もう愛情とかそういうのおいといて、とにかくこの人を家に運んで寝かせなければ、と)。

 

暴言を吐いたり、かといえば泣いたり笑ったりする父に、我慢の限界がきた私は殴りかかりそうになりましたが、夫に制止され、夫はますます暴れる父をがっちりとホールドしたままじっと耐えてやっときたタクシーに力づくで乗せてくれました。

こういう時の男性の力って本当に有り難い。

女だけじゃ、もう完全に無理です。無理。

 

 

それにしても後ろから倒れて頭をぶつけていたら本当に死んでいたかもしれません。

でもそれはそれで良かったのかも、なんてドス黒い気持ちがちょっと湧き上がってくるほどに、父はひどい状態でした。

 

 

 

もうストレスで妊活どころではなかった・・・

 

この事件が起きた時、ちょうど一回目のAIHが終わって高温期に入り、妊娠を期待していた時でした。

だからこの大きな事件のストレスも、(父親に愛情がほとんどないから)本当に恨めしかった。

 

今回のこともそうですが、私は昔からギクシャクした実家のことで悩むことが多くて。。。

以前、区のカウンセリングを利用した時にも書きましたが、大切な母親のことでも悩むことがたくさんあります。

心理カウンセリングを受診。不妊治療や家族のことを相談してきた。

2016.12.03

わかりやすく言ったら、父親のことも母親のことも兄弟のことも常に心のどこかにひっかかっているんです。

 

なかなか赤ちゃんが出来ないのは、この実家のストレスもあるのかな・・なんて考えてしまうネガティブモードの時もあります。

ストレスで身体がバキバキなんじゃないかなって・・。

実家の複雑に絡まって、バラバラの状態をもう綺麗さっぱり解決したい(どんな結果になろうとも)!!

そうしたらいろんな意味で変われそう!って。。

 

 

でも、私だけじゃなくみんなそれぞれ何か抱えているんですよね。

自分だけ辛いなんてありえない。

 

 

それにしても見たくもなかった年末の衝撃的な事件。

時間が経てば経つほど、なんかずっしりのしかかってきて。。。

 

暗くて汚くてどうしょもない話の上、とりとめなくてすみませんが、もうどうにも限界でブログに書かせて頂きました。

 

大切な家族(子供)が欲しいのに、家族がストレスになっているという矛盾。

 

人生ってなかなかうまくいかないですね。。。

 

↓↓↓不妊治療系記事やブログが多数掲載されています。ポチッと押してお入り下さい↓↓↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

10 件のコメント

  • 久々にコメントさせていただきます。私の父は完全にアルコール依存性で私が高校生の頃から入退院を繰り返し、状況が良くなったかと思えば悪化したりで結果両親は離婚しました。母は父の状況が良くなるようにと色々して支えていましたが酔った時の暴言がひどくなっていき、離婚の道を選びました。父は離婚後も入退院を繰り返していましたが断酒会や病院に行くなどし今は完全にお酒を断つことができ、一人で暮らしています。今私は31歳ですが高校生の頃から4,5年前まで本当に父のアルコール依存性のせいでたくさん思い悩み、辛い思いをし、何か事件を起こしてしまうんではないかと常に不安を感じながら生活していました。一人っ子の私は離婚後は母に頼ることもできず一人で父を支えなければいけないことがすごくしんどかったです。今は落ち着いて生活しているのでもう心配することはほとんど無いですがぽっ子さんの気持ちがわかる気がしてコメントしてしまいました。家族の問題って本当に1番精神的にキツかったりしますが、今旦那や旦那のご両親、そして私の母、父もとても大切な温かい存在だなと思ってます。その存在にとても支えられています。自分の経験を生かして、子供ができたときに素敵な家族を築いていきたいなと思ってます。頑張りましょうと簡単には言えませんがぽっ子さんが穏やかに過ごせる日が来ることを願っています。長々と失礼しました。

    • あさひさん

      いつもコメントありがとうございます。
      この記事へのコメントも、本当に嬉しかったです。

      あさひさんの状況で、一人っ子・・。本当にお辛く、大変だったことだと思います。
      私は3人兄弟ではありますが、姉は私と全く違うタイプ(分かりやすくいうと両親ともに見放すことが出来るタイプ)、弟は大事な時には全く出てこない臆病なタイプだと私は思っているので、「自分しかいない」というお気持ちが少しだけ分かる気がするんです。
      さぞ、辛かったと思います。
      でも現在はお父様はお酒を断ち、あさひさんと良好な関係を築いているようですので、ホッとしますし、私も希望が持てます。

      私は今だに、父親は母を刺すんじゃないかとか、私たちは割りと大通り沿いに住んでいて深夜に救急車の音が聞こえると「父じゃないか?母じゃないか?」と目覚めることもあります。
      実家に住んでいたころは、少しの大きな物音だけでパッと目を覚ましてしまっていました。
      その恐怖や不安感たるや・・経験者しかわかりませんよね。

      今回初めて妊活以外の深刻に悩んでいることをブログにあげ、不安もありましたが、こうして妊活以外の部分でも共鳴することが出来たことに、表現が難しいですが本当に嬉しかったです。
      心強かったです。
      私も、自分の経験は絶対に自分の家族に生かしたいと思っています。生かしましょうね!

      私も、本当の気持ちは父親と普通の関係になりたいんです。
      あさひさんのような道を目指し、頑張りすぎず頑張ろうと思います(*^^*)

      思い出すのもきっと辛いことを、教えてくださり本当にありがとうございました。

  • 私が育ってきた家庭もなかなか複雑で、ぽっ子さんの記事を読んでいたたまれなくなりました>_<
    私、テレ東の終電逃した人の家についていく番組がすごく好きなんです笑。みなさんいろんな人生を歩まれてきていて、あー自分だけじゃないんだなーって元気がでるからです(^_^;)つらいときはつらいです!我慢しないでご自分の気持ち大切にしてください!ぽっ子さんにはポコキンさんがついてます!絶対大丈夫です!!

    • ニナさん

      いつもコメントありがとうございます。
      今回の記事にもコメントを頂けて、本当に嬉しかったです。

      私もあの番組大好きです!すっごく分かります!
      普段道行く、自分とは関わりが全くない人たちもいろいろ抱えて歩いているんだな〜としみじみ感じますよね。
      あと私は、NHKのファミリーヒストリーに憧れがあります(照)
      うちは親戚もほとんどいないレベルなので、あんなに自分のルーツを遡れるのが眩しくて羨ましくてたまりません。

      私たちの経験を生かして、絶対に素敵な家庭を築きましょうね(*^^*)
      本当にありがとうございました。

  • はじめまして。こんばんは!
    2人目不妊のmayuと申します。
    いつも見させてもらってたのですが、この記事を読んで気持ちが分かるなぁと思いコメントさせていただきました。
    私の父も暴れはしなかったのですが、お酒が止められない人で色々やらかしたりして物心付いた時には尊敬よりも恥ずかしい父親という風にしか見られませんでした。一緒に住んでいましたがほとんど口も利きませんでしたし血の繋がりって何なんだろうと考えたりもしました。
    色んな病気にかかり、入退院を繰り返しましたがお酒を止められず、私の結婚前に亡くなりました。
    悲しかったのですが、どこかでほっとしている自分もいて、未だに家族皆お墓にお酒は供えたことがありません。
    今は結婚し子供もできたのですが、やはり夫や子供にあの父親を見られなくて良かったという気持ちがあります。
    この気持ちは普通の家族の中で育った人にはなかなか理解してもらえませんね…
    まとまりのない文章で申し訳ないですが、溜め込まずどんどん吐き出して下さいね。

    • mayuさん

      mayuさん初めまして(*^^*)コメントありがとうございます。
      この記事にコメント頂け、とても嬉しかったです。

      私の父も、昔から子どもの教育には参加していないし、全く話さなくなった今では父親は一体どんな人でどんなことを考えているのかも全く分からない人になってしまい・・
      「血の繋がりってなんなんだろう」私もすごく感じます。
      一方で主人との子が授かりたいとも思っているし、でもいつか子どもは自分とは全く別の人間になっていくんだろうなぁと(もちろんいい関係でいたいですが)不思議な気分です。

      私は未だに実家自体がコンプレックスで、恥ずかしい気持ちや情けない気持ちを消化できずにいる気がします。

      でもこの記事でこうやって共感してくださる方がいてくれることに、本当に勇気づけられました。
      ほんと、周りにはなかなかこんな家庭状況の友人はいなく、話してもなかなか理解は得られないので・・

      辛いことをお話しいただき本当にありがとうございました。

  • 初めまして。38歳で不妊治療中です。なかなか子供を授かれずリセットして落ち込んでいる時にこちらのブログを拝見させていただいてたくさん共感させてもらったので、コメントさせていただきました。私も実家や家族のコンプレックスがあります。父はうつ病で定年前に会社を辞めました。何度も自殺未遂を繰り返したり母親に当たったり鉄格子付きの病院に入院したり…目を離せない時期もありました。母親も少し破天荒な性格なのでナイーブな父の気持ちを気遣ったりできないタイプなので会社を辞めたら今度は家庭内で揉め事が増えました。母親との言った言わないのケンカで市販の鎮痛剤を大量に飲んで意識不明となり救急病院に運ばれて「死なせてくれ!」と叫びながら大暴れしてる父を病院の方たちが押さえて治療をしてくれた時の気持ちを思い出しました。ほんとに情けなく申し訳なかったです。そんなことを繰り返し今に至っていますがなかなかこの家庭環境を理解したり共感してくれる人はいません。そもそも私があまり話さないのですが。友人たちは家族も仲良しで温かい家庭で育った人が多いです。
    そんな中で主人と出会い、今は何もかも受け止めて理解してくれてることに本当に感謝しています。話が逸れましたが、今は母親が体調が悪く近くに住む私によく病院の付き添いや家事の依頼がきます。私は1年前に本格的に不妊治療をしたいと会社を辞めました。父はあまり外部の人とは触れ合うのが苦手になってるので家にいます。母を車椅子に乗せながら「私が押したいのは車椅子じゃなくてベビーカーなのに…」と思ってしまったり、出産や子育てをしたいのに、親の介護や世話になっている現実にもイライラしたりストレスを感じています。
    親の介護は避けられないことなので仕方ないことなのですが。。両親にはあまり細かく不妊治療の経緯は話していないのですが、もう少しこっちにも気を遣ってほしいと思ってしまいます。
    両親には孫を見せてあげたい(妹がいますが未婚なので)と思いつつ、結局妊娠できない自分が悪くて実を結ばない通院やリセットに落ち込んでいたところです。うまくまとまらずごめんなさい。
    家族の問題でストレスを抱えている気持ちにすごく共感できたので、これからもお互い自分の温かい家族を作って守るためにがんばりましょうね。長文失礼いたしました。

    • エンゼルクリームさん

      コメントありがとうございます。また、辛いことを話してくださってありがとうございます。読んでいて涙が出ました。私なんかより、もっともっと大変だったと思います。お気持ちわかりますとはとても簡単には言えません。

      ただ、状況が似ているなと思った部分が多くて心強く感じました。私も実家のことはほとんど友達に話していません。エンゼルクリームさんと同じく、自分からも話しません。私は不妊治療もそうなんですが、同じような経験がない人に簡単に「大丈夫だよ」と言われるのが本当に辛いんです。これは私のわがまま・プライドだと思うんですが。

      でもうちも主人は実家の全て理解してくれているので、それが本当に救いです。こういう複雑な環境って、なかなか理解してもらうが難しいですよね。今となっては父親や兄弟よりも、主人の方がものすごく「家族」です・・

      実は父親は今年はじめ家を出て行き現在どこにいるかわかりません。ある意味それでひと段落となればよいのですが、私の母も破天荒な上に酒タバコと不健康な生活なので、すでに病院通いが多く、私が面倒見ています。
      本当同じような気持ちなのですが、最近このまま母の面倒を見て子ども出来なかったらどうしようっていう不安に駆られ、すごくイライラしてしまいます。なので母にも「健康に注意して!」って口うるさく言ってしまうんです。このまま母がもし大病を患ったら看病にかかりきりなって、きっと子どもできないなって思っちゃうんです。母への愛はそれはそれでもちろんあるんですけどね。きっとエンゼルクリームさんも同じですよね。

      落ち込むと、実家のストレスやしがらみが原因で自分は授かれないのではないかと、今でも考えてしまうことがあります。そんなこと考えても仕方ないのですが。

      と、自分の話ばかりになってしまいました(><)

      でもエンゼルクリームさんも私も、この人の子供が欲しい!っていう伴侶に出会えて、それはきっとすごく幸せなことですよね。
      お互い自分に足りなかったと思う温かさを持った家庭を絶対に築きましょうね!!頑張りましょう。

      昨日は何だか色々と考えることがあって、センチメンタルになっていたところ、このコメントをいただけて嬉しかったです。
      悩んだり苦しいのは自分だけじゃない!って感じられるのは本当に力強いです。

      • お返事ありがとうございます!すごく心のこもったお返事にすごく心が温かくなりました。
        私の話に涙していただいたなんて…そのことにじーんとしてしまいました。。
        ここまで家族のことを家族以外の人に話せたのは初めてです。それはぽっ子さんがいろんな思いを経験されて懐の深い方だからだと思います。
        ぽっ子さんのお母様も健康に気を付けてほしいと思いますよね。うちも娘に頼ってくる部分が多いのでもう少し自分でがんばってほしいと思います。
        主人の母は私たちのためにいつまでも健康でいて迷惑はかけないようにするという考えで習い事もしたりしてるのですごくありがたいです。

        私も同じような思いや経験のない人には自分のことをあまり話したくありません。
        結局、自分の辛い経験を話して哀れな目で見られたり好奇な目で見られるのが耐えられないんだと思います。
        だったら話さずにふつうに接してほしいというプライドがあるんだと思いますが。

        ぽっ子さんのご主人、とってもステキな方なんですね。ご主人のブログも読ませていただいてお二人ともすごく賢くて面白いと思いました!
        (野々村元議員の写真とかほんとツボです)
        家族よりも「家族」に感じているという部分がすごーく分かります!
        私も主人には何でも話せるし父が救急に運ばれた時もまだ結婚前でしたが仕事中なのに駆けつけてくれました。
        どんなひどい状況でもいつも親身になってくれる主人と出会えて結婚できて本当に感謝しています。
        時々思うのですが…子供を授かることは異性であれば相手がいればできる、そんな簡単なことじゃないですが、もしかしたらお金をかけて治療をすればできる可能性もある、でも生涯をかけて愛し愛される人に出逢えることはどんな努力をしても自分ではどうすることもできないんじゃないかって。子供ができることも奇跡ですが、そこまで想い合える人との出会いも奇跡ですよね。
        ぽっ子さんご夫婦もそうだと思います。
        だからこそ、その人との子供がほしい、養子を迎えるとかではなく、その人の遺伝子を残したい、って心の底から思うんですよね。
        その気持ちがなければがんばれないと思います。
        子供がいても夫婦間が冷めていては子供が可哀想ですもんね。
        ぽっ子さんもセンチメンタルな気持ちになっていたんですね。
        家族のことや治療のことや時々落ち込む時ありますよね。自分以外がみんな充実して幸せそうにみえたり。。
        またブログ拝読させていただいてコメントもさせていただきますね!
        勝手に親しみを感じてすみません。

        • エンゼルクリームさん

          お返事ありがとうございます(><)また、他のブログも見ていただいて主人共々本当に嬉しいです。

          義母についてもうちも全く一緒で、義両親はすごーーく自立していています。介護いらないからね、と今から言ってくれているくらい!うちの母と比べると驚く違いで本当にびっくりしちゃいます^^; 

          「普通に接して欲しい」すごくわかります。私はそれが不妊に関して顕著です。。もう結婚5年目なので、たとえ鈍感な方の友人でも「あれ?」って思ってるかもしれないけど・・私からはほとんど話しません。周りから見たら痛々しいかな。。でもいいんです!プライドなんです!特に高度不妊治療に関しては、旦那以外誰にも話していません。話したところで理解されるとはどうしても思えなくて。理解を求めるために今自分のエネルギーを使いたくないですし。

          エンゼルクリームさんのおっしゃる通り、心からこの人の子供が欲しい!っていう気持ちは、子供を授かる奇跡と同じくらい、いや現代だともしかしたらそれより上回るかもしれませんね。周りを見ていても、曇り一点もなく旦那さんが好き!って人って意外と少ない気がします。(私も、どゲンカ時だけは曇りまくりますが笑)

          人生は経験値だというけど、最近ほんとにそうだなぁと思います。
          経験の幅があればあるほど、自分以外の人間の考えへの想像力が広がって、人の痛みが感じられる。人の痛みを分かるためだけに生きてるわけではないのだけど… でもやっぱり視野が広い人は魅力的なので結果→人に恵まれ人生がより広がるのかな、って。だから辛い経験は無駄じゃないのかな。辛い気持ちの真っ最中は、そんなこと思う余裕もありませんけどね・・

          また、人生で大きな壁がない人なんてきっといないですよね!私たちはそれがたまたま実家のことだったり、今現在「授かりにくい」っていうことなのかなと。壁を一つずつ乗り越えるたびにいい夫婦になってっているなって感じますし、この壁を乗り越えたら、乗り越える前よりいい母になれる気がします。もちろん出産したらそのあとの新たな悩みが出るのだとは思いますが、この経験は絶対に無駄にならないという気持ち(決意?!)が、今不妊治療を乗り越える私のモチベーションでもあります。

          様々な経験を経て豊かな豊かな人生にしましょうね!!お金で買える経験もたくさんあるけど、お金で買えない経験もたっくさんありますから!!(不妊治療は高いけどっ笑)

          また良かったらお気軽にコメントください(o^^o)一緒に頑張りましょう・・!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です