乳がん検診は妊娠前にこそすべき。エコー(超音波)検査の感想やお得な予約方法も

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
The following two tabs change content below.
妻:ぽっ子

妻:ぽっ子

34歳ベビ待ち4年目・原因不明不妊。夫のポコキンと共に子供を授かるべく不妊治療専門病院にデビューしました。不妊治療の体験や得た知識、感じたことなどを主に綴っていきます。

 

現在の私は、生理約4日前。宮古島旅行でのタイミング後リセットし、また次のタイミングを終えリセット待ちです😌(フライングしました)

今回は、タイミングもそのための排卵検査薬もそこまで必死に頑張らなかったな。焦りはもちろん変わらずあるんですが、ちょっと小休止してるかもしれません。

心の中ではどんどん、

 

ステップアップしないと妊娠できないんじゃないか

 

って気持ちが良くも悪くも強くなってきてます。本当はタイミングかAIHでしたいんですけどね。

そんな感じなので最近、妊活系の記事がちょっと少なくなってきていますが・・

 

34歳中の妊娠を目指して引き続き日々を楽しみながら頑張ります!

(久しぶりに突然のイラストw 言葉から前向きに。自分で自分を鼓舞!)

 

 

乳がん検診に行ってきたその理由

今現在そんな風に妊活エアポケット状態の私。

でも、

 

「今出来ることをしておきたい。少しでも進んでいたい。」

 

とはいつも思っているので、今回ずっと行かなきゃと思っていた乳がん検診の超音波検査をしてきました!

 

妊活と乳がんの危険性

ご存知の方も多いとは思いますが、乳がんの発症率は今や14人に1人。日本人女性がかかるガンの割合でトップであり、その発症率も増加の一途をたどっています。

乳がんの罹患率は30歳台後半から増加し、発症する年齢は40代後半が最も多く、35歳以下での発生は死亡率が高くなるとのデータがあります。

さらに発症率は、女性ホルモンの関係で出産経験がない人の方が高いとも言われています。もし妊娠してから乳がんが発覚すると、基本的に

 

  • 治療をせず妊娠を優先
  • 妊娠を断念し治療に専念

 

いずれかの選択を迫られることになります。

アナウンサーの清水健さんの奥様が妊娠中に乳がんが発覚し、出産後に亡くなられたことは記憶に新しいですよね。。

子供をあきらめて治療に専念するべき」という医者が多い中「絶対に我が子を産みたい」と妊娠出産を優先されました。

そして、無事出産しましたが出産112日後、29歳という若さで天国に旅立ってしまいました。

 

 

また、現在闘病中の小林麻央さんも、私と同い年。

さらに、友人の友人ですが最近不妊治療中に乳がんが発覚してしまい、乳房を全摘出した方もいます。

 

 

そう、乳がんは、まったく他人事じゃないんですよね

 

 

著名人の乳がんのニュースや、身近な知人のこういった状況を目の当たりにしたことで、これまで年に一回は自発的にマンモグラフィー検査は受診していました

なので「私は乳がんは大丈夫だろう」と安心していたんです。

でも、こまえクリニックに通院した際に医師より

マンモは小さなしこりのタイプが見えずらく30代の女性の早期発見には不向き

マンモは雪原で白ウサギを探すような検査でガンを見つけづらい

マンモは放射線を使用するから必要以上に被曝する

とマンモグラフィーの精度と安全性について強く注意喚起をされました。

そして、こまえクリニックでは

 

マンモを年に一回するなら超音波(エコー)検査を年に2回しなさい

 

と勧められたんです。

こまえクリニックの口コミや評判を受診した感想から。本の印象とギャップが・・

2017.04.23

 

そんなこともあり、妊娠めがけ一直線に進むためにも、主人の勧めもあって乳がんといったリスクをできるだけ排除しようと、念には念をいれて今回初めて超音波での乳がん検診を受診したんです

 

 

AIC八重洲クリニックで乳がん検診を予約〜診察〜結果

今回受診したのは日本橋駅から徒歩1分という好立地にあるAIC八重洲クリニック。

このクリニックの診療科目は、

  • 放射線科(MRI・CT・超音波・マンモ、X線レントゲン)
  • 循環器内科
  • 精神科
  • 乳腺外科
  • 呼吸器内科

となっていて、PET-CT2台、MRI9台、CT2台、エコー3台を保有するという充実の環境のもと(機械の詳しいことは分かりませんがなんか凄そう)、画像検査件数は年間6万件=1日あたり200人弱と安心の実績を誇る大きなクリニックです。

上のグラフはクリニックのHPに載っている検査数の推移です。

検査数って年々伸びてるんですね。

 

二人体制で丁寧な「超音波検査」

乳腺外来に受付後、問診票を書き待合室で待機。

その後診察室に呼ばれすぐに超音波検査が始まりました(検査は全て女性の先生が行います)。

胸にジェルを塗り、なんと2人体制で丁寧にチェックしてくれます。

検査時間としては、両胸と脇合わせて20分強くらいでした。

思ったよりすごく丁寧に時間をかけて見てくれるので、エコー検査が初めての私は

 

もしかして乳がんの疑いがあるんじゃないか?

 

と疑ってしまうほど。

そんな勝手な思い込みで不安なまま診察を後にし、待合室で再び待機。

すると今度は違う部屋から違う医師に呼ばれました(ちなみに私が予約したのは5,000円のコースでこのコースはその日に診察結果がわかります。4,000円のコースもあるのですが、そのコースだと結果は郵送になるとのことでした)。

 

この待機の時間が本当に緊張した!

だんだんと、もしかして・・って悪い方向に考えてきちゃうんですよね💦

 

医師の診察による結果は?

まず先生から超音波検査の結果が告げられます。結果はというと、

 

まったく問題ありませんでした。

 

良かった。。。

最近、生理前じゃなくても胸が張るような感覚を覚えることが多々あり、実は心配していたんですよね。

そのことを先生に話すと、

 

胸が張ることは生理前が一番典型的だけど、女性ホルモンの関係で大なり小なりいつでもみんなにあります。検査も問題ないし、それ以上心配する必要はありません

 

と、写真を見ながら細かくとても丁寧に検査結果を伝えてくれました。

そして説明の中で「へ〜!」と思ったのが私の胸のタイプは、超音波検査のほうが向いている胸なんだそう。

この向き不向きは個人差があるそうです。

ところで先ほど書きましたが、こまえクリニックでは超音波検査が良いと一押しされていました。

けれども、ここの医師からは、

 

超音波検査が必ずしもマンモグラフィーよりも良いと一概には言えない

 

とのことでした。それぞれに優れている点とそうではない点があると。

ざっくりいうと、

 

  • 小さなしこり:マンモ 超音波
  • その他:マンモ 超音波

 

という感じのようです。 ”小さなしこり” については確かに超音波の方が優れているとのこと。

ただ乳がんの疑いは必ずしもしこりだけではなく、その他にも様々な要素や兆候があるものらしく。

ですので、超音波一択ではなく、

 

毎年一回、超音波検査とマンモグラフィーを交互に受診すること

 

が乳がん発見の確率を高めるということでした。

乳がん検診のマンモグラフィーとエコー(超音波)検査の違い。特徴や精度など

2017.05.18

 

いろんな意見があって迷ってしまいますが、やはりまずはどちらでも良いから受診するということが大事かな〜と感じました。

健康診断なんかだと結果だけ送られてきて終わりというのが一般的なので、たまにはこういった医師との診察時間が十分にあるところを受けるとより安心しますね。

マンモグラフィーにしても診察時間があるといろいろ聞けるので、多少高くなっても診察時間があるほうを体験からお勧めします😌

 

丁寧な説明も含めて全部で1時間くらいで終了しました。

結果はその日にわかりましたが後日エコー写真も自宅に届くそうで

 

5,000円にしてはかなりいたれりつくせりだな〜

 

というのが感想でした。

 

 

後日郵送されてきた診断書類

診察から1週間くらいで、診断書、写真、CD−ROMが送られてきました。

 

なんてきめ細やかなサービスなんだ!

 

 

今度からは乳がん検査はここでお世話になろうと決めました!

たまたまネット上で決めたクリニックだったけど、かなりいい内容でよかったな〜と。

 

お会計

健康診断定価 5,000円(税込)

リクルートポイント▲1,500円

合計 3,500円

今回予約したサイトはなんとリクルートポイントが使えて1,500円のディスカウントができたので、3,500円で受診することができました(リクルートポイントの割引の詳細については後述します)。

ちなみにこのクリニックはカード使用可能です。

 

受診して再認識「検診は大切ですね」

他クリニックの乳がん検診のことは知りませんが、このクリニックの検診はかなり価値が高いものだったな〜と思います。コスパ良し。

やっぱり検診結果で得られる安心感は本当に大きいし、今回検診を決めて結果も問題なくて本当に良かったなと一安心です。

不妊治療を始める前の私だったら、この3,500円という価格は「高い」って感じたかもしれない。

 

なんでわざわざ検診をしなきゃならないの?

 

って。

でも不妊治療を開始してから、

  • 予期しないことはある日突然起こるもの
  • 自分の体のことを知る、向き合うことが大事

と、子宮筋腫、流産、バセドウ病(疑い)などを経験した自分としては、3,500円で得られるこの安心感はとてつもなく大きいものだと感じました。

偉そうなことを言いますが、みなさんもぜひ定期的に乳がん検診をされることをお勧めします

なかなか継続って難しいですけど、いずれ授かる我が子のためにもできる限り健康でいたいですし、できるうちに、できることを、しっかりとやっていきたいと思うんですよね。

 

乳がん検診の予約方法と、お得に受診できる裏技を紹介

ちなみに先ほどお会計でリクルートポイントで1,500円の割引が出来たと書きましたが、詳しく紹介😊

今回のこの乳がん検診を予約したのは「人間ドックのここカラダ」というサイトからしました。

こちらは様々な検査、検診を行う全国のクリニックとマッチングしてくれるサイトです。

こんな感じの見やすいサイト↓

 

このサイトの利用に際してはリクルートIDでしかログインできないので、まずはリクルートIDの登録が必須となります。

リクルートIDの登録といっても、以下図の中のサービスを利用した人であればすでに登録済みですので、登録しているID(メールアドレス)を使えばログイン可能ですよ。

ちなみに、リクルートIDはPontaとも提携しているので(リクルートIDはPontaWebオフィシャルIDです)、Pontaポイントに変換もできちゃいます。

私は、じゃらんに登録していたのでじゃらんのIDでログインしました。

さきほどお会計で書きましたが、貯まったじゃらんのポイントが1,500円分あったので結果的に3,500円で受診できたんです。

さらにここで予約すれば最大

  • Pontaポイント1%
  • リクルートポイント2%

がつきます。

どこも経由せず普通にクリニックを予約したら何もポイントはつきませんので、こういったサイトで予約するとお得ですよね〜。

世はポイント争奪戦・・・すごい時代だ!

 

 

さらに、実はもっとお得なやり方が・・・!㊙️😏㊙️

 

 

すでに利用されている方も多いかと思いますが、ポイントサイトを経由してから「人間ドックのここカラダ」で予約をすると、ポイントサイトのポイントまでついて実質的にさらに安くなります

私は、大手ポイントサイト「モッピー」を経由して「人間ドックのここカラダ」を予約したので、なんとさらに1,000円のポイントがもらえたんです〜!(1ポイント=1円で換金可能)

 

ですので実質的には、2,500円で受診できた計算に・・・!(やすっ!!)

 

登録は無料で、貯まったポイントを換金できるので、ちょこちょこ私たちはお世話になっています。

モッピーの検索窓で「人間ドックのここカラダ」を検索すると、詳細が出てきますので「詳細をGO」をクリックすると「人間ドックのここカラダ」のサイトへ遷移しますよー。

あとはリクルートIDでログインして予約すれば完了!(リクルートIDを持っていない場合は念のため、先にリクルートIDの登録を済ませてからポイントサイトを経由して予約した方が良いと思います)

 

どうせならモッピーも活用したほうがお得ですよ😆

 

お金のかかる不妊治療なので、こういう小さな積み重ねが大事ですよね。

ステップアップも控えているし、不妊治療の後も生活は続くので、最近かなり工夫してる私たちです。。💰💰💰

 

と、ちょっと話はズレてしまいましたが、まだ乳がん検診に行ったことない、マンモしかしたことないって方は、一度診察付きの超音波エコー検査に行かれることを本当にお勧めします!

 

さー、次はクラミジアの陰性確認と卵管造影だな・・😭

クラミジア感染は夫の浮気が原因と疑うも妻だけ陽性という経路不明な結末に

2017.03.17

 

 

↓↓↓不妊治療系記事やブログが多数掲載されています。ポチッと押してお入り下さい↓↓↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ

【PR】かかとが隠せる今のうちに・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です