デュファストン飲み始めました。黄体ホルモン増加で妊娠を期待したい!

スポンサーリンク

 

こんばんわ〜。

あれよあれよとクリスマスですね。

今年の私たちは質素に家で過ごす予定です。

これもまた、いい(^^)

 

スポンサードリンク

 

デュファストンを服用中

さて、人工授精後に服用するデュファストンを初めて飲み始めています。

デュファストン、薬

 

デュファストンとは、プロゲステロンという黄体ホルモンを補い、子宮内膜を厚く充実させ、着床しやすい状態にしてくれる薬のこと。

これをAIH3日後から毎食後一日3回×10日服用しています。

 

調べてみると、飲み始めには人によって、吐き気や嘔吐、乳房の張りや痛み、頭痛などが起きる場合もあるらしい。

私は、そういった初期症状はありませんでした。

(追記:飲み始めて5日くらいからいつもよりお腹がもたつくような、重いような感覚が出てきました。)

 

ただ、(今もう飲み始めてしまってはいますが)デュファストンの詳しい作用や副作用が気になったので、調べてみました。

デュファストンの効果や副作用は?妊娠検査薬への影響や飲み忘れた場合についても

2016.12.23

 

どんな薬にせよ、知らずに副作用に見舞われることは絶対に嫌。自分が選んで処方してもらっているのだから、「知りませんでした」では自分の身体がかわいそうすぎる。

 

そして何より、薬によって結果的に妊娠が遠ざかることだけは避けたい

 

そういった理由から、もらった薬をなるべく調べるようにしています。

薬類は予告があって処方されるわけではないので、なかなか事前に調べておくことは難しいのですが。

 

デュファストンは比較的副作用が少ない薬とはされていますが・・・

何度も何錠も服用する前に妊娠したいなっ、ていうのが本音ですね。。

 

スポンサードリンク

 

最後に、どうでもいい話なんですがこのブログの書式に絵文字があることが今、判明しました!  😯

きゃーいまさら(笑)

(アンドロイドでも見れてるのかな?)

 

と言っても20種類しかないんですけどね 😳

そして微妙に使いづらい感じ(笑)

これからはちょっと絵文字も使ってみよう! 😛

The following two tabs change content below.
妻

83年早生まれの35歳。約4年半の妊活・不妊治療を経て第一子を妊娠しました。不妊治療で得た経験や知識、顕微受精からの妊娠〜出産・育児について綴っていきます。
ぽころぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください