クリニック説明会検索サイト「ポコンパス」を開設して3ヶ月。運営状況や改めて思ったことをつらつらと

pocompass_3month

 

pocompass

東京都の不妊治療クリニック説明会スケジュールをまとめたサイトを開設しました。

2019年4月4日

 

4月に東京都内の不妊治療クリニック説明会スケジュールをまとめたサイト ポコンパス@pocompass2019)を開設し、3ヶ月が経ったので振り返ってみたいと思います。

正直言うと・・

まだまだ実用的とは言えないと思います。はい。

 

超アナログ更新してます・・

pocompass

ポコンパスは私が、ほぼ早朝に更新してます。

その方法は超アナログ。。

 

ポコンパスは現在、東京都内の通院者以外の方も参加可能な説明会に絞って掲載しているのですが、そもそも対象となるクリニックってそんなに多くないことがわかってきまして。

今日現在、都内における日本産婦人科学会「体外受精・胚移植に関する登録施設」は102件ですが、対象の説明会を実施しているのはそのうちの50件前後。

ですので、あらかじめこの約50件をエクセルで管理し、1件1件

 

「説明会の新しい日程は出てないかな?」

 

とWebサイトを訪れているわけです。

 

ひ〜っ、AIが台頭する時代が目前に迫る中、The アナログ・レトロ・昭和感満載。。

当初はサイトが更新されると検知できるようにしていたのですが、説明会以外の情報も含まれるためあまり実用的じゃないんですよね。。

ですので、運営3ヶ月現在の更新方法は目視管理というアナログ一本となっております(汗)

 

3ヶ月運用してみた結果報告

4月7日からGoogleAnalyticsを用いてアクセスをとっていますので(プライバシーポリーシーはこちら でご確認ください)、3ヶ月後の7/7までの結果を振り返ってみます。

 

見てくれた人の数(ユーザー数)やページビュー。

summary

3ヶ月で580人(端末)に見られたようです。ならすと月に200弱、日に6〜7のアクセスがあるってことですね、少ない・・

セッションが954なので、1ユーザーあたり平均1.6回アクセスしてくれて(=954÷580)、1アクセスあたり平均して2.2ページほど閲覧されてる計算です。

ユーザーの推移はこんな感じ。

user_transition

最初のアクセスの高い山はツイートから目に留まったことが理由だと思います。以降は低位安定ですね💦

 

年齢分布をみると、25〜34歳が一番多く、18〜34歳で見れば全体の6割を占めています。

percentage_of_age

18〜24歳だけでも3割近くを占めているのは見逃せない点ですね。不妊に悩む方の中には若い方も多くいるということを表しているのかなと思います。

また性別をみると、なんと男性からのアクセスの方が多い結果となりました。これは意外。

percentage_of_sex

 

アクセス端末は8割以上がスマホからです。

os_type

 

訪問者はほぼ日本からですが、若干アメリカからのアクセスもあります。アメリカ在住で日本のクリニックでの治療を検討している方が、クリニック探索中にアクセスされたとかでしょうか?

visitor's_country

 

国内を地域別に見ると、1位の東京、2位の神奈川の次はなんと大阪。

これは大阪発・リプロダクションクリニック東京の説明会の検索ワードが関連していたりするのかな。

visitor's_prefectures


そのほか、全部で28都道府県からのアクセスがありました。

 

ポコンパスを開設した理由

改めて、なぜ通院者以外の方も参加可能な説明会に絞り掲載しているかというと、

不妊治療のハードルを下げたい

というのが目的の一つとしてあるからです。

説明会を利用し、

 

  • 不妊治療の流れってこんな感じなんだ
  • 不妊治療クリニックってこんな感じなんだ

 

と身近に感じてもらい、出来るだけそのスタートを早く切ることに繋がって欲しい。不妊治療を「早く」「全体像をクリアに」捉えるには「説明会参加」は有効な手段の一つなんじゃないかな、と思うんですよね。

また、私は説明会で「同じように悩む方が他にもいるんだ」と心強く感じた経験もひとつの理由です。

説明会はそのクリニックの方針や雰囲気を感じ取れる数少ない機会だと思います。できれば全クリニックに説明会を開催して欲しいくらい。なんといっても高額な自費診療なので、比較できる材料を極力出す機会を設けてほしい。

そういった理由から、通院してから参加できる説明会ではなく、説明会に参加してから通院するかを決められる説明会に絞って掲載しています。

 

課題と今後

memo

と、そういった気持ちで始めたポコンパスなのですが、まだまだ役立つには至ってないのが現状かなと思います。

現状の課題として

 

  1. そもそもポコンパスにたどり着かない
  2. 見辛い(デザインスキルに乏しい)
  3. 地図から探せない

 

などが挙げられるかと。

1は、そもそもポコンパスに辿りつくことが難しい。例えば「不妊治療 説明会 東京」で検索しても上位表示されないし、関連サイトにリンクを貼ってもらっているわけでもないのでそもそも想定する対象の方に見つけてもらえていない。発信はほぼTwitterのみ。

2は、カレンダー表示のレイアウトをちゃんといじれていないことで、なかなか見にくい(醜い)レイアウトになっていること。

3は、不妊治療クリニックを比較する際、検討材料のひとつに通院距離があると思うんですが、ポコンパスは現状ビジュアル的にエリアから探しずらい。

 

また運営サイドの課題としては新規開催の説明会情報を掴みづらい、というのもありますね。(クリニック関係者からの情報提供があればありがたいのですが・・)

今後、改善していきたいと思います。

 

まとめ

何人かの友人がこんなことを話していたことがあります。

 

不妊治療ってそもそも何から始めたらいいの

説明会行ってみたいけど探し方が分からない

だからとりあえず近くの婦人科に行ってしまったけど、転院したい。転院先の探し方が分からない

 

こういった声が本当にもどかしいんですよね。

体験記を綴るブログと違い何度も訪れる性質のサイトではないですが、今後はもっと関心をひくコンテンツを増やして目に触れる機会を増やしたほうがいいのか・・

もしこのサイトのニーズがあれば、クリニックが直接投稿できるサービスにすることで、より正確な情報が発信できればなぁとも思ってます。

あとは行政(都/市区町村)のサイトへ掲載してもらえないか聞いてみようかな。行政からのリンクをもらえれば検索上位にくる可能性もありそう。

とにもかくにも、まだまだ試行錯誤し続けてみないと分かりません。

「ダメでした」って言うのはいつでも出来るし簡単ですもんね。

何かアイデアがあればお気軽にコメントやDMお寄せください☺︎

 

クリニックの説明会日程&イベント情報検索サイト「ポコンパス」はこちら↓

The following two tabs change content below.
妻

83年早生まれの35歳。約4年半の妊活・不妊治療を経て第一子を妊娠しました。不妊治療で得た経験や知識、顕微受精からの妊娠〜出産・育児について綴っていきます。
  ↓↓ 気軽にフォローミー! ↓↓   ぽころぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください