妊活に非協力的な夫の気持ちや理由って何?解決策は無いがやめた方がいいことはある

スポンサーリンク

 

スポンサードサーチ

不妊治療で夫が非協力的という理由について

ヤフー知恵袋などで不妊治療のことを調べるんだけど、この不妊のカテゴリー内でよく遭遇する相談で、

 

”夫が妊活に非協力的”

 

といった悩み&相談を見かける。

自分は子供が欲しいので非協力的なことは全くないのだが、こういった相談を見ると、妊活に非協力的になる夫の気持ち(理由)ってなんやろ?と疑問に思う。

妊活に非協力的な夫の気持ちを考えてみると、おそらくこんな感じなんじゃないかな。

① 別に子供は欲しくない(好きじゃない)

② 子供が出来ることがいかに奇跡的なことをわかっていない(出せばすぐできると簡単に考えている)

③ まだ遊びたいから子供は欲しくない(金と時間の自由が制限される)

④ 妻のことが嫌いだ

⑤ EDを隠している

⑥ 外で性病にかかってしまってしたくてもできない

⑦ ゲイだ

と思われる。

当たらずも遠からず、まぁ多くはそんな感じだろう。

 

①④なら致命的だから早めに離婚して新しいパートナーを見つけた方がいい。

③⑥はちょっとイタイ。20代前半とかならまだ理解できるが30代になったらちょっと子供すぎだろう。

⑤病院にまず行こう。話はそれからだ。

⑦「リリーのすべて」を見よう。話はそれからだ。

 

②、これって結構多いんじゃないかと思う。自分も実際そうだったし、妊娠〜出産って奇跡だと認識していないことが一番の理由だと個人的に思う。

だから必ず、クリニックへは同伴させて一緒に診察を受けさせればいいし、できればクリニックが開く勉強会に出すのも一つだろう。

 

妊活に非協力的になるそのほかの理由

さらに掘り下げて考えてみると、もしかすると子供はほしいけど、非協力的にならざるを得ない事情もあるのかも。そんな心境ってこんな感じか?

 

妻は「子供を作る」というただ一点のためだけに自分を必要としているのではないか?

 

と捉えてしまい、頭ではわかっていても体が反応しないのかもしれない。

 

自分の存在意義って何?

俺は道具?

 

と軽んじられているように思えてしまって、進んで妊活に取り組めないってこともあるんじゃないかな。

そしてそんな夫は妻の目に”非協力的”と映ってしまうんではないかと。

 

スポンサードサーチ

妊活が独りよがりになっていないか?

妊娠が可能な期間が限られている女性が、妊活を焦るのは当然のこと。理解できる。

ただ、焦るあまり夫への圧(プレッシャー)が強くなってはいないだろうか。

 

男って押されれば押されるほど、引いてしまう生き物。男はどちらかというと押したいというのが大多数だと思う(あくまで傾向)。

だって、動物見てくださいよ、

 

メスからオスにガンガン交尾迫ります???

 

逆だよね。オスたちがしのぎを削ってメスと交尾をするというのが本来の構図。

まぁ厳密にいうと一緒くたにはできないが(動物の場合「付き合う」や「結婚」といった事前段階を踏まず、即交尾なので同じシュチュエーションとは言い難いけど)。

 

夫を妊活に協力させる方法

 

じゃあどうしたらいいの?

 

これを読んでるあなた。この先を読んでも解決策はないよ。先に言っとく(笑)。正直男の自分でもどうしたらいいか、万能な解決策は思いつかない。

ただ、これをやればいいって解決策はないけど、これはやらない方がいいってことはある。

 

・やみくもにお願いすること

・行為を事務的に要請すること

 

はやめた方がいい。子作りという部分だけを前面に出してはダメ。

子供ができた後の未来の景色や、妊娠〜出産がいかに奇跡かを認識させないと、根本的な解決にはならない。目の前のことをただお願いしても、ピンとこないんだと思う。

だから、日頃から一緒に会話をして(根気よく夫を調教していく)、子作りの当人意識を植え付けていくことが大事。

とにかく即効性は低いが、すすんで会話をして意識を共有していく以外に方法はないだろう。

(って結論それかい!)

 

スポンサードサーチ

夫を妊活に協力させる、妊活に目覚めさせる手っ取り早い方法

男って、妊活というものを自分ごとに考えることが妻に比べ低い。どこか他人事であり、「やってあげてる」という意識がないとも言えない。

子供を産むことができない男からすると、体感を伴わないからどうしても妻ほど主体的に妊活について考えることが出来ないといった方が適当かな。

妊活について何か相談しても、ネットで調べた通り一辺倒の情報や、ロマンチックなわけのわからない(愛があればいいじゃないか?的な)抽象的なロジックで、評論家のような返しをしてくる夫を腹立たしく思うこともあるかと思う。

そんな夫を妊活に目覚めさせる手っ取り早い方法がある。それは、

 

夫に精子検査をさせること

 

これは自分が身をもって体験してそう感じた。数値を目の当たりにすることで「他人ごと」から「自分ごと」に変わる可能性が非常に高い。

事実、自分はそうだった。

精液検査初体験の感想② 量や運動率がまさかの結果で驚きを隠せない・・・

2016年9月4日

 

精液検査となるとクリニックで行うか、自宅で採精して持ち込む(または妻に配送を頼む)かのいずれか。でも、そもそも非協力的な夫ならクリニックに行くことを嫌がり検査自体に持ち込めない場合もあるだろう。

仮に自宅で採精することにしても、妻に ”ブツ” を託すこと、見られることも嫌だと思う夫も少なからずいると思う(自分で持ち込んで医師に手渡しなどなおのこと)。そんなんで精液検査を受けること自体が難しい場合もあるかと思う。

でも最近では自宅で簡単に検査できるキットなども出てきているから、そういったものを使ってみるのも一つの手。

まだ精液検査で躊躇してるの?

まだ精液検査で躊躇してるの?極論、男が不妊治療でできることは採精くらい

2018年10月13日

 

いずれにしても、夫に”当事者”という認識を強くインプットさせないとなかなか難しいと思う。

とは言え、なんで女性ばっかりが色々考えたりしないといけないんだろうね。男ももっと意識を変えていかないといけないとほんと思うわ。

The following two tabs change content below.
夫

約4年半にわたる不妊治療の記録を綴っています。体験したからこそ感じた不妊治療を取り巻く「内」と「外」の課題。顕在化しづらいこの課題の軽減・解決、そのギャップを埋めるべく夫婦で取り組んでいます。「不妊治療を身近な選択肢に」が当たり前の世界にしていきます。
  ↓↓ 気軽にフォローミー! ↓↓   ぽころぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

夫

約4年半にわたる不妊治療の記録を綴っています。体験したからこそ感じた不妊治療を取り巻く「内」と「外」の課題。顕在化しづらいこの課題の軽減・解決、そのギャップを埋めるべく夫婦で取り組んでいます。「不妊治療を身近な選択肢に」が当たり前の世界にしていきます。