「子供は?」と言われるのを恐れる妻。それをみる夫も同じ様に辛い。

スポンサーリンク

 

本日、妻も書いていますが、夫婦で結婚式に出席してきました。

夫婦で結婚式に出席するのは初めてだったので、結婚4年目にも関わらず、なんだか新鮮で「俺たち夫婦なんだなぁ」となんだか妙に感慨深い気持ちでした。

妻の友人の結婚式で、結婚前から相手の旦那も含め家族ぐるみで交流があり、式後半の新婦から両親にあてた手紙は、お約束のように号泣してしまいましたよ。

なんでしょうね、不妊で悩んでいるからだと思うんですが、子が親に対する感謝の気持ちというものを目の当たりにすると、いろんな感情が湧き上がってきて、もう涙が止まりませんでした。

あんな風にいつか、子供から感謝されたい。

愛している子供が幸せになってく姿をみたい。

と、熱く込み上げてくる感情がありました。

 

スポンサードサーチ

久しぶりに再会した子沢山な友人たち

話は戻りますが、式が始まるまで結構な待ち時間がありました。

我々夫婦は結構早めに会場にいっていまして、後から続々と列席者がやってくるのを眺めていました。

 

「ぽっ子!久しぶり!

 

友人たちから声をかけられる妻。

久しぶりの再会で、大はしゃぎする妻と友人たち。

よくもまぁ〜そんなに喋ることがあるなと感心するほど、ペチャクチャ喋る女子たち。

これが女子トークというやつだな、という位に典型的な感じでした。

もう、なんでしょう、歳がある程度いってるからかパワーが違う(ある意味おばちゃん?)。

ちょっと圧倒されました。。。

と、そんな久しぶりの再会にはしゃぐ、微笑ましい時間が流れていました。

ただ途中から共通の友人の近況や、各々の家族の話題に。

 

「◯◯ちゃんは今どうしてんの?」

「◯◯◯って2人目生まれたらしいよ」

「◯◯ちゃん再婚して前夫の子供も合わせたら今4人育ててるって話よ」

「私今3人目身ごもっちゃったから今日はお酒飲めないんだよね。タバコは吸うけど(笑)」

 

なんて会話が飛び交い始めました。

 

妻の余裕がなくなるのが手に取るようにわかる

そんな会話の中にいる妻をみると、

もう顔がひきつっている。

いや、他の人からみたら何ごともない顔だけど、夫の自分にはわかる。

恐怖と葛藤と落胆の色がにじみ出ている。

 

「ぽっ子、子供は?何人?」

 

なんて悪意ない質問を浴びせられるのではないかと、恐れているのが手に取るようにわかる。

夫として何とか話題を変えることができないか考えるも、そもそも会話に参加していないし、何もできない。。

 

頼む、その質問は勘弁してやってくんねぇかな〜」

 

もう心の中で祈るしかない。。

妻が気丈に振る舞うその姿を見ていると本当に辛く、意味不明な怒りにも似たような感情が湧いてくる。

だれも悪くないのに、どこにもぶつけることができないこの感情。

 

スポンサードサーチ

持つものと持たざるものの溝は埋められない

そしてその感情の矛先は、友人たちへ。

 

「身ごもっているんなら、タバコなんかやめろよ」

「3人目は予定外??ハプニング?」

 

なんて、複雑な怒りにも似た感情が湧き上がっていました。

なに不自由なく簡単に子供ができた彼女らからしたら、我々の気持ちはわからないことも十分に理解しています。

我々の方が少数派だってことも認識しています。でも、

 

生命の誕生がもはや、とてつもない奇跡だってことを知ってほしい

もう、予定外だとか、ハプニングや事故なんて言葉で茶化さないでほしい。

 

もちろん本気で思ってなんかいないだろう。

子供がいない相手に対して、ストレスかけないようにあえてジョークのように言って気遣っているのかもしれないけど。

 

そんなジョークはいらない。

いやジョークにもならない。

それは持たざるものを見下した態度にほかならない。

 

と思う。

妻が一番辛いのは痛いほどわかる。

でもそれをみる夫も辛い。

今日は幸せな気持ちと、悲しい気持ちがジェットコースターの様に交錯した1日でした。

The following two tabs change content below.
夫

約4年半にわたる不妊治療の記録を綴っています。体験したからこそ感じた不妊治療を取り巻く「内」と「外」の課題。顕在化しづらいこの課題の軽減・解決、そのギャップを埋めるべく夫婦で取り組んでいます。「不妊治療を身近な選択肢に」が当たり前の世界にしていきます。
  ↓↓ 気軽にフォローミー! ↓↓   ぽころぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

夫

約4年半にわたる不妊治療の記録を綴っています。体験したからこそ感じた不妊治療を取り巻く「内」と「外」の課題。顕在化しづらいこの課題の軽減・解決、そのギャップを埋めるべく夫婦で取り組んでいます。「不妊治療を身近な選択肢に」が当たり前の世界にしていきます。