自然妊娠の最高年齢を調べたら衝撃的な記録が。。世界は奇跡と不思議に満ちている

スポンサーリンク

 

妻はクリニックに通院中。

よって自分はただいま家で一人ネットサーフィン中。どうしても検索するものといえば、妊活や不妊治療系が多くなってしまいますね。

不妊治療をしていながらも、実は妻ほど詳しく不妊治療のことがわかっていない自分。そんな現状もあり、ネットで日夜知識のインプットを心がけているところ。

そんなネットサーフィンをしていて、ふと

 

「世界最高齢の自然妊娠って何歳なんだ?」

 

と疑問が湧いたので、検索窓に

 

世界最高齢 自然妊娠 記録 何歳

 

と打ち込むと、出て来ました。

 

スポンサードサーチ

世界最高齢の自然妊娠〜出産記録は?

世界最高齢の自然出産記録はなんと、

 

59歳

 

アラ還ですな。すごい。この年齢でも自然妊娠ってできるんですね。

イギリスのドーンブルックさんって人です。ただ公式のギネス記録にはカウントされていないみたいです。

なんでも高齢出産を周囲に10年以上隠していたため、世に知られなかったのだとか。

どのタイミングでバレた、もしくはなんでカミングアウトしようと思ったのか逆に気になるわ。

現在の妻からしたら26年後かぁ。

そう考えるとまだまだ可能性は大いにある。たかだか3年くらいの不妊でなんだ、まだまだ序の口じゃないか!と思えてきた(と無理やり自己暗示をかける)。

そして、この記録が書かれたサイトをスクロールしていくと、なんともっとツワモノがいらっしゃったわよ。。。

 

体外受精にて驚くべき年齢での出産記録の数々

自然妊娠ではないけれど、体外受精としての世界最高齢妊娠〜出産は、

 

66歳

 

まじかよ。。。自分の親よりも年上かよ。

もう、ひ孫くらいって言っても過言ではない年の差親子やな。しかも双子。

産んだのは、スペインのマリア・デル・カルメン・ボウサダという女性。なんでも自分の年齢を偽ってロサンゼルスの病院で体外受精を行ったらしい。

本当に欲しかったんだろうね。その気持ちはわかる。ただ、この年齢までいってからの妊娠〜出産は相当な身体的負担がかかっただろう。よく産んだわ。

でもちょっと辛いのは、出産してから3年後にこの方他界しちゃったこと。残された双子の3歳児がかわいそうではある。

と、記録はこれでは終わらない。

その上をいく記録(非公式)が。

インドで2008年に体外受精によって双子をもうけた女性の年齢は、なんと

 

70歳

 

うそだろ。。。どんだけ医学が進んでんだよ。ヨガ的ななにか??

70歳ってあんた。。。もはや輪廻転生的な何か、みたいな、もう信じられん。。。

 

スポンサードサーチ

日本の最高齢妊娠〜出産記録は?

ちなみに、日本人の最高齢妊娠〜出産記録は、卵子提供を受けての体外受精ではあるものの

 

60歳

 

冒頭の自然妊娠年齢とほぼ同年齢ですね。ちなみに卵子提供を受けずに自身の卵子で体外受精して出産したのは、

 

49歳

 

との記録があるそうです。

なんだかこうも記録をみると自信が湧く一方で、加齢と共に妊娠ってしずらくなると改めて感じ、結構焦ってきてもいる。。

 

最年少妊娠〜出産記録は?

ちなみにその逆の最年少出産記録を調べると、なんと、

 

5歳

 

おい、まじかよ。もう最高齢出産で70歳とかが逆に可愛く見えてくるくらい、衝撃。。。

5歳ってつい最近生まれてきたばっかやん!!

てゆーか、妊娠させた事実、させた奴、どんなやつだよ!

なんか気持ち悪くなってきた。。

フェイクニュースだと信じよう。。

 

スポンサードサーチ

記録はあくまで記録。焦らず取り組もう

記録はあくまで記録。一握りの奇跡的事例に過ぎない。

というか、ネット情報なので信憑性としてはとてつもなく怪しいが。

まぁ、記録を見て一喜一憂してもしゃーない。ただ真偽のほどは別にして、世界って広いなって思う。

ありえないようなことが起きていて、予想外なことが溢れてる。

こういった記録や情報をみて驚くばかりだが、ここから学ぶべきは固定観念、先入観を極力持たず、

 

どんなことでも起こりうる

奇跡は起こりうる

 

と信じることなんだろう。

そんな意識で足元の妊活を頑張ります。

ちなみに今週は ”仲良し強化週間” 開催中です。頑張ります。

芸能人の高齢妊娠出産ニュースに思うこと。リスクや確率を勘違いしていないか?

2017年1月23日
The following two tabs change content below.
夫

約4年半にわたる不妊治療の記録を綴っています。体験したからこそ感じた不妊治療を取り巻く「内」と「外」の課題。顕在化しづらいこの課題の軽減・解決、そのギャップを埋めるべく夫婦で取り組んでいます。「不妊治療を身近な選択肢に」が当たり前の世界にしていきます。
  ↓↓ 気軽にフォローミー! ↓↓   ぽころぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

夫

約4年半にわたる不妊治療の記録を綴っています。体験したからこそ感じた不妊治療を取り巻く「内」と「外」の課題。顕在化しづらいこの課題の軽減・解決、そのギャップを埋めるべく夫婦で取り組んでいます。「不妊治療を身近な選択肢に」が当たり前の世界にしていきます。