ART(生殖補助医療)とは?種類や歴史、出生数など

スポンサーリンク

 

スポンサードサーチ

ARTとは?

ART(Assisted Reproductive Technology)

生殖補助医療

のこと。

ARTの歴史

 

不妊治療には、

タイミング法や人工授精が含まれる「一般不妊治療」と、体外受精などの卵子と精子、受精卵(胚)を体外で取り扱う「高度不妊治療」がある。

ART(生殖補助医療)とは、この高度不妊治療のことを指す。

人工授精と体外受精の違い

 

ARTの種類

ART(生殖補助医療)は、

・取り出した卵子と精子を合わせて、体外で受精させる体外受精(IVF)

・顕微鏡下で卵子に精子を微細な針(マイクロピペット)で直接注入する顕微授精(ICSI)

の二つの方法に大別される。

一般的に、一般不妊治療を半年〜1年かけて行っても妊娠に至らない場合、ART(生殖補助医療)にステップアップすることが多い。

 

スポンサードサーチ

生殖補助医療の歴史

1978年
イギリスで世界初の体外受精による赤ちゃんが誕生(ルイーズ・ブラウンさん)

1983年
日本国内初となる体外受精による赤ちゃんが誕生(東北大学医学部付属病院産婦人科)

1989年
シンガポールで世界初の顕微授精による赤ちゃん誕生

1992年
日本国内初となる顕微授精による赤ちゃん誕生

日本で初めて生殖補助医療による赤ちゃん誕生後、不妊治療の技術は飛躍に進歩を遂げ、2015年までに生殖補助医療で生まれた日本国内の子供の数は40万人を突破した。

これは24人のうち1人の赤ちゃんが生殖補助医療で生まれている計算になる。いうなればクラスに1人以上は生殖補助医療で生まれた子供だと言える。

ちなみに世界全体では、600万人以上が生まれていると言われている。

 

日本で生殖補助医療を行っている病院の数

日本国内で生殖補助医療を行っている病院の総数は2011年時点で586施設となっている。

年代 治療数 登録施設 ART出生児数 総出生児数 ART出生児割合
1990年 7,565 156 1,200 1,221,585 0.1%
1995年 38,150 348 5,678 1,187,064 0.5%
2000年 69,690 511 12,274 1,190,547 1%
2005年 125,414 641 19,112 1,062,530 1.8%
2011年 269,555 586 32,426 1,071,304 3%

2011年時点のデータではあるが、ART登録施設は20年で3.8倍、治療数はなんと35倍、ARTで生まれた出生児割合は30倍の3%にまで増えている。

ARTによる出産率(分娩率)は、20代であれば90%以上の確率だが、30代に入ると急速に低下し、42歳では5%にまで下がるという事実がある。

なかなか妊娠に至らない場合は、早めにARTも視野にいれた不妊治療を検討・開始することも選択肢の一つにいれると良いだろう。

不妊治療の概要
The following two tabs change content below.
夫

約4年半にわたる不妊治療の記録を綴っています。体験したからこそ感じた不妊治療を取り巻く「内」と「外」の課題。顕在化しづらいこの課題の軽減・解決、そのギャップを埋めるべく夫婦で取り組んでいます。オフラインでの交流の場の創出や、オンラインでの真に求められるサービスを開発中。「不妊治療を身近な選択肢に」が当たり前の世界にしていきます。

↓↓ 気軽にフォローミー! ↓↓

ぽころぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

夫

約4年半にわたる不妊治療の記録を綴っています。体験したからこそ感じた不妊治療を取り巻く「内」と「外」の課題。顕在化しづらいこの課題の軽減・解決、そのギャップを埋めるべく夫婦で取り組んでいます。オフラインでの交流の場の創出や、オンラインでの真に求められるサービスを開発中。「不妊治療を身近な選択肢に」が当たり前の世界にしていきます。