不妊治療クリニックと病院の立地分布比較in東京23区。港区と中央区のギャップが凄い…

不妊治療クリニックと病院の分布比較図
スポンサーリンク

 

先日、「東京都内で不妊治療クリニックが一番多い区はどこ?立地分布から色々と分析してみた」の記事で、

体外受精以上の不妊治療を行う医療機関は都内に99院あり、内84院(85%)が23区内に立地していて、中でも港区はその2割にあたる18院が集中して立地している

と、不妊治療を行う医療機関は、高地価エリアである都心部に集中していると書きましたが、今回不妊治療以外も行う病院(大学病院含む)の分布についても調べ、不妊治療クリニックが病院と比べてもやはり都心部(高地価エリア)に集中する傾向が強いか検証してみました。

結論から言うと、

不妊治療を実施する医療機関(ほぼ専門CL)は、病院の分布と比べてもやはり都心部への偏りはきつい(特に港区と中央区)

と言えそうです。CL=クリニック

 

スポンサードサーチ

都内の病院の分布との比較

まず都内の病院数を調べます。

以下「日本病院会」登録の都内の病院を軸に、その他サイトで過不足を補い(大学病院など追加)算出したところ、現時点で250院でした (ぽころぐ努力調べ。あしからず)

そして、23区内外の分布比率をみると、

 

23区内:187院→75%
23区外:63院  →25%

 

となりました。

不妊治療専門クリニックと病院を比較するとこんな感じです。(双方にまたがる病院も一部あります)

専門CL 病院
23区内 84(85% 187(75%
23区外 15(15%) 63(25%)
99院 250院

23区への偏りは10%ほど差はあるものの、そこまで顕著な差とは言えなそうです。

 

不妊治療(体外受精以上)を実施する医療機関の都内分布↓

都内の不妊治療クリニック分布図

 

病院の都内分布↓

都内の病院分布図

 

重ねるとこんな感じ↓

不妊治療クリニックと病院の分布比較図

 

23区内での分布比較

では23区内に限って見てみましょう(以下は市町村コード順に並べています)。

占有率
23区 専門CL 病院 増減
千代田区 3%
(3院)
5.3%
(10院)
↑2.3
中央区 10%
(10院)
1.6%
(3院)
↓8.4
港区 18%
(18院)
5.3%
(10院)
↓12.7
新宿区 9%
(9院)
5.3%
(10院)
↓3.7
文京区 4%
(4院)
3.7%
(7院)
↓0.3
台東区 1%
(1院)
2.1%
(4院)
↑1.1
墨田区 1%
(1院)
2.7%
(5院)
↑1.7
江東区 3%
(3院)
4.3%
(8院)
↑1.3
品川区 3%
(3院)
3.2%
(6院)
↑0.2
目黒区 2%
(2院)
3.2%
(6院)
↑1.2
大田区 2%
(2院)
7%
(13院)
↑5
世田谷区 6%
(6院)
5.9%
(11院)
↓0.1
渋谷区 5%
(5院)
3.2%
(6院)
↓2.8
中野区 1%
(1院)
1.6%
(3院)
↑0.6
杉並区 3%
(3院)
5.3%
(10院)
↑2.3
豊島区 3%
(3院)
3.7%
(7院)
↑0.7
北区 3%
(3院)
5.9%
(11院)
↑2.9
荒川区 1%
(1院)
1.1%
(2院)
↑0.1
板橋区 3%
(3院)
11.8%
(22院)
↑8.8
練馬区 1%
(1院)
3.2%
(6院)
↑2.2
足立区 2%
(2院)
4.8%
(9院)
↑2.8
葛飾区 無し 5.3%
(10院)
↑5.3
江戸川区 無し 4.3%
(8院)
↑4.3
100%
(84院)
100%
(187院)
 

 

港区と中央区の占有率の変化がすごいですね。港区は不妊治療CLに絞れば2割近い占有率を誇りますが、病院だとわずか5%と1/4位です。中央区に至ってはわずか3院しかありません。

逆に大田区と板橋区の伸び率がすごい。板橋区、大田区、葛飾区、江戸川区の占有率の違いが凄いですね。板橋区22院もあるって凄い。

それぞれで各区を順位ごとに並べてみましょう。

順位 専門CL 病院
1 港区 18 板橋区 22
2 中央区 10 大田区 13
3 新宿区 9 同率3位↓
世田谷区
北区
11
4 世田谷区 6
5 渋谷区 5 同率5位↓
千代田区
港区
新宿区
杉並区
葛飾区
10
6 文京区 4
7 同率7位↓
千代田区
江東区
品川区
杉並区
豊島区
北区
板橋区
3
8
9
10 足立区 9
11 同率11位↓
江東区
江戸川区
8
12
13 同率13位↓
文京区
豊島区
7
14 同率14位↓
目黒区
大田区
足立区
2
15 同率15位↓
品川区
目黒区
渋谷区
練馬区
6
16
17 同率17位↓
台東区
墨田区
中野区
荒川区
練馬区
1
18
19 墨田区 5
20 台東区 4
21 同率21位↓
中央区
中野区
3
22 同率22位↓
葛飾区
江戸川区
0
23 荒川区 2
84院 187院

 

不妊治療クリニックの立地ランキングでは下位だった区が、病院の立地ランクでは順位を上げている傾向が見て取れます。

この結果をみて思うのは、

 

不妊治療専門CL
昼間人口の多いオフィス街に集中傾向

病院
満遍ないが、若干住宅地色の強い区に立地

 

しているという印象を持ちました。

 

スポンサードサーチ

まとめ

都内における不妊治療が実施可能な医療機関と総合病院の分布を比較した結果は、

 

  • 23区内外の分布割合にさほど大差はない
  • ただ23区内の分布の偏りには違いがある

 

と言えそう。

もしかして不妊治療クリニックって病院が少ないところ(港区や中央区とかは特に)を狙って進出しているとか、そんな打算というか戦略があったりするんですかね。

いやないか。

(それにしても、それぞれの港区と中央区の分布ギャップは凄いな…)

と、こんなこと調べて何の意味があるかわかりませんが(いや無いだろw)、個人的興味から調べてみました。

みなさま、良いゴールデンウィークをお過ごしください。

The following two tabs change content below.
夫

約4年半にわたる不妊治療の記録を綴っています。体験したからこそ感じた不妊治療を取り巻く「内」と「外」の課題。顕在化しづらいこの課題の軽減・解決、そのギャップを埋めるべく夫婦で取り組んでいます。「不妊治療を身近な選択肢に」が当たり前の世界にしていきます。
  ↓↓ 気軽にフォローミー! ↓↓   ぽころぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

夫

約4年半にわたる不妊治療の記録を綴っています。体験したからこそ感じた不妊治療を取り巻く「内」と「外」の課題。顕在化しづらいこの課題の軽減・解決、そのギャップを埋めるべく夫婦で取り組んでいます。「不妊治療を身近な選択肢に」が当たり前の世界にしていきます。