体外受精ステップアップのタイミングや時期に迷う気持ち。倫理観?アンタには分からんでしょうね!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
The following two tabs change content below.
妻:ぽっ子

妻:ぽっ子

34歳ベビ待ち4年目・原因不明不妊。夫のポコキンと共に子供を授かるべく不妊治療専門病院にデビューしました。不妊治療の体験や得た知識、感じたことなどを主に綴っていきます。

 

私ポコキン&ぽっ子夫婦、再三書いていますが現在妊活歴約3年半。

一度妊娠→流産の経験があり、まだ高度不妊治療の経験はないけど・・

心拍確認後の繋留流産の経験から診察の流れを書いてみる。掻爬手術か自然排出か

2016.10.14

 

3年半という月日が長い、長すぎる・・。

我ながらこじらせてきてるなぁ、と夫婦で話す今日この頃。

 

先日も書きましたが、34歳になった自分の年齢へのインパクトも自分自身に対して大きい。

また、毎月毎月リセットに泣く精神状態を続けることも、身が持たなくなってきた。

 

 

たぶん、今の私たちにはAIHはあまり意味がないと思っています。

AIHで妊娠するのなら自然でするのではないか?

問題は「良質な精子を奥に進ませること」では無いのではないか?

そう考えています。

 

しかしAIHで妊娠しないということは、ステップダウン後のタイミングでももちろん妊娠しない確率は高いわけで。

だからといって、もちろんこの先もタイミングでは絶対妊娠しないとは誰も言い切れず、このままタイミングを取り続けたら、いつか良い卵子が卵管にきちんとピックアップされ良い精子と出会い、奇跡的に受精、着床、出産ということもあるかもしれない。

 

 

あるかもしれないし、ないかもしれない。

 

確実なことは何ひとつない。

 

 

 

はいっ当たり前なんですけどね〜。

 

この当たり前を日々突きつけられるんですよ。

 

 

妊娠できる年齢など、いろいろ加味して考えると、いよいよ体外受精が本格的に視野に入ってきました。

 

スポンサードリンク

 

ポコキンが勤める会社の先輩の言葉

 

あれ?もしかしてうちら出来にくい?

 

そんな風に初めて思い始めたのは2014年の夏くらいだったかな。妊活始めて半年くらいのころ。

この頃すでに近くの総合病院婦人科でタイミングを見てもらってはいたが、そこまで深刻には考えていませんでした。

深刻に考えていないゆえに、私もポコキンもまぁまぁ信頼出来る間柄の人には割りとオープンに

 

妊活中だけどなかなか出来なくて〜

 

なんて話をしていたんですよね。

 

余談
この頃話してた友達と今会うのが本当に気まずい(ほぼ子持ち)。あっまだ出来てないんだ・・出来ずらいのかな?でももう聞けないよな💦って気を使われる(と思ってる)のが本当にきつい。自分勝手だけど。こうやって友人関係は狭まっていくのかもしれない。

 

ポコキンが話した中に、不妊治療経験者の上司がいました。

ポコキンはサラッと話したつもりらしいけど、話を聞いたその上司は

 

そうか。大変だな。うちも不妊治療で授かったから気持ちは分かる。

 

と、ポコキンが驚くほどかなり親身に聞いてくれ、その会話の後丁寧にメールまでくれました。

そのメールには

行き過ぎたアドバイスかもしれないが、不妊治療は思ったよりも辛いもの。

特に妻にかかる負担は驚くほど多いよ。

そういった意味からも、不妊治療は長い期間受けるべきじゃないと僕は思う。

個人的な、そして勝手なおすすめだけど早く子どもを授かりたいなら

加藤レディースクリニック(新宿)

夢クリニック(新橋)

を推奨するよ。

ここで(KLC)子どもを授かった僕に分かることならなんでも教えるから、何かあったら遠慮せず聞いてほしい。

と。

 

ポコキンがその頃通っていた近所の婦人科の話もしていたみたいだから、きっと心配したんだと思います。

どうせ行くなら、ご自身の経験から早く結果が出るところに一刻も早くと

 

今考えるとすごいことですよね。

 

 

でも、その頃の私たちは、(いや、つい数か月前の私たちだって)

 

当時は、まさか自分たちが高度不妊治療に足を踏み入れようとは夢にも思っていなくて。

 

加藤?

新橋夢クリニック?

 

不妊治療の大御所やないか〜い!と驚いた記憶があります。

のちにKLCや夢クリと同じ永遠幸グループのナチュラルアートクリニック日本橋に転院します↓

ナチュラルアートクリニック日本橋初診!診療結果と費用や待ち時間等について

2017.09.24

 

 

ただ、ありがたいけどそこまでは行かないでしょ〜うちら!って楽観視してました。

だからその時は、夫婦で

 

ありがたいけど、まさかここまでいかないよね〜。でもこんなに教えてくれるなんてすごいね〜。

 

と、軽く受け止めていたんです。

 

 

それから時は流れ2017年春。

 

結果的にまだ授かれていない私たちは、いよいよ高度不妊治療を考えるようになり、当時のその先輩の言葉に今更ながら深く納得、そして赤裸々にアドバイスをくれたことに感謝を覚えています。

経験からくる、本当に深い言葉だったんだなって。

 

高度不妊治療への倫理観

つい最近まで、まさか自分たちがここまでくるとは1ミリも想像をしていなかった私たち。

だって数値はすべていいし、一度妊娠できてるし・・・ってずっと信じて来てしまいました。

 

だから、高度のことは考えているようで深く考えたことがなかった。

正直に書くと、ブログやツイッターで高度不妊治療中の方の書き込みを見て「大変だな」「成功しますように」と思っても自分ごとには捉えられていなかった。

自分はAIHまでの、言ってみたら「(ほぼ)自然妊娠」出来ると信じて疑わなかったんですよね。

 

だから体外受精の知識はあっても、本当の意味で自分の中で向き合っていなくて。

もちろん、高度不妊治療反対とかでは全くないので、姉のこんな言葉↓に心底ムカついたりもしたんだけど、

不妊治療への家族の理解。姉はステップアップに否定的なのかもしれない。

2016.09.15

 

とにかく自分ごとではなかったんです

 

でもいざ今、今後自分が子どもを授かるためには高度が必要かもしれないというところに立たされて、本気で考え始めると・・

 

やっぱり体外受精に挑戦してでも主人との子どもを授かりたい。

 

と、心底思います。

 

今、高度に挑戦せずに子どもが授かれない可能性の高い人生を選ぶことは出来ないよ。

 

 

受精から培養は子宮の外で行われる高度不妊治療。昔は試験管ベイビーなんて揶揄されたことも。

私の姉のような全く不妊治療を知らずに妊娠出来た人たちの中には、体外受精というものは「不自然」だと映る人がいてもおかしくないでしょう。

なんか「怖いよね」と。

 

 

うるせ。黙れ。お前にわかるか ボケ 

 

 

です。

 

まぁ、私も玄米を中心とした自然食が好きなほうで、食については特に割と自然に寄り添った考え方を持っているので実は言わんとしていること、思っていることの意味も分からなくはないんです。

分からなくはないけど、こればっかりは不妊に悩んだ人にしか、本当の意味で理解出来ないと思いますね。

 

でも、別に理解されなくてもいいんです。

 

本当の意味で理解しあうことは難しい問題だと思いますし、夫婦で理解し合えていればいいと思うんです。

実際、この先私がステップアップしても、基本的に家族にも親友にも、誰にも言わないと思いますし。

 

やっぱり良くとらえない人も中にはいると思うし、そういう人間関係に自分の労力時間心のストレージを使いたくないし。

大切なのは産まれて来た子どもをどう愛して育てていくかってことで。

 

 

それとね、最近自分ごとで捉えるようになってきてから思うんです。

 

 

(どこかに問題があって妊娠に至らないかもしれないが)

「子宮」は妊娠したいのではないか?

 

高度不妊治療はその手伝いをするだけ。

 

 

そして、今までずっと我が子になる卵子と精子を待ってきたけど、そろそろ

 

 

私たちから迎えに行ってもいいんじゃないか?

 

 

って。

 

はい。ぽっ子お得意の精神論ですけどね(ポコキンによく言われるw)。

でも女性は精神と身体が一致していないと、安定を保てないんだぁよぉ😠

そんな風に、最近は思って高度不妊治療について前向きに調べています。

 

スポンサードリンク

 

いろいろなクリニックの説明会に行ってみる

そこで、早速ポコキンと共にいろいろなクリニックの説明会に足を運ぼうと思っています。

今現在、体外受精を希望するにあたり気になっているクリニックは、

・はなおかIVFクリニック(すでに通ってますが)

・加藤レディースクリニック

・新橋夢クリニック

・ナチュラルアートクリニック日本橋

・リプロダクション東京

このあたりです。

学んだことをシェア出来るくらい頭の中&気持ちが整理できたら、ブログにもアップしていきたいと思います。

 

 

妊活は3歩進んで2歩下がる

 

もしももっと早く専門クリニックに通い始めていたら。

 

もしももっと早くステップアップを選択していたら。

 

妊活歴3年半ともなってくると過去に想いを馳せることも多くなってくる。

 

でもきっと大丈夫。

 

3年半前の自分より、今の自分のほうがきっといいママになれるから。

 

(やべ、泣きそうだ)

 

それではまた更新します!

 

追伸

高度不妊治療だからと言って絶対すぐに授かれるとは思っていません。めっちゃそう思いたいし信じたい部分はもちろん大きいけど、ある程度覚悟しとかなきゃ身がもたないですからね。。

とりあえずまだ3周期くらいはいろいろ調べつつ、漢方&タイミング継続予定です。

 

↓↓↓不妊治療系記事やブログが多数掲載されています。ポチッと押してお入り下さい↓↓↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ

【PR】かかとが隠せる今のうちに・・・

12 件のコメント

  • 私もまさか自分が高度不妊治療に挑戦するとは思っていなかったので、お気持ちとてもよく分かります。特にぽっ子さんは一度自然妊娠されているから、余計に躊躇してしまいますよね。。うちはステップアップ前にAIHを6回やりましたが、体外に進んで初めて判明した不妊要因があって、それはAIHでは絶対にクリアできない問題だったので、もっと早くに体外に進んでいれば・・・というパターンでした。

    体外授精って以前は私も自然の摂理に反するような気がしていて、挑戦中の人達のことを応援はしているけど、自分だったらそこまでして・・・とずっと思ってきました。でもそれを言ったら自然には絶対に治らない病気を治す現代医療はどうなるんだって思ったとき、そっちには抵抗がないことに気が付いて。例えば家族が病気になって、そのままだと死んじゃうけど、治療で助かる可能性があるなら、絶対に治ると保障されていなくても、きっと挑戦してみると思うんです。それと同じような感じで、絶対に妊娠できると保障されていなくても、治療すれば妊娠できる可能性があって、治療できる環境もあるなら、挑戦してみたいと思いました。

    体外受精と言っても無から命を生み出すわけではなく、仰る通り卵子と精子の出会いをサポートするだけで、受精の後は卵の生命力次第だから、最終的には自然の流れにのっかるというか、そこまで自然の摂理に反してるってこともないのかなぁと。

    でもこればっかりは、自然に授かった人には理解しにくい感覚かもしれないですね。。

    • エスプレッソさん

      いつもありがとうございます(*^^*)

      家族が病気になった時を考えればまさにその通りですね!やれるだけのことはやって絶対に助けたいし、とても納得しました。

      ただ不妊と縁の無い人は、子どもとは「完全に自然に授かるもの」と思っているんだろうなぁと思います。でももちろんエスプレッソさんの言うように高度不妊治療自体が「全くの無から生み出す」=「自然では無い」わけではないはずなんですけどね。こればっかりは本当経験者しか分からないのかなって。

      私も自分が不妊症だと分かってから(不妊症って言葉今でもなんか言いたくないんですけどねヽ(´o`;))、気付いたことがたくさんあります。「経験しなければ分からない」このことを本当に突きつけられて学んでいます。昔は夫婦の方と知り合いになると簡単に「お子さんは?」とか無邪気に聞いてしまっていましたし。

      話が脱線してしまいましたが、私たちがこんなにも子どもが欲しい気持ちに間違いはないのだし、大事なのはどう授かったではなく、どう愛していくかですよね。

      体外受精でしか分からない不妊要因もいくつかあるみたいですよね。私はピックアップ障害の可能性も高いなぁ・・

      エスプレッソさん予定日はいつ頃なのかな⭐︎母子健康安産を心よりお祈りしています(*^^*)

      • お返事ありがとうございます。現在8ヶ月で予定日は6月上旬です。うちは顕微授精でもなかなか移植まで到達できず苦労しましたが、幸いその後の経過は順調です。
        子供に製造方法が刻印されてるわけじゃないし(笑)、赤ちゃんは普通の赤ちゃんで、生まれてしまえば自然妊娠も不妊治療も関係なくなると思います。ぽっ子さんも言うように大事なのは授かった方法ではなく、どう愛して育てていくかですよね。
        高度不妊治療に挑戦するのはとても勇気のいることだし金銭的な負担も大きくなりますが、ご夫婦で納得のいく決断ができますように。

        • エスプレッソさん

          お返事遅れてしまい申し訳ありません!
          6月が予定日なんですね^o^ 初夏のいい時期ですね⭐︎
          エスプレッソさんのように経験者の方のお話はとても参考になるし、励みになります。
          数度の顕微受精、本当に大変だったことと思います。

          かわいい赤ちゃんだろうなぁ(*^^*)
          あと2ヶ月、赤ちゃんと一心同体の期間を楽しんでくださいね(*^^*)
          お腹が大きくなって大変なことも多いかと思いますが、応援しています!

  • 初コメントします。いつも勉強させて頂いております!年も近いし結婚した年も同じ位です★
    不妊クリニックは去年の7月から通い、それまで自己タイミングでカスリもせず、病院のタイミングでも空振り。フーナー2回ゼロ匹という悲しい結果にAIHに進むも、全く気配なく、旦那の奇形率が高い事が気になったり毎回のリセットで1パーセントを信じて撃沈する自分のメンタル崩壊にも疲れてしまいました。前回のお洋服に例えた話とか何といい例えだと思いました★私は、自分の体も信じられなくなったきたし、周りの出産ラッシュに友達とも会いたくないなーっていう自分の心の醜さに嫌気がさし、
    AIHも3回で諦め今年の2月にKLCに飛び込みました。理由はブログなどで拝見して、日本1症例数が多い、最後の砦?などと書かれてたから←安易ですよね。説明会などにはどこにも参加せず決めました。
    3月に採卵し、お腹に戻し、初めて陽性反応を頂きました。まだ心拍も確認出来てないし、陽性も初めてなので、感覚としては不妊という病名から妊娠という病名に変わったって感じです、ダメな事ばかり考えてしまって明るい未来を想像出来ない自分にも不妊様こじらせてる感があります。
    病院に行くと沢山の同士?←失礼な言い方ですみません。がいます。全然恥ずかしい事ではないと思いす。でも、IVFをした自分を少し客観視してる自分もいます。そして母親は自然で授かってるので説明しても全く理解してませんでした。長々すみません。文もまとまってないし、、、お二人のブログ大好きなので応援してます。
    PS.1月に真似して日光の神社行ってきました。全く石通りませんでした

    • おこちゃさん

      初めまして!コメントありがとうございます(*^^*)とても嬉しいです。

      おこちゃさんのステップアップ、とても参考になります。メンタル崩壊、自分の体に疑問、友達と会いたくない等々・・超共感しちゃいました。そろそろ結果を得られないと、このままじゃいろいろダメな方に向かいそうだな〜私って、最近考えちゃいます。

      説明会などに参加せずKLC選択、すごいと思います。不妊治療って時々勢いも絶対必要だと思うので。それにおこちゃさんの仰る通り、KLCの実績を考えれば国内でもトップの一つだと思いますし、安易なんて少しも思いません。私たちは変に考えすぎ?て遠回りすることがあるので、勉強になります。

      そして陽性反応おめでとうございます!なんか私も嬉しいです!まだ不安な日々を送られているかもしれませんが、おこちゃさんと赤ちゃんの健康を心からお祈りします。

      うちの実家もIVF等の理解は難しいと思いますが、大切なのは産まれてきた我が子をどう愛して育てていくかですよね。回りは関係ない!と自分に言い聞かせ、私も進んでいきます。

      P.S 滝尾神社行かれたんですね!やっぱりご利益あるんですね(*^^*)私もおこちゃさんに続けそうな気分です(*^^*)

  • ぽっ子さんお久しぶりです。以前コメントした者です。
    私も不妊治療に疲れてはなおかクリニックを12月からお休みしていましたが、やっぱりぽっ子さんと同じで子供が欲しいという気持ちが勝り、この度転院しあれよあれよと採卵まで終わりました。
    私も一度妊娠した経験があり、タイミングでいけるのではないかと思う反面、年齢的な焦りがあり再び体外受精をしようと決めました。
    まさか自分が体外までやるとは思っていませんでした。でもいざやってみると、思ったより難しいことではないというか何とか頑張れる範囲でした。金銭的にはめちゃくちゃ苦しいですが(泣)毎回、カード切るたびにこのお金で海外旅行行ける?高級ブランドバッグ買える?と自問自答の日々。。
    でもやっぱり子供が欲しい。

    また、病院選びについてですが人によって合う合わないがあると思います。私にははなおかより今の病院の雰囲気が合っているようです。はなおかと同様人気の病院なので診察時間は短いのは変わらないですが受付、看護師さんの雰囲気で直感的にここで頑張ろうと思えました。旦那も病院に入った瞬間、感じたそうです。
    決してはなおかが悪かったわけではないのですが、私にはあの院長先生のあのイケイケのハイテンションについていけない時があったのかも。(はなおか先生ごめんなさい)

    ぽっ子さんも必ず自分に合う病院があると思うので見つけられたらよいと思います。

    と、私もまだ結果を出したわけではないのに長々と偉そうなことを言ってすみません。
    お二人のブログ、今後も楽しみにしながら応援しています!

    • あいさん

      あいさんこんにちわ〜!いつもありがとうございます(*^^*)

      あいさん転院されたんですね。そして採卵まで!行動力があって羨ましいです!

      「タイミングでいけるのではないかと思う反面、年齢的な焦り」まさに私も今この状況です。

      私は今はまだ、体外受精というとすごく高い山のてっぺんを見ている感覚もあるのですが、経験者のあいさんの「なんとか頑張れる範囲」というのはすごく参考になるし、なんか感覚的に分かる感じがしました。

      金銭的な感覚もほんと共感です。それから病院との相性、分かります。。院長先生に対しての印象は私もほぼ一緒ですね。。はなおかともう一つ体外の説明会に参加したんですが、その内容の深堀具合や視点もかなり違いがあって夫婦でかなり驚きました。こればっかりはほんと相性と巡り合わせというか・・

      私も高度に踏み切る時は転院する可能性が高いです。自分に合う病院を見つけられて、さらにそこで卒業まで出来るとイイなぁ⭐︎頑張りましょうね!

      あいさんの移植がうまくいくよう、心からお祈りしています!

  • こんにちは!はじめまして♪
    私も34歳、大崎在住、はなおか先生一筋、
    通院3年目です。
    自分ととても良く似ているので、
    ぜひ伝えたい!伝えなきゃ!!
    思いコメントしました。

    私もぽっ子様と同じく、夫婦共不妊の原因は検査上何もなく、むしろすべてにおいて成績優秀でした。
    食事、鍼灸、運動、サプリ、血行促進など、いいと言われるものは全てやったと思います。
    タイミング、AIHを一年くらいやってもカスリもせず、
    体外にステップアップしたところ、
    卵も20個近くとれ、胚盤胞7個という、
    はなおか先生も新記録かも!とおっしゃってもらえるくらい好成績だったのです。
    ところが、移植2回連続で妊娠しましたが、たて続けに流産してしまいました。
    染色体異常やよくある化学流産の可能性も高くあったのですが、かなこ先生の判断で、杉ウィメンズクリニックを受診する事になりました。

    すると、血液成分異常による不育症、着床障害であることがわかったのです。杉先生には、
    「よくこの若さで、2回の流産だけでこっち来たね。はなおか先生のいい判断のおかげだね!不育症ってわかれば、治療法ちゃんとあるから、はなおか先生の所で体外頑張って、早くこっち来てね」
    と行ってもらえました。

    すごくすごくホッとしました。
    不育症だったショックよりも、原因不明でなくなった安心感の方が優っていました。
    同時に、あのままなんとなく不妊治療を続けていても、
    永遠に妊娠することはなかったのがわかって、
    早く体外に挑戦して良かった、
    かなこ先生が早々と見極めてくれて良かった、
    と、感謝でいっぱいになりました。

    ここまで来るのに、3年近く過ぎています。
    体外はやって見なければわからない事がたくさんある、
    治療の一つだと思った方がいいです。
    そして、私のようなパターンもありますので、
    原因不明なら尚更、早めのステップアップを
    オススメします。
    (かなこ先生の採卵、本当に痛くないですよ!)

    焦って書いたので(笑)
    読みにくく、慌ただしい文章ですみません。
    もちろん、夫婦お二人の問題ですので、
    お二人で相談して、後悔のないように頑張ってください!!
    私も胚盤胞がまだたくさん残っていますので、
    引き続きはなおか先生で頑張りたいと思います!!

    • mikeさん

      初めまして!コメントありがとうございます、とても嬉しいです(*^^*)
      (せっかく教えて頂いたのに返信遅くなってしまい、ごめんなさい( ; ; ))

      mikeさんもはなおかに通われているんですね!
      それに同い年のようで、とても親近感があります^o^

      ちょうどこの週末、体外受精についてけっこう考えていて、とても参考になりました。

      そうですよね、体外受精は検査的な役割もあるっていいますよね。
      原因不明不妊といっても現代医療で分からないだけで、どこかにはきっと原因があるんだろうし、私もこのまま原因不明を続けるのにちょっと精神的に辛くなってきているので、体外受精を本格的に考え始めたいと思います。

      ただなんか私の場合今、不妊をこじらせて(?)ちょっと勢いがない段階に入ってしまっているかもしれませんヽ(´o`;
      またクリニックに通う日々を再開するのにはちょっと腰が重くなってしまっているというか・・

      でも時間はなーーーーい!!!!

      といった行ったり来たりの日々です。。

      でもmikeさんのおっしゃる通り、体外で何か分かればそこにまた対処できますもんね。

      今まだ少しいろいろと思案中ですが、夏までにはステップアップに踏み切りたいと思っています!
      まだ見ぬ採卵に対しての怖さはやはり少しあるので、かなこ先生の採卵気になります^ ^

      体験談はすごく説得力があって、教えていただいて本当にありがたいです!

      もう一度エンジンかけなおして、私も頑張ります!
      本当にありがとうございました(*^^*)

      • いえいえ〜
        お忙しい所返信ありがとうございます。

        私も、休んだり、タイミングに戻ったり、
        行ったり来たり、、、進んでいます。
        待ち時間に悲しくなって涙ぐむ事も、
        流産の時は病院で涙が止まらなくなったり。。。
        (そんな時には、泣き部屋wを用意してくれますよ)
        自分の気持ちがまた元気になるまで、ゆっくり進んで
        下さいね。無理しない〜!!自分を甘やかせ〜!!

        そして、はなおか通院の先輩としてアドバイス(笑)
        採卵、移植、seetなど全て午前中に行われるので待ち時間が長くなります。
        月水金土はかなこ先生が絶対いらっしゃるので、
        更に混みます。
        午後の1番手3時からの予約が1番待ち時間が少ないと思います。2時過ぎに採血済ますと、割とガチですぐに呼ばれます。(先生はどっちの場合もあります)
        私は、大事なポイント(周期最初の方向性をきめる時)
        はかなこ先生がいいので、午前中に頑張りますが、
        エコー、ホルモンチェックだけの時は
        なるべく午後にしていましたよ!

        少しでもお役に立てばいいです٩( ‘ω’ )و

        • mikeさん

          mikeさんすごい!めっちゃくちゃ参考になります!
          今まで私も「先生って選べるのかな?」って思いつつ、分からず並んでいましたので〜!
          めちゃくちゃ嬉しい情報ですね(^○^)

          そして泣き部屋も用意してくれるとは・・・!
          それも私思ってたんですよね。たくさん並んでいらっしゃる方の中には、今すぐ泣きたい方だっているはずだよな〜って。
          かくゆう私も(AIHまでしかやっていないのに)、涙をこらえたことが何度かあります。

          改めて不妊治療専門クリニックってすごいですね。
          また通院再開する時には、この情報を生かさせて頂きますっ!

          そういえばブログ&ツイッターで繋がっている方ではなおかのIVFで陽性判定となった方がいらっしゃるのですが、先生に原因不明不妊で若い人は鉄分(フェリチン値)とると妊娠する人多いよ〜と教えてもらい、はなおかで売っている鉄サプリを重点的に飲んでいらっしゃったそうです。

          そのことをお聞きし、早速過去資料見てみたら私もフェリチン値が基準内ではあるけど低く、またサプリだけでも買いに行こうかな〜と思っています。
          (通院当初買っていましたが、金銭的などいろんな意味でやめてしまっていました( ; ; ))

          mikeさんは移植周期でしょうか。
          mikeさんの治療がうまくいくよう心から応援しています!
          あっしも頑張ります!(^○^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です