不妊原因は夫の精子と男性不妊が判明!でも今はショックより安堵感の方が大きい

スポンサーリンク




The following two tabs change content below.
妻:ぽっ子

妻:ぽっ子

83年早生まれの35歳。約4年半の妊活・不妊治療を経て第一子を妊娠しました。不妊治療で得た経験や知識、顕微受精からの妊娠〜出産・育児について綴っていきます。

 

夫がすでに記事にしていますが、

ある秋晴れの午後、

 

夫の男性不妊が発覚!?

 

スポンサードリンク

 

妻から目線の夫初診

夫の記事と重複する部分もありますが、私から見た夫の初診についても書いておこうと思います。

NACの精子検査結果で男性不妊発覚?正常形態率とFSH等のホルモン値が低すぎる件

2017.09.29

 

私の初診のときに注意事項として

 

夫婦の初診が別日になる場合、夫の精子検査の詳しい説明は一度しか出来ないので妻も聞きたい場合は夫の初診に必ず同席してください

 

と説明されたので、初診が別日になってしまった私は午後半休をとって夫に同行しました。

でも結局受付から結果説明(診察)まで3時間以上あったので、実際はまだ仕事出来たな。まぁ、絶対に診察結果を逃したくないから念には念をね。

 

理事長である寺元ショーキチ先生の問診は、私の時と同じくとても丁寧でした。時間にして20分くらい。(すごくない?)

夫の精子検査の結果を図説と動画で一つずつ細かく細かく説明をしてくれました。

初めて動いている夫ジュニアの動画を見たけど、ピコピコ動いていて可愛かったな〜💗

もう、まるで我が子のような目線を送ってしまう😂

他の方のブログでよく見ていた、ショーキチ画伯直筆の精子画がついにうちにも〜!!

 

ちなみにこの図は、一番左の4%と記載のある正常形態精子をのぞき、あとは全て異常精子の見本なのです。

 

そう。

 

この絵にもある通り正常形態の精子は通常4%、つまり100個のうち4個いなければならないのですが、それがポコキンはまさかの正常形態ゼロだったのです・・!

クルーガーテストとは

精液中の精子を顕微鏡で確認し、精子の奇形を見る検査検査時には特殊な溶液を使用し、精液中の精子に色付けを行ってから顕微鏡で確認する。

 

・・・・そんなはずは!!!

 

今まで不妊治療期間の4年弱、ポコキンは2つの病院で精液検査をしていて、AIHのための精子調整も合わせると都合7回くらいは調べられています。

その7回のうち、WHOの基準値を下回っていたのはたった1回だけ。それも検査の数時間前に仲良しをしてしまったのが原因のようだったので、特に心配はいらないものでした。

いつも、濃度総精子数運動率前進運動率・そして正常形態率も 全てが基準値を余裕で超えまくっていて。

 

ご主人は問題ない

売るほどある

濃いな〜

 

などと言われてきたので、私たちはポコキンに不妊要素は一つもないと思っていたのに。

それが、まさかクルーガーテストで見てみたら形態異常だったなんて!どういうこと〜!

 

それに血液検査からわかるホルモン値(男性ホルモン・下垂体ホルモン)までもがまさかの全て基準値外という結果に。

でもこの「夫のホルモン値検査」も他院含めても初めてする検査なので、異常があっても今まで気付けないのか。(ホルモン値は造精機能などに関わってくるらしい)

次、ホルモン値再検査の結果によっては、ホルモン値を正常に戻すために薬が処方されるとのこと。

これも信じられない!

「豚に真珠」くらい、「ポコキンに薬」は似合わないものなんですよw

体調悪いとか薬を飲むとか、年間通してほとんどない男なんですわ。

こうして下された診断は

 

  • 男性不妊
  • 奇形精子症
  • 顕微受精(IMSI)一択

 

と、厳しいものでした💦

 

ショーキチ先生「自然妊娠しないとは言い切れないけど、出産までたどり着く可能性は低いよね」と。

 

🍀余談だけど、精子の数え方の単位って気になりません?調べて見たら、専門的には単位をつけて数えないみたい。「〜億の精子」という感じ。ただそれでは小さい単位で数えにくい時は「〜個」つけるのが一般的。「〜匹」としたいところだけど、それは間違いみたい。精子が卵子にたどり着いて受精して胎児になると「一体、二体」と「体」で数えるらしい。🍀

 

不安よりも一旦ホッとした気持ちの方が大きい

と、こんな感じで夫の厳しい結果が分かって言ったのですが、私の気持ちは不思議と全く落胆ではなく。

 

正直な気持ちをかくと、

 

  • ホッとした
  • 肩の荷が少しおりた

 

っていう安堵感・安心感の方が断然大きいんですよね。

 

今まで全く不明だった原因の一つが分かったこと、また自分だけに不妊の原因があると思っていた日々の重荷が少しだけ軽くなったこと。

 

この気持ちの方が夫の結果からくる不安より勝っていました。

重荷が軽くなったと言っても、当たり前ですが「ポコキンに原因があってよかった〜」ということではないですけどね。

 

あとね、今までもずっとずっと思ってるけど、

 

夫との子供が欲しい!

(逆に)夫との子供以外は欲しくない!

 

なんて気持ちを再確認する良いきっかけにもなりました。

この気持ちの表現は難しいんですが・・、簡単に言うとこの先もし私たち子供が出来なくても、精子提供や養子など、夫の遺伝子がない子供を迎えることはしないだろうな〜と。

あぁ本当にこの人との子供しか欲しくないな私、ってなぜだか分からないけど診察後に再確認したんですよね。

 

ただ、まさかIMSI(超高倍率顕微受精)になるかもしれないなんて1ミリも想像していなかったので、そこについての不安はありますが。

 

NAC日本橋の精子検査は超シビア

いや、それにしてもNAC日本橋の精子検査って超シビア。

私、自分の初診に行く前からいろんな方のNAC通院ブログを拝見していて(情報提供って本当にありがたい💦)軽く10ブログは見たと思うんですが、ほぼ全ての方が男性不妊と診断されているんですよね。

それに、ほとんどが私たちと同じくIMSI(超高倍率顕微受精)適応。中には振りかけの通常体外受精と言われている方もいらっしゃいましたが、かなり少数派でした。

これって、なかなか授からないって思ってる夫婦には結構な確率で男性側にもその原因の一端があるっていうことなのかなー?

 

ただ、 みなさん男性不妊と診断されていてもポコキンのように正常形態精子ゼロって人はなかなかいなかったけどね・・( ̄▽ ̄) みなさん少なくとも約200精子中1~3は正常形態がいたという方が多かったです。

 

さすがポコキン!

0か100か白黒はっきりしてやがる男だぜ!

 

しかし、次はもういきなり採卵日に「受精させるための採精」となるんだろうか?

その日にもし正常形態がいなかったらどうなるんだ?(何億といるからいないってことはないのか?)

それとも採卵前にもう一度検査するんだろうか。

 

スポンサードリンク

 

帰宅しながら

まさかの診断でしたが、たくさん話しながら帰路につきました。

 

漢方・鍼灸が必要だったのは私じゃなくてポコキンだったってわけー!?😂

一見見た目良くて、蓋を開けたら使えない子の集まりでしたって面白すぎ!😂

4年弱私が泣いた理由はポコキンのせいだったのー!?😂

 

などなど、冗談をかわしながら私達らしく大笑いしながら。

そしたらポコキンが、

 

要は俺って超足速いゾンビ精子がたくさんいるってこと!?

(作者:ポコキン)

(エグっ!)

 

って言い出して私はもう大爆笑!

それ面白すぎる!

想像しただけで怖っ!

 

と、ここまで完全にポコキン原因の不妊のテイで話してきましたが、NACで私の検査はまだ何もしていないんですけどね!( ^∀^)

 

だからまだ、ポコキンだけに不妊原因があったとは言えたもんじゃぁない段階です。

次は来週くらいにポコキン’sホルモンの再検査のため通院する予定。私の方はというと、生理がきてD3が次の診察日。

(出典:NAC日本橋HP)

こんな感じで基本的には明るい私たちですが・・ポコキン初診の日からちょくちょく「男性不妊」とか「奇形精子症」とか調べるとなかなか刺激的な説明も出てくるんですよね。。

まぁ、いまジダバタしても仕方ないので夫婦共に健康的な生活をして、NAC日本橋の治療を信じて進んでいきたいと思います。

高度に進んでわかったことがさっそく一つ。やっぱりここまでくると分かることが多いんだな。

一つ一つ乗り越えたるで!!

NACがあたいたちのファイナルクリニックなのさ!!

ぽころぐ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください