BT17胎嚢確認診察。大きさやE2が平均値より低いのが気がかり。

スポンサーリンク




The following two tabs change content below.
妻:ぽっ子

妻:ぽっ子

83年早生まれの35歳。約4年半の妊活・不妊治療を経て第一子を妊娠しました。不妊治療で得た経験や知識、顕微受精からの妊娠〜出産・育児について綴っていきます。

 

BT12診察hCGの結果。平均より低い数値だが着床は依然継続している模様

2018.03.17

 

ホルモン補充周期移植後17日目の診察、胎嚢確認へ行ってきました。

前回生理から数えると35日目、NACのプリントによると週数は5W1Dとなるようです。

 

※判定後の記事となります。

 

スポンサードリンク

 

体調の変化が減ってきた

BT12以降はたまに子宮がピリピリするような感覚がありましたが、目立った体調の変化はなかったように感じます。

茶オリやおりものに混じる鮮血はほぼゼロに。

早い方だとつわりの症状を感じる時期にも入るようですが、私はまったくなし。。

相変わらず胸だけが張っていて、通常よりサイズアップした状態がずっと続いています。

 

NAC日本橋BT17胎嚢確認診察

前回は夫に同伴してもらったけど、今回はひとり。

採血後内診を待つ間、ドキドキソワソワ・・。

BT12までの、診察室を待つ緊張とはまた少し違う時間の流れ方。。

子宝のお守りを握って待ちました。

 

エコーで胎嚢が見えた?

採血後比較的早く内診に呼ばれました。

実は呼ばれた時お手洗いにいて、初めてアナウンスで呼び出されてしまいました💦(NACは全て当日の受付番号で呼ばれます)

内診室まで早足。焦りました(汗)

 

ホルモン補充周期の移植後診察はおそらく最後まで寺元先生の診察になるようで、内診も寺元先生でした。

寺元先生が担当するのは、1回目の採卵周期ぶりかな?かなり久しぶりでした。

内診を待つ間も、もうソワソワソワソワ。

早く見てくれーって感じ(><)

 

ショーキチ 先生
診察ですよぉ⤵︎

 

おおっ寺元先生って内診前に声かけてくれるんだっけ!

 

なんて懐かしく思ったのもつかの間、エコー画面に胎嚢らしき黒い丸が映りました。

 

胎嚢・・あった・・

のかな

 

寺元先生独特の独り言は少なく、おそらく胎嚢に対しての

 

ショーキチ 先生
これか?

 

くらいしか聞き取れませんでした。

 

平均より小さいサイズの胎嚢

内診後の診察までは1時間半くらい待ちました。

この待ち時間、本当に長く感じます。。

いつもなら持参した本を読むか、NACに置いてある雑誌を読むか、スマホでメルカリ見たりしているんですけどね・・

移植後の診察は毎回何が起こるか分からないので、何にも集中できません(~_~;)

 

ひたすら待つのみ。

 

そう、まるで修行僧。。

みなさんはCLでの待ち時間、何をしていますか??

 

「ウケツケバンゴウ○バンのカンジャサマ、シンサツシツ、1バンヘドーゾ⤵」

 

診察室に入るとまだ前の患者さんのデータが表示されていたようで、一瞬自分の記憶がこんがらがってしまい焦りました💦

先生の秘書のようなお付きの看護師さんも

 

ちょっと待っててくださいね〜

 

とのこと。

そのまま数十秒待って、カードリーダーに診察券をかざし私の診察が始まりました。

 

ショーキチ 先生
ぽっ子さんでよろしいですかねぇ。えーと、胎嚢が見えていますねぇ。5.8mm×7.6mmはちょっと低めやけど、一応成長はしとるね。次、心拍が見えるかどうか。

 

NACでもらうプリントに基準として

BT17の胎嚢サイズ

5mm〜10mm

と記載があります。

5.8mm×7.6mmということで小さめだけれど、一応基準値内の胎嚢が確認できたようです・・!

 

続いて、

ショーキチ 先生
E2が低いですねぇ。薬はジェル・デュファストン・お注射の3種類をまだまだ継続。

 

とのこと。

私のこの日のE2値は98

確かに、ブログで拝見してる方のBT17時点のE2ってもうちょっと高い気がする。。

心配になり、一応「平均」を聞いてみたのですが、個人によってばらつきがあるそうで基準値というのはなさそうな回答でした。私は最初から低めだということでした。

↓ここまでのホルモン推移↓

(この日はhCG値についての話はありませんでした)

 

また、やっと移植時の卵の状態について改めて先生に聞くことできました。

凍結胚盤胞の融解ダメージで移植代金保留という結果に…失敗ではないと信じたい

2018.03.03

 

移植代金を2回も先延ばしにしてくれていることもあり、ここまで来れたことが嬉しい反面、ここまで来れるのはかなり特殊なことなのかと心配にもなってきてしまっていたんですよね。

 

ぽっ子
移植時の卵の状態についてなのですが、ここまで来れたということは移植時の卵の状態というのはたまたま卵の成長途中だったという感じですか??

 

ショーキチ 先生
もう関係ないね。こっから先はまた別問題。ここからは染色体の領域になるからもう関係ない。

 

とのことでして、移植時の卵についてはもう心配する範囲ではなさそうなご回答でした。

 

そういうものなのか。。

受精卵の外観から染色体情報は分からないので、この後の生命力はもともとの染色体によるってことなのかな。

う〜ん。

BT4診察の時にもしっかりと質問すればよかったな。

 

こうして診察が終了。

待合に戻ったあと、「胎嚢位置」について聞き忘れたー!と気付きました。上記のプリントにはBT17での胎嚢位置は

子宮底より10mm以内

との記載があります。

何も言われないということは問題ないという解釈でいいのかもしれませんが。。

聞いて安心しておきたかった!

 

それから、ホルモン補充周期の方って出血の心配からけっこう高い確率で「安静指示」が出るイメージだったのですが、私はそれもなし。

いつも通りの生活で大丈夫なんですよね?センセ・・?

 

処置室にて薬の確認とプロゲテボー125mgを注射

おなじみになってきた、処置室での薬関連もろもろです。

前回までと同じく、

 

  • エストロジェル→2プッシュ
  • デュファストン→1日3回

 

まだまだ継続。

デュファストンは7時15時23時に2錠ずつ飲むのですが、最近(というより当初から)23時より前に眠くなることが多く・・23時のデュファストンが何気に一番キツいです。

でも私の身体を今一番保ってくれているお薬ですもんね。頑張らなきゃ。

(出典:SHUTTERSTOCK)

4回目の黄体補充注射は右のお尻にプスッと。(毎回交互が原則)

この黄体補充は筋肉注射なので痛みを感じるかたも多くいらっしゃるようですが、私はなぜか注射系には全く痛く&怖くないのでたんたんと注射してもらっています。

 

次回の診察はBT22

順調な方だとこのBT22診察はなく、10日後のBT27診察となるようです。

私はスタートも経過も基準より低めのところをずっと進んできていますので、BT22診察有りなのだと思います。

BT22は週数で言うと5W6Dとなるようですが、順調に行った場合はこんなに早く心拍が見えるものなのかな・・?

怖いです(><)

 

スポンサードリンク

 

所要時間とお会計

8:50
→受付、採血

9:25
→内診

10:50
→寺元先生の診察

11:30
→処置室

11:45
→会計

所要時間計
約2時間55分

ホルモン補充周期のBT17以降の受付時間は8:00〜9:00。

この日は遅めの受付になってしまったことも関係するのか、思ったより時間がかかりました。

 

合計 9,780円

合計 108,000円(移植代金)

NAC日本橋通院合計
・成功報酬1回目
(採卵凍結ならず):191,508円
・成功報酬2回目
(採卵・ポリープ手術・移植①陰性まで):499,883円
・成功報酬2回目
(HR補充移植周期移植②):172,445

今回やっと移植代金の請求がありました。
(後日振込可)

ある意味、ホッ。。

移植当日に代金保留となった場合の請求は胎嚢が確認されてからとなるようですね。

個人差がある処置かもしれず必ずしも全ての方に当てはまるのかはわかりませんが、ご参考までに。

今回無事胎嚢が見えたことによって、子宮外妊娠の可能性はなくなりその部分ではホッとしています。

だけど常に不安や期待が入り混じる感情には変わりなく。。

不妊治療は陽性が出た後も心から安心は出来ず、最後まで本当に大変だと改めて感じています。

 

そうそう、この日の夜久しぶりに姉一家に会ったので初めて妊娠の可能性を「まだ分からないけど」と慎重に付け加えて姉に話しました。

姉はそれでも即座に喜んでくれたのですが、その喜び方が超慎重になってしまっている私にはどうにもお気楽に見えてしまって・・

 

いや本当にまだ安心出来ないから

 

とピシっと言ってしまいちょっと姉を困らせてしまいました。

高度不妊治療のことは一切話していないし、こんな世界だろうと知らないだろうから、分からなくても当然なんですけどね。。

あとで傷つくのが怖くてどうにも超慎重になっている自分がいます。

今はそれでいいんだと思っていますが、、

仮にこのまま卒業まで行けても、私にとって手放しで喜ぶ瞬間というのは出産までやってこないのではないかとすら思ってしまいます。

もちろん心の奥底で「嬉しい」とはすごく感じているんですけどね。

常に「喜ぶのはまだ早い」と客観的に見ている自分が隣にいる感じです。

 

ちなみに超自然派の姉なのですが、私が高度不妊治療のことを一切話していなかったのでおそらく自然かAIHでの妊娠かと思っているようで妊娠方法については特に言及されませんでした。

不妊治療への家族の理解。姉はステップアップに否定的なのかもしれない。

2016.09.15

 

いつかこの尊い治療のことも、自然に話せる時が来るといいな。

 

次回、どうか心拍確認ができますように。

 

BT22胎嚢サイズと心拍確認。成長継続でBPM表示も結果ははっきりせず…

2018.03.27



4 件のコメント

  • ぽっ子さん、診察毎回緊張しますよね。お疲れ様です。

    BT17になるとホルモン値よりも胎嚢の大きさに焦点が移行したのを覚えてます。
    私もずっと「ギリギリやな」「小さい」「いびつ」と言われ続けたのですが、
    知られてないけど流産も案外あるし、章吉先生の対応が正解だと思います。
    おかげで28週で8ヶ月目になった今も、まだこれからだって自分に起こりうるリスクは無数にあると思っていますし、そのせいで無事健康で元気に生まれたことを想定してベビーグッズを買うなどできないでいます(汗)
    世の中、検査薬が反応しただけで子供服やベビーカー見に行ったりウキウキなのが本当に羨ましいし、なぜ楽観できるのかと距離を感じるほど。

    ぽっ子さんが前の記事で仰るように、『隣の家族は青く見える』の女医みたいに
    HCGが出た程度で妊娠おめでとうとか産院に紹介状書くとか早すぎますよね。
    お姉様が妊娠報告で喜んでくれた時に冷静に場を鎮めたのも共感!
    私も卒業までは、出生前診断で染色体異常がないのが分かるまでは、と誰にも言えずに5ヶ月が終わるまで自重していましたもの。
    でも、世の中お気楽というか、恵まれた人が多いというか、悪い想定などせずに嬉しくて早々に報告して喜びを共通している人も結構居るし、その方が多数な気がします。

    こんな話が最近ありました。
    旦那の妹さん(私と同い年)が4月に育休明けて復帰するのですが、
    彼女から「実はうちも二人目妊娠したよ!」とウキウキの報告がありました。
    (彼女は自然妊娠で2歳の男児を出産済で私が不妊治療してたのも知りません。)
    その後もこんな感じでLINEが。
    ・同級生の子供ができるんだねー
    ・つわり始まったよ
    ・育休から復帰したのに既に妊婦って職場に迷惑かな
    ・職場に昨日妊娠報告したよ

    でも、先週、流産したことを旦那経由で聞きました。
    私にはそれ以降LINEが来なくなりました。
    不妊治療して知識豊富な私からするとそう驚くことでもありませんでした。

    ぽっ子さんは賢く振舞ってらっしゃいますし、
    ぽっ子さんくらい慎重な方が結果的に自分のダメージも少ないと思います。
    早期報告や喜ぶのが悪いわけではありませんが、慎重であることは良いこと。
    章吉先生はここからも辛口で居てくれます笑
    NAC通院者は図らずして慎重派になるのかもしれないですね。

    • かぐらさん

      かぐらさん、ありがとうございます^^

      本当、移植後診察は毎回毎回が山場のような気持ち。。緊張しますね。
      次はまた心拍という大きな山なので、待ち時間は相当落ち着かないと思います(><)

      ほんとですね、理事長の決して安心させない発言は不妊治療医として一番正解な気がします。
      また「絶対安静!」と言われる方もよく見かけるので、厳しさの裏には念には念を入れてなるべく命を保ってあげたいという気持ちも感じられるんですよね。
      これから順調にいっても最後まで厳しい先生でいてほしいです。

      私も今は絶対調子に乗らないよう、はやる気持ちをおさえています。
      きっと胎嚢まで見えたら出産予定日を考えたりだとか、妊娠アプリ?を入れたりだとかする方も多いと思いますが、なるべく考えないようにしています。
      卒業まで、いや卒業後も何が起こるかわからないリスクを私たちはよく知ってしまいましたもんね。。今もまだ自分の五分五分だと言い聞かせています。
      かぐらさんもそうだと思いますが、私も卒業できたとしても産科での診察も毎回緊張するだろうな〜。
      一体、安心はいつやってくるんだー!!(こないか・・)

      義妹さん、残念でしたね。。
      でもかぐらさんの気持ち、わかります。私もやはりそこまで驚かないと思います。
      かぐらさんにラインなどしてウキウキしていらっしゃった分落ち込んでいらっしゃるかと思いますが、こればっかりはしょうがないことですね。。

      かぐらさんもう28週なんですね!性別もわかりお腹もかなり大きくなっているところでしょうか。
      お産のころはきっと新緑の美しい季節かな?素敵ですね。
      私は妊娠した後についての知識は本当にゼロなので、かぐらさんからいろいろ勉強させていただきますヽ(*^^*)ノ

      P.S
      昨日の「となかぞ」最終回ある意味衝撃的な終わり方でしたね。
      最後、ちょっと切なくなってしまい泣いてしまいました(涙)
      でもきっとああいう方も実際にいると思う。感情だけでなくお金の問題もありますしね。
      様々な価値観、家族のあり方について考えさせられるいいドラマでしたね☆

  • ぽっ子さん、いつもお世話になっています。
    胎嚢確認おめでとうございます!
    もちろん、この段階ではまだまだ先があるのは百も承知ですが、まずはこの言葉を言いたかったのです。
    出だしが不安だった子かも知れませんが、ここからも力強く頑張ってくれることをずっと祈っています。
    私は着床はあったものの、BT12でhcg伸びずとなりました。ぽっ子さんに引っ張られて、一緒に順調に行きたかったなぁと勝手に思っていたのですが( ・ ・̥ )
    でも覚悟はしていたし、「今後の治療は淡々と、ただ淡々と」と変な悟りをひらいた?こともあり冷静に受け止められました。
    このブログはすぐ読んで、その時にでもコメントしたかったのですが、自分が宙ぶらりんだったのでこのタイミングになりました。
    卒業まで、そしてぽっ子さんの腕に抱かれるまで、どうか順調に育ちますように!

    • ちゃまさん

      ちゃまさん、コメントありがとうございます・・!嬉しいです。

      私もちゃまさんのTwitter拝見してて、このままhCGあがれ〜!!って思っていました(><)
      悔しいですよね。お辛いと思いますが、冷静に受け止めるちゃまさん、えらいです。
      それにしてもNACだと私もそうでしたが、よく融解ダメージという言葉を聞きますが他のクリニックでもそうなんですかね。
      なんだかあまり他クリニックでは聞かないような・・(Twitter上で)
      NACの6グレードまでいった卵は融解が難しいのかな?とか勝手に考えています。(他クリニックだと4とか進んでも5とかのイメージです)

      ちゃまさんもいろいろとある中でのコメント、本当にありがとうございます。
      私もちゃまさんのこと本当に応援しています!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.