冷静と情熱とエロの間で

スポンサーリンク

 

旦那がまたくっだらないこと書いてますね(笑)

人工授精(AIH)初体験!精液検査の結果を良くするために行った秘策とは?

2016.12.18

 

この記事見せられた時、もう大大大大爆笑!

 

「ほんとアホやな〜」

 

って再認識しました。

イラスト、爆笑

 

今まで、採精についてこんなリアルに語る男がいたでしょうか!?(笑)

→ちょっとリアルすぎるけどね。

 

ヴェールにつつまれた採精室の中を知れるのは、妻としても興味深かったですし、読んでくださってる方も、ぜひご夫婦で大爆笑して頂けたら幸いです。

 

以前も書いていますが、私たちはほとんど何でも話せる(話せちゃう)夫婦なんです。このブログの様な会話を普通にしているなんて、信じられない人には信じられないと思いますが(^◇^;)。

何でも話せる分、欠点として二人の関係に色気は少ないです(笑)。でも、私たちはこの関係を気に入っています。

 

スポンサードリンク

 

主人も申していますが、私たちは決してふざけているのではなく、大真面目にこのブログをやっています。

 

最近特に感じるのですが、

 

結局男女ともにエロ(性欲)がないと、基本的に子どもってできないわけで。


生殖活動ってそういうことなんだよな〜、と。


しかも、それらをおおっぴらにしなければならないのが
不妊治療


夫婦生活のことを医者に診てもらう時点で、恥じらいはほぼすてる覚悟で通っている。

 

私たちはこれからも、冷静情熱エロの間で(!?)、このブログを続ける所存です。

 

おやすみなさい。

The following two tabs change content below.
妻

83年早生まれの35歳。約4年半の妊活・不妊治療を経て第一子を妊娠しました。不妊治療で得た経験や知識、顕微受精からの妊娠〜出産・育児について綴っていきます。
ぽころぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください