精液検査初体験の感想① それは突然やって来た・・・

The following two tabs change content below.
夫:ポコキン

夫:ポコキン

夫婦で不妊治療を行っています。夫の目線から、不妊治療を行う上で得た知識や感じたことなどをシェアしていきます。あまり辛気臭くなるのは嫌なので出来るだけ明るく、不妊治療以外のことも書いていくつもりです。めざせ!Awesome Life!!!

 

すでに、妻が精液検査のことを記事にしていますが、当事者として詳しく書きたいと思います。

ネットで精液(精子)検査について調べるも、採取方法は綺麗にオブラートに包まれて紹介されていて、イマイチ現実感を伴ってイメージできないんですよね。

 

精液の採取方法(出し方)は男性は言わずもがな知っていると思いますが、実際に病院で採取となると、

 

⬛︎ どこで?

⬛︎ オ◯ズ、、もとい、どんな環境で?

⬛︎ 時間の制約は?

⬛︎ 先生や看護師からの視線はどんなかんじ?

 

といった疑問や不安があるでしょう。
そんな疑問を身をもって体験してきましたのでご紹介します。

注意!
今回の記事はリアルな採取方法やその時の感情を書いていますので、女性にはちょっと分からない、もしくは不快に思われるかもしれません。よってこの手の内容が苦手な方はこの先へ進むのはお控えください。

実は精液検査は2回目。前回と違うのは病院内で行ったこと。

 

実は精液検査をするのは2回目。1回目は自宅近くの病院に妻が通っていた際に提出しています。

その時は、自宅で病院から提供されたカプセルに発、、もとい採取し、妻に提出(なんだかお互いOn the bedでしょっちゅう見ていると言えど、改めて透明なカプセルに佇む精液を冷静にみられると、妻といえど少し恥ずかしい気持ちになりました。。)。

病院に提出したその日に結果がでて、その結果を妻から聞くといった流れでした。

 

その時は、まさか自分が精液検査をすることになるなどとは思ってもいなかっただけに、なんだか不思議な気持ちになったのを強く記憶しています。

自分を分析されている気分で(まさにそうなんですが)、何かあったらどうしよう、、、という不安や心配が結構ありました。

でもよく考えたら妻の方が、いろいろ検査する機会が多いので、少しだけ妻の気持ちを理解できた様な気がしました。

 

と話がそれましたが、はなおかIVFでの精液検査について紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

突如やってきた精液検査!!想定外の流れで戸惑う。。

それは突然にやってきました。

妻がはなおかIVFでの初診の日。ポコキンは出社していたのですが、なんとなく

 

「初診だし、俺も同席した方がいいよな」

 

と思い立ち、急遽午後半休をとり、妻のもとへ。

もともとお昼くらいに診察開始予定と妻からLINEで聞いていたのですが、連休前ということもあってか、大混雑で予定時間には始まらなかったことで、結果的に初診に間に合うことができました。

院内に入ると入り口からズラ〜っと長蛇の列。ほとんどが女性でなんだか入った瞬間、ひるんでしまいドアを閉めてしまいそうになりましたよ。

その長蛇の列を遡る様に前へ前へ進むと、不安げな表情の妻がいました。ポコキンの顔を見つけると、安堵の表情を浮かべ嬉しそうでした。かなり緊張&不安な気持ちだった様子。

そんな表情の変化を見たり、気持ちを聞くと、できるだけ立ち会う様にしようと思いますね。

 

旦那様方、どんどん立ち会いましょう。

 

そして、予定の時刻を3時間近く過ぎた頃に呼ばれて初診開始(院内でずっと待つ必要はありません。実際にはフロントに携帯番号を伝え、外にでてお茶していました)。

 

初診は、理事長先生でした。

一通り我々夫婦のこれまでの経緯(流産や他院での治療について)をはなし、今後の進め方を確認。

ということで、まずは精液検査することに。

 

先生:「では旦那さん、せっかく来たし精液検査しちゃいますか?(さらっとライトな感じで)」

 

ポコキン:「・・・えっ?」

 

このいきなりの精液検査実施命令に本気で戸惑うポコキン。

何食わぬ顔の百戦錬磨の理事長先生。

 

まじか、今か、なうか、Today!!??

 

とりあえず、「わかりました」と承諾。するとおもむろに2枚の書類を渡されました。

 

 

「検査実施同意書(男性)」「委任状」という書類を手渡される

まず精液検査に入る前に以下の様な2枚の書類を渡されました。

検査実施同意書(男性)

検査同意書

※↑日付や氏名などの情報は画像編集で消しています。編集した為少し汚くなくなっています。

この書類では、精液検査実施について当事者が同意したことを相互で確認する書類です。実施日時・診察券番号・署名をし提出します。この書類の詳しい内容は、

 

精液検査実施を承諾(当たり前ですね)

AIH(人工授精)やART(体外受精)開始時の感染症検査の承諾

 

えっ??

 

・・・感染症検査!!!Σ(゚д゚lll)

 

 

えっ、なんかわかんないけど怖い。

しかもHIVとか書いてありますやん。。

いや絶対神に誓ってその様なことになる可能性はないですが、なんでしょうね、こうも検査しますよと書かれているとひるんでしまいます(何にもやましいことないので良いんですが、それでも動揺するもんですね。。)

クラミジア偽陽性を信じ新宿クリニックで検査。結果から感染源は判明するか?

2017.03.16

 

 

とそんな動揺を見透かしてか、妻から一言。

 

「今日は(上段の)精液検査だけだよ」

 

 

??? 

 

そう(下段の)感染症検査は「血液検査」なのです。

人工授精などを開始する際に血液検査を行うことも事前に同意しますよ、という書類。。

 

おぃ、紛らわしいな!この書類!

安心、満腹、安堵、リラックス

でもちょっと安心。

 

 

委任状

委任状

※↑日付や氏名などの情報は画像編集で消しています。編集した為少し汚くなくなっています。

次に委任状。

こちらは、自分の検査結果を自分に代わって妻に伝えてもよい(委任)と承諾する書類。

自分に何か見つかった際、妻がその結果を知ることになるというもの。別に問題ないけれども、なんか少し怖い(さっきから何回怖がってんねん)

委任できないという理由もなく、承諾&署名(おそらく委任できないというと妻から質問攻めにあうだろう。無益な戦いは避けるのが得策である)。

そうして、各書類に署名を終えると、以下の様な採取キットを渡されました。

精液検査

※精液採取専用カップに貼るシールには夫婦の名前と採取時間を記入。

 

いよいよ本番、、もとい、採取現場へ移動。

 

 

ここが女人禁制の採精室だ!!!

看護師に院内奥の個室へ連行される際の気分はまさに、

 

「ドナドナの気分」

 

・・・

 

わしゃ、牛かっ!

 

 

連行される際、

 

「この看護師はどんな気持ちなのだろう」

「今から俺が◯◯◯ーをすることを知っていて内心面白がっているのだろうか?いや、キモいとか思ってるかも」

「ああぁ〜なんだこの恥ずかしさ。非公開だが公開処刑の様だぁ〜」

 

とこれまでに味わったことのない言い知れぬ恥ずかしさと、妻のために乗り越えなければならないという責任感と、ちょっとしたプレイ的な高揚感と、、、もう色々とないまぜになった不思議な感覚に。。

 

はなおかIVFの院内地図(構造)はこんな感じ

と、くだらないことを考えているうちに採精室へ到着。ちなみに院内地図は大体こんな感じ(細部まで正確ではありません)。

はなおか、院内地図、精液検査、個室

採精室は2室あり(隣り合っている)、奥の採精室へ通されました。その際、手前の採精室は空(空室の際はドアが開け放たれている)。隣が”空室”で良かったと少し安堵。

 

看護師:「お渡しした説明書を参考にシールに記入(夫婦の氏名と採取時間)し採取専用カップに貼付して、室内の所定の場所に置いてください。終了後にインターフォンで終わった旨連絡ください」

 

ポコキン: 「わかりました。。。」

 

看護師:「あと時間としては20分を目安にお願いします。それ以上経過するとお声がけいたします」

 

ポコキン:「!!!!! わかりました。。。

 

もう、なんでしょう、看護師の顔とか見れないですね。

何が何でも20分以内に終わらせねば。20分を超過すれば、イ◯ポか、遅漏か、オ◯ズ選定へ異常なこだわりを見せる変態、などのいわれなき容疑がかけられること必至。。。ガクブル。。((((;゚Д゚)))))))

 

絶対20分以内に発◯してやる。いつもの練習通りやればなんの問題もないさ。。。

 

絶対に負けられない戦いがそこにはある、といった状況に変な闘志を燃やすのであった。

 

と、開き直り気味に現実を直視し、気持ちを切り替えたポコキンですが、採精室に入る際、ふとその採精室の”先”が気になりました。看護師が去った後、その先を確認したところ、何とその先は会計カウンターでした。

 

 

おいおい、採精室の隣は壁一枚挟んで受付のお嬢さん方が鎮座してんのかよ。。。

 

 

一瞬、気持ちの整理をつけたにも関わらず、なんかマジで緊張してきた。。。

きっと、受付嬢の皆さんで

 

「今、個室B(と呼ばれているかどうか知らんが)に一人入ったよ。今日の人は早いかな?遅いかな?笑」

 

なんて会話が交わされているんではないか?などと不安はどんどん膨れ上がっていく。それに反比例してしぼんでいくムスコ。そんな負のスパイラルに突入。。。

そんなこんな色々なことを考え入室。

 

スポンサードリンク

 

採精室の中はこんな感じ

まず入室前にこの様なマニュアルを渡されます。

個室、精液検査、はなおか

内鍵絶対かけますやん、名前絶対記入しますやん、所定の位置に採取カップおきますやん、フィニッシュ後培養士に連絡しますやん、

 

えっ??

 

なんやねん、培養士って。。。

 

アレをアレして培養してアレするって訳ね(うん、よく分かんな〜い)。とりあえず流れに身を任せよう。

 

個室は畳一畳ほどの狭さで、漫画喫茶のネット専用席的な感じ。

不妊治療、はなおか、精液検査、個室

正面にはテレビ、その下にはアダ◯トDVD集がありその下に再生機があります。

ティッシュの存在を確認すると、なんだか実感が湧いてくる悲しさ。。。

しかも丁寧に濡れテッシュまで。。。。気遣いハンパないですやん。

 

もちろん視聴の際はヘッドホンで行います。音漏れ対策万全ですよ。しかも、空気清浄機まで設置されており、

 

あの初夏の森林で嗅ぐような生命力溢れる香り

 

をしっかりと消し去って下さいます(笑)。

ちなみに写真の右手にある白い箱の様なものは”ゴミ箱”。

はなおか、個室、精液検査、ゴミ箱

このゴミ箱めちゃくちゃすごい機能を搭載しているんです。

真ん中の穴にゴミ(使用済みのティッシュなんですけどね。。)を入れると中にローラーが2本入っていて、巻き込む様にゴミを中に飲み込んでいきます。

2本のローラーは密着しているので、下に落ちたゴミの匂いを外に漏らさない密閉構造になっています。ゴミを入れると入り口のセンサーが感知して内側にローリングしてゴミを飲み込むという仕組み。

このゴミ箱のメーカーは、立ち小便器の横にいることでお馴染みの、calmic(カルミックと呼ぶと思う)。

カルミック

↑こんな感じ。男性の方なら知らない人はいないですよね。

立ち小便器横の彼らの役目はいい匂いを出して(消臭も)、嫌な匂いを消し去ること(だと勝手に思い込んでいる)。

 

カルミックやるやないけぇ。完全に匂いを消し去ってちょんまげ( ´ ▽ ` )ノ

 

そんな高機能なゴミ箱を目にし、安心してシコ◯◯、、、もとい、精液発射誘導行為を行えると安心。

 

個室、はなおか、精液検査、個室

入り口はこんな感じ。洗面所が完備され処理後も安心。右側のティッシュ入れの上が採取後の精液入りのカップ置き場となっています。

 

はなおか、個室、精液検査、電気

ムードを高める工夫も施されています。調光機能は少し嬉しい。

初めての体験で色々と個室内をくまなく見てしまう自分。そんなことをしているうちに時計を見るとなんと5分以上経過しているではないか。。。。ガクブル

 

やばいよ、やばいよ(マジで出川風になる自分)

 

急いで着席。座る前に濡れティッシュで席を入念に拭いたことはご愛嬌(ごめんね、これまでの猛者達よ)

 

射精のためのオ◯ズラインナップはこんな感じ

着席し、アレをおっぱじめるべく、オ◯ズを確認及び選定。

ちなみにオ◯ズのDVDはこんな感じ(遠目で)。

個室、はなおか、精液検査

DVDファイルには約20枚ほど収納されており、パラパラとめくり物色。

一通り目を通して思ったのは、企画ものはほぼなく、女優単体モノがほとんど。

そして作品のチョイスを見て、これを選定した方の傾向(好きなタイプ)がわかりますね(選定者は院長?笑)。

もう女優偏りまくり、、

 

 

妃悠愛 多すぎワロタ。。。(o^^o)

妃悠愛、個室、精液検査、AV

 

確かにかわいいよ、綺麗系だよ。うんうんわかるよ院長(と勝手に院長が選定したと思い込んでいる)。

そんな妃悠愛が多い中、次に多かったのが、、、

 

 

中国でも大人気の「蒼井そら」。。。

蒼井そら、個室、はなおか、精液検査

もう、王道やん!院長王道やん!気持ち晴れ渡るやん!

 

そして、次に多かったのは、

 

 

一昔前に一世を風靡した痴女女優「朝河蘭

朝河蘭、個室、精液検査、はなおか

渋っ!院長チョイス渋っ!!でもわかるよ。うん、、嫌いじゃない。昔お世話になりました(o^^o)

 

そのほかにもいくつかありましたが、ほぼこの御三方で8割以上を占めていましたね。もうこの中から選ばざるを得ない状況でした(どれをチョイスしたかはヒ・ミ・ツ❤️)

 

と選定に時間を取られすでに入室から10分経過してしまっているではないか。。。ガクブル。。。

改めて壁を見て刻一刻とノーサイドの時間が迫っていることを認識↓

はなおか、精液検査、個室

急ぎます。20分以内で出ます!いつものマイセルフ精液検査は1分とかかりません!

 

てゆーか、20分ルールってなんなん?なぜに20分。。。ロスタイムとかなし?

 

 

なんてツッコミを入れつつ、恋人兼戦友の右手くんを始動させるのであった。

 

「右手イきま〜す!!」

 

 

 

・・・・・・・・

 

 

 

入室から20分後。行為自体は日頃の鍛錬のせいもあってか、ものの1分ほどでミッションコンプリート。

この時ほど早漏で良かったと思ったことはない。

 

カップを所定の場所に山口百恵ちゃんバリに置き、インターフォンを静かにプッシュ。

 

「プルルル」

 

「終わりましたか? シールは貼りましたか?」

 

と、培養士なる方

 

「はい終わりました。しっかりシールも貼って所定の場所に置きました」

 

とポコキン。

恥ずかしくなんかないやいやい。もう終わったことだし、恥じることなんてないやいやい。

 

とか言って、本当恥ずかしいのボクチン。。。。

 

と、一人赤面しながら静かに退室。恥ずかしがりながらも、成し遂げた達成感から、もう気分は

 

 

 

 

 

アルマゲャドゥン。。。

アルマゲドン


「妻よ、無事帰還したぜよ」

 

フィニッシュした達成感に包まれながら、心晴れやかに女性が居並ぶ長い廊下を悠然と歩き、妻の待つベンチへ(カウンターは採精室の隣ですが、カウンター前に行くには逆方面=時計回りに大きく回らなければなりません)。

はなおか、院内地図、精液検査、個室

 

たくさんの女性達が座るベンチの一角に妻を見つけた時は、ちょっと安心しました。

 

「俺、やったよ!」

 

と童心に返り叫びそうな心境でした 笑

 

そして、再びベンチで検査結果を待つことに。。。

 

で、検査結果は?あと費用はいくら位?

 

気になる検査結果ですが、この記事を書いているのがもう深夜なので、別記事でまたアップします(ちなみに待望の検査結果ですが、すごいことになっていました)。

次号を乞うご期待!!

はなおかIVFでの精液検査感想②〜結果と費用をリアルに報告〜 へ

勢いで書きましたが、明日この記事を妻に見られたらちょっと怒られるかも。
でも修正なんてしないもんね〜v

 

スポンサードリンク

↓↓↓不妊治療系記事やブログが多数掲載されています。ポチッと押してお入り下さい↓↓↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です