夫の妊活あるある!男が不妊治療を始めるのを嫌がり先延ばしする理由

スポンサーリンク




The following two tabs change content below.
夫:ポコキン

夫:ポコキン

夫婦で不妊治療を行っています。夫の目線から、不妊治療を行う上で得た知識や感じたことなどをシェアしていきます。あまり辛気臭くなるのは嫌なので出来るだけ明るく、不妊治療以外のことも書いていくつもりです。めざせ!Awesome Life!!!

 

ぽっ子に「面白いよ」と観させられた不妊治療ドラマ「隣の家族は青く見える」

 

感想としては、重すぎず軽すぎずほどよいバランスで描いてるなぁって感じました。

 

特に面白かったのは

 

夫婦間の温度差の描写

 

夫役の松ケンの行動や思考が同じ男としてわかるなぁってウケました。

妻も書いていますが、

隣の家族は青く見える第1話でフーナーテストや精液検査が出てきてめっちゃリアル(笑) 不妊治療者として感想を書いてみる

2018.01.20

 

ドラマの中で、夫の松ケンが妻の焦りに反して

 

そのうちできるよ」と安易な言葉を発したり

不妊治療初診の待合室で呑気に爆睡したり

診察時、妻の後ろにポジションをとったり

精液検査の結果に無邪気に喜んだり

禁酒し始めた妻の前で無神経に酒飲んだり

 

うんうん、俺もその昔やってましたわ(笑)

 

不妊治療をドラマにするってすごい時代になりましたよね。

 

ということで、こんなドラマも始まったことですし自分の体験も踏まえて夫側の「あるある」を赤裸々に連載していきたいと思います。

記念すべき1回目のあるあるは、

男はとりあえず不妊治療クリニックに行くのを先延ばしにしようとする

です。

 

スポンサードリンク

 

男は不妊治療をとりあえず先延ばしにしようとする。

はい、これ。

たぶんほとんどの男がまずやると思う。

実際に俺やってたし。

根拠もなく(笑)

 

この、治療を先延ばしにしたくなる心理っておそらくこんな感じじゃないかなと思います。

 

  1. 考えるのがめんどくさい
  2. なんかめっちゃ金かかりそう
  3. 不妊は病気では(命に別状)ない
  4. 子供は授かりものだ
  5. 40代で産んでる(芸能)人もいる
  6. 俺まだ本気出してないだけ

 

 

 

未知の領域でよくわかんないし、

なんかとてつもなく凄いことっぽいし、

だから金とかめっちゃかかりそうだし、

そもそも不妊って病気じゃないだろ?

35歳が高齢?

芸能人とか40代で子供産んでるよ?

その焦りが良くないんじゃない?

 

てゆーか、俺まだ本気出してねーし。

 

 

男の言う「本気」とは

てゆーか俺まだ本気出してねーし、とはつまり

「俺のセックスは本当はこんなもんじゃねー」

「俺が本気出したらすぐ妊娠するはずだ!」

と、根拠のない自信を心のどっかに持ってるんです(笑)

 

 

だから不妊治療に行く前に、本気出すよ!と。

具体的に言うと

 

  • よっしゃ、「数」打つよ!
  • よっしゃ、「濃密さ」上げるよ!

 

って感じ。

もしそのときセックスレス気味なら「不妊治療代もったいねーし、もうやるしかない!」と、コスト意識が働いて、もう歯を食いしばってのパワープレイ。

レスじゃないなら「もっと感じさせて受精しやすくしてやるぜ!」とムキになって、アダム徳永も真っ青のテクニックで「どや!」みたいな感じかと。

 

・・・

 

まぁどちらも動機の良し悪しは別にして、ちゃんと子作りのために行動をしているのなら良いことだとは思います。

 

でもここで一つ抜け落ちていることがあるんですよね。それは、

 

自分の精子が悪いと疑っていないこと

 

ほとんどの男は自分の精子が悪いなんて微塵も思っちゃいない。

つまり、不妊の原因は妻にあるって潜在的に思い込みがちなんですよね(思い込みというかそもそも気づいてもいない)。

NACの精子検査結果で男性不妊発覚?正常形態率とFSH等のホルモン値が低すぎる件

2017.09.29

 

自分には問題がないと思う心理

 

超極端に言えば「なんで関係ない俺が不妊治療しなきゃなんないのよ?」って思ってんです。

これって「出す凸」側と「受ける凹」側の違いなのかもしれません(もちろん子供を産むのが女性、というのもあると思うけど)

 

  • 男は精子を出す
  • 女は精子を受ける

 

つまり男は「はい!ボールは渡したよ」って無意識のうちに思ってんじゃないかと。

さらに自分に原因がないと思ってしまう理由って、男は精液という目に見える物体を出しているからというのもあるでしょう。

 

  • 精液が出る=精子に問題ない
  • 精液が出ない=精子に問題あり

 

と、質の問題と物体の有る無しを一緒くたにしてるんだと思います。出てるから問題ないじゃん、って。

 

まぁだいたいの男って、ぶっちゃけこんな感じなんじゃないかな〜。

自分もよくよく思い返してみれば、不妊治療に踏み込む前ってそんな心理が深層にあったように思います。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

男が不妊治療デビューを先延ばしにする理由を超乱暴に言えば、

 

  • そもそも俺に問題はない
  • いやこれから本気出すから大丈夫
  • 俺は出すべきものは出ている

 

と潜在的に思っているから、当事者意識が希薄で先延ばしにしたくなるんじゃないのかなって。

そんな夫には、例えば3ヶ月とか期限を区切ってまず速攻で本気出してもらって、それで結果が出ないのであればクリニック行こうねって決めれば良いと思います。

 

では、

世の旦那様方、さっさと本気出しましょう。

ぽころぐ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

夫:ポコキン

夫婦で不妊治療を行っています。夫の目線から、不妊治療を行う上で得た知識や感じたことなどをシェアしていきます。あまり辛気臭くなるのは嫌なので出来るだけ明るく、不妊治療以外のことも書いていくつもりです。めざせ!Awesome Life!!!