シェットランドフォックスのセールに行ってきた。毎年ボーナスで革靴を買う4つの理由

スポンサーリンク




The following two tabs change content below.
夫:ポコキン

夫:ポコキン

夫婦で不妊治療を行っています。夫の目線から、不妊治療を行う上で得た知識や感じたことなどをシェアしていきます。あまり辛気臭くなるのは嫌なので出来るだけ明るく、不妊治療以外のことも書いていくつもりです。めざせ!Awesome Life!!!

 

ボーナスが出ると必ず買うものが2つあります。

それは、

 

  • 夏のボーナス→革靴購入。
  • 冬のボーナス→スーツ新調。

 

この二つがひそかな楽しみです。

そんな夏のボーナスが出たので革靴を買いに行ってきました。

前情報
先に言っておきます。私は革靴は好きですが、特段革靴マニアというわけでもなく、靴への造詣もそれほど深いわけでもなければ、コレクターでもありませんので ”足”からず。

 

スポンサードリンク

 

今回買ったのは「SHETLAND FOX(シェットランドフォックス)」

SHETLAND FOX(シェットランド フォックス)とは、1980年代に英国靴に迫るべくリーガルが立ち上げた上級ブランド。

1990年代半ばに生産をやめ、一時幻となっていましたが2009年に復活しました。

コンセプトは、

 

ブランドに惑わされない、日本人のための日本製の靴ブランド

 

日本人の足を知り尽くしたリーガルだからこそのフィッティング感は最高で、デザインもおろそかにせず洗練されている、量産メーカーとは思えぬブランドです。

内側に軸を取っているので、真正面から見ると歪んだようにみえます。ちょっといびつです。

 

かかとのホールド感は安心感を生み出してくれます。

 

そしてこの内側の良い意味での圧迫感が個人的にはすごい好きですね。

 

ベーメルやサントーニなどのセクシーなイタリア靴に憧れた20代前半(いや今も憧れている)。

クロケやチャーチといった質実剛健なイギリス靴のカッコ良さが分かった20代後半(今も買えるなら買いたい)。

でも結局は日本人の足にフィットし、コスパの良いリーガルやスコッチグレインに回帰するという、そんな紆余曲折を経てきましたが、近年

 

機能性は維持しつつ、もうちょっとデザイン性に富んだ靴が欲しいなぁ〜

 

って思っていて、昨年遅ればせながらシェットランドフォックスを購入してハマったんです。

何が良いってフィット感が凄く良い。1年履いて痛感しました(たまたま自分の足に合うのかもしれませんが)。

そこで今年も買ったろと、狙っていたんですよ。

 

Bグレードセールをね!

 

実は年に2回?ほどシェットランドフォックス日比谷店で行われるこのセール。

今夏は7月14日(金)〜18日(火)と、かねてより店員さんから情報を得て虎視眈々と狙ってたわけですよ!

このBグレードセールとは、傷やシミなどがある訳あり品。つまり「検査不合格品」を放出するセールなんですわ。あとはサンプル品とかね。

通常シェットランドフォックスの価格帯は4〜8万円くらい。サラリーマンからすると1足4万以上の靴を買うのはかなり躊躇する値段ですよね。それがなんとこのセールでは、

 

40%引きくらいになるんですよ。。。

 

で、14日金曜日、午後半休を取って行ってきたわけです。

 

お店に着いたのは開店から1時間ちょっと経った12時過ぎでしたが、すでに店外に3〜4名ほど並んでました。

数分待って店内に通され、積み上げられたBグレードの靴たちを物色開始。

 

シェットランドフォックスHPより引用。セールの様子ではありません)

全てがある意味一点モノなので、あまり悩んでいると他の客に持って行かれる可能性があり、行く前から欲しいシリーズをある程度絞っていたのが功を奏しました。

結果的には大満足の買い物になりました。

今回買ったのはこの2足。

 

 

バーミンガム(黒)セミブローグ

定価42,000円くらいするのが、25,000円くらいで買えました。

こちらは傷やシミなどの訳あり品ではなく、サンプル品で通常ならAグレードの製品です。多少サンプル品で履かれているものの、状態は申し分なく、こちらも超お買い得な買い物でした。

写真では分かりづらいですが、シャープなフォルムでいい感じです。

(比較対象として適正かは別として)持っているリーガルのストレートチップと比較するとよりわかりやすいです↓

 

 

バーミンガム(茶)ストレートチップ

おなじく定価42,000円くらいするのが、25,000円くらいで買えました。

 

これはソールの出し縫い糸の内側にある刻印がズレているという理由で安くなったもの。

ソール(裏)だし、普通に履いていて見えるわけではないので、この訳ありはかなりラッキーでしたね(ここ以外はAグレード製品となんら変わらないわけだからね)。

 

買ったあとは「千葉スペシャル」で「磨き」という通過儀礼

(出典:imasuguニュース

毎度、革靴を購入したら真っ先にココに磨きに行きます。必ずこの千葉スペシャルに持ち込むんです。

ここは靴に対するメンテナンスの常識を良い意味でぶち破ってくれますよ(職人さんと話をするとよくわかります)。

千葉スペシャルとは、プロの靴磨き職人集団。有楽町駅前と八重洲に店舗?を構えていて磨いてもらえます(千葉スペシャルの詳しいことはこちらのブログが詳しいです→千葉スペシャルが有楽町で復活!場所や料金,営業時間についてご紹介

個人的に最初に磨くことで、その後の持ちが全然違うと思っています。

でも新品の靴ってクリームが乗りづらいから嫌がられるんですよね(笑)

ちなみに、職人曰く

 

新品でやりにくいのは、ヤンコ(スペインのブランド)か、シェットランドフォックス

 

と以前言われました。

なんでも”なめし”が特殊なのか、革の質が詰まっていて良いのか、とりあえずやりにくいそう。毎日何十足と磨いている職人が言うんだからそうなんでしょう。ちなみに前に、

 

コスパの良い靴ってどこのブランド?

 

って聞いたことがあります。良いという基準は人それぞれですけど、コスパという観点においては、躊躇なく

 

スコッチグレイン

 

と即答されました。お手頃なのに作りがしっかりしているのがその理由とのこと。自分も持っているのでわかる気がしますね。

 

毎年革靴を買う4つの理由。なんで毎年買うのか?

そりゃ、毎日必要だからですよ(笑)サラリーマンは毎日革靴を履きますからね。

と、そんな当たり前の理由もありますが、その他にも理由があります。

 

  1. 好きだから
  2. 結果的にコスパが良いから
  3. 健康にも良いから
  4. 仕事に良い影響を与えてくれるから

 

こんな感じですかね。

 

1.好きだから

はい。好きだからです。

基本ほとんどものを買いません。というか買い物に行かない。年間で買うものはほんとう、靴とスーツくらいですね。

革靴が好きというのは、あの革の風合いや色合いが変わっていく感じが好きなんです

しかも買ったらずーっと使い続けるタイプ。

ベルトなんて入社の時に買った「バーバリー」の革製1万円ちょっとのものを、たまに磨いたりしてもう14年くらい使ってるし、時計なんて妻から15年前くらいにプレゼントされたWENGER(ウェンガー)の1万円ちょっとのをいまだに修理して使ってますからね(笑)

別に高級なものだからとか、ハイブランドだからとかあんまり興味なくて、機能的で自分がカッコイイと思うものを買いますね(いや、お金あればジョンロブやエドワードグリーンとか買ってみたいですけどね)。

 

2.結果的にコスパが良いから

たまに、1足しか持っていないって人がいますが、毎日同じ靴だとそんなに持たないし、だいたい1足だけという人は靴ならなんでも良いって傾向が強く、丸井とかで売ってる安い靴(セメント式製法)を買っているような気がします。

あっ、勘違いしないでくださいよ。安い靴だからダメということではありません

値段の高い安いではなく、1足で回そうとする感覚にちょっと疑問を抱くということですからね。

(正直、1万円から上にいくとよっぽどの靴好きでない限り見た目で高い靴か安い靴かなんてあんまり分かりません)

靴は最低3足以上でローテションを組んであげて適度に休ませてあげた方が良いと思いますし、そうすればかなりもちますよ。個人的には5足以上が理想です。

 

1足でも安い靴を履きつぶして毎度買い換えた方が安いんじゃない?

 

って言われるかもしれません。はい、多分そっちの方が安くあがるとおもいます。

ただそれはコストだけを見れば「安い」かもしれませんが、パフォーマンス(効果)という点においては確実に劣るとおもいます。

ここでいう効果とは、人に与える印象や自分の意識に与える良い影響のことを指します。

 

3.健康にも良いから

これはかなり強引なこじつけです。科学的根拠はありません(笑)

靴を定期的に買う = 靴に興味がある → 靴に愛着がわく → 大事に履きたい

そう大事に履くようになるんです。もうそれはある意味育てる感覚に近いというか。

だからあまり傷をつけたくないし、ソールも出来ることならすり減らしたくない。

そうすると、歩き方に気をつけるんですね。カカトの外側が減るガニ股歩きを修正してみたりと、綺麗な姿勢で歩こうという意識が出てきます。

姿勢が良くなって健康を害するとは考えづらいです(強引w)。

 

4.仕事に良い影響を与えてくれるから

良く「足元を見る」っていうじゃないですか?

まさにそれで、名刺交換の時とか私は必ず相手の靴をチェックします。

あくまで個人的な感覚ですが、靴の扱いによってその人がどんなタイプかが大体わかります。たとえば、

◼ 高い(と思われる)靴を履いていて、メンテが行き届いている人は、物事をキッチリと予定通り進めたい几帳面なタイプ

◼ 高い(と思われる)靴を履いていながらも、汚くはないがそれほどメンテをしていない人は、責任感があり几帳面だけど、それ以上に実は豪腕でリーダータイプ

◼ 安い(と思われる)靴を履いていて、メンテが行き届いている人は誠実で真面目なタイプ

◼ 安い(と思われる)靴を履いていて、メンテされていない(つま先とかボロボロで、カカトがほぼ無いような汚い)人はだいたい仕事はテキトーなタイプ

みたいな感じですかね。あくまで主観での大分類ですよ。

靴をしっかりとメンテするって、「美意識」なんだと思うんです。

すこし話がそれますが、男性と女性を比較すると、明らかに女性の方がファッションに対する意識って高いですよね?(本屋やコンビニの本棚にあるファッション誌の大半は女性向けですよね)。

ファッションに対する高い意識・興味とは、「外見を気にする」ということ。つまり美意識。

そんな美意識の高い女性が好きなものといえば、

 

靴(& バッグ)

 

そう、やはり靴なんです。靴が与える美への影響を無意識的に知っているんだと思います。

だから足元っておろそかにしちゃいかんのです。見る人には見られてるんです。

高級な靴を履くとかじゃなく、メンテをするというその細部にまで意識を持つ、気を配るということが大事だと思うんです。

 

あ〜この人の靴綺麗だな。細部にまで意識を向けているなぁ。仕事もしっかりとやってくれそうだな

 

なんて思われるかは分かりませんが、少なくとも私はそう思いますね。

 

だから毎年靴を買っていますし、定期的にメンテをしています(別に1年ごとに買うことが目的ではなく、靴の状態を保つためのローテションという観点から毎年買ってます。あとはただ単純に好きだから)。

 

【余談】靴で男の良し悪しを見分ける

ちなみにまったくの余談ですが、独身女子が合コンとかで男を見分ける時に、いろいろチェック項目はありますけど靴を見ると良いと思います。

これは良い男を見分けるというよりは、悪い(ダメな)男を見分けるにはそこそこ精度としては高いと思います。

 

靴が汚く、スーツも汚い(だらしない)

だいたい靴が汚い男はスーツやシャツがヨレヨレの確率が高いです。これは本当にそう思います。

ただこういう人って、ほんとうにだらしないだけの男か、ごくまれにですけど、何か特定の分野に特化している天才肌だったり芸術家肌だったりすることもありますので、一概にダメだとも言えないんですけどね。

けれど一つ言えることは、こういうタイプはそもそも合コンには来ないってこと。

 

靴もスーツも綺麗

これは美意識高い男なので、まずは話を聞いた方がいいです。ただ遊び人だったりする可能性もあるので会話の中でチェックしていくしかないですね。

これで口下手な感じだったら真面目な可能性もありますが(それすらも演技する高等テクを使う輩もいますが)、もし積極的に口説いてきたら

 

「私、実は彼氏いるんだ」

 

と人数合わせのため仕方なくきた感を漂わせて、相手の反応を探ると良いです。

そこで逆に目を輝かせてグイグイくるやつはほぼ100%「あわよくばBOY」です(笑)

 

靴が汚いのにスーツは綺麗

個人的にこのタイプが一番気をつけた方がいいですね。だいたいこういうタイプって普通にバランス感覚がよくて、自分の見せ方が上手かったりします。

自己プロデュースがうまいというか。

でも、なんだか「付け焼刃」なんですよね。目的のために「急ごしらえで取り繕ってる感」があるんです。浅いというか。

実際に遊んでみると、だらしなかったり、変なとこに細かったりと当初の印象と違うということになるような気がします。

 

と、これらはあくまで個人的な経験則に基づくもので、なんら合コンでの成功を保証するものではありません(笑)

靴を通して、多少なりともその人のことをうかがい知ることが出来るよって話です。

そう、靴は大事なんですよ。

 

不妊治療中の身として出費は抑えるべきでは?

結婚前に「自分のボーナスは自分で好きに使っていい」と取り決めました。毎月の給与はぽっ子がキャッシュカード&通帳を握っていて、小遣い制です。

ぽっ子は文句ひとつ言わずにボーナスを自由にさせてくれる、なんともできた妻です(もちろんボーナスの時は妻にも何か買いますよ)。

 

でも、ぽっ子も良く書いている通り、現在不妊治療にお金がかかっています。

これらの支出は日々の家計からぽっ子財務大臣があれこれやりくりして捻出しています。ほんとうに感謝です。

ただ、これから体外受精へステップアップするとなるとさらにお金がかかり、これまで通りのやりくりでは追いつかなくなるでしょう。

そんな状況なのに、ボーナスを全額好きにつかうって、

 

「ポコキンそれはちょっと違くない?」

 

って思う人もいると思います。

革靴やスーツなんか買ってる場合じゃないだろうよ、と。

はい普通に考えればそうだと思います。でも革靴とスーツ(年計10万位)以外にまとまった消費はほとんどしていません。

では、ボーナスの残額はどうしているかというと、実は革靴とスーツを買う以外は、ほぼ全て投資に回しています

運用成績はまた今度お話するとして、基本的には二人のためにコツコツ投資しているんです。

 

スポンサードリンク

 

投資先について

以前FXで儲かったとかって書いたことがありますが、投資とはFXのことではありません。

あれは完全な投機です(笑)リスクを積極的にとった小遣い稼ぎです。

 

現在投資しているのは、株式への投資です。

株式投資といっても個別株に自分で投資(売買)するのではなく、投資信託に投資しています

昔、結婚前から結婚直後くらいまでは個別株を良く売買していました。当時は安倍政権に変わった頃で、基本的に株価は上昇トレンドで順調に資産を増やすことができる良い時期でした。

しかし、それ以降は一応家族を持った身でもあるし(妻の不安もできるだけ排除する為)、できるだけ安定志向で個別株の投資(売買)から投資信託に切り替えました(投資信託=安定を保証するというわけでもありませんが)。

一昨年にマンションを購入し頭金を多めに入れたので、資産は大きく目減りしましたが、変わらず今もコツコツと投資を続けています。

現在2本(1本はNISA口座で運用)の投資信託に毎月一定額を積み立て投資しています。

株式売買から投資信託積立に切替えた理由。高度不妊治療資金捻出のため解約しようと思う

2017.10.21

 

そんなこんなで、基本的にボーナスの残りは全て家族のために投資に回すことにしています。

もちろん銀行預金のように元本を保証するものではないので、ノーリスクではありませんがいろいろと考えた結果現在そういう形になっています。

 

と、最後はなんだか革靴の話から思いっきりそれてしまいましたが、そんなボーナスの使い方でした。

 

引き続き ”足” 元をすくわれないよう、これからも気を引き締めて頑張ります。
(なんやねんその締め方w)

 

ぽころぐ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

夫:ポコキン

夫婦で不妊治療を行っています。夫の目線から、不妊治療を行う上で得た知識や感じたことなどをシェアしていきます。あまり辛気臭くなるのは嫌なので出来るだけ明るく、不妊治療以外のことも書いていくつもりです。めざせ!Awesome Life!!!