逃げるは恥だし役にも立たない。夫婦喧嘩の時に妻に言ってはいけない言葉や対応まとめ

スポンサーリンク

 

最近流行りのドラマに乗っかってみた(まったく観ていないのだが)。

つい先日、会社の後輩と飲んでいて夫婦喧嘩の話になった。なんでも後輩は最近夫婦喧嘩が絶えないようで、軽く悩んでいる様子。

 

ここ最近夫婦喧嘩が続いていたポコキンとしては、かなりタイムリーな話題で少しドキッとした。

夫と大げんかしました。

2016.11.13

妊活の焦りとストレスで夫とケンカ頻発!もっと生活習慣や気持ちを変えていこうと思う

2016.11.27

 

そこで、一応先輩として自戒の念も込め、夫婦喧嘩の際に妻に対してやってはいけないことをアドバイスした。

人に何かを伝える、教えるって行為は、自分を振り返るにはとてもいいね。後輩に言いながら、完全に自分に言い聞かせていたよ。今後のより良い夫婦関係維持のため、以下に書き留めておきたい。

 

スポンサードリンク

 

ケンカの時、妻へ言ってはいけない言葉・とってはいけない行為

 

「お前!」などのキツイ呼び方

名前で呼ぼう。乱暴な呼び方はいただけない。これ言いだすと、互いに「てめー!」「オメー!」なんて汚い呼称の応酬に発展しかねない。

 

過去を蒸し返さない

「だったら前に◯◯したことはどう説明するんだよ」
「前はこう言ってたじゃないか」
「自分だって前にやっただろ」

これを言うと、ひるむどころか、逆に自分の過去を掘り返され、血みどろの争いになるだろう。でもよくやってしまいがちなので、気をつけよう。

 

金銭のことについて簡単に言わない

金の話は、一番ドロドロするところ。もちろん常軌を逸した金遣いの荒さがあるのなら思いっきり追求すべきだが、通常の生活をしている中で、そこをあまりにも突くと、思いっきりブーメランになりかねない。

 

無視しない・出て行かない

ついつい男はやってしまいがち。自分はおさまっても、反応のない夫に妻のイライラ度は増すばかりだろう。妻の燃えさかる炎にガソリンをかけているようなもの。

ポコキンはケンカになると無視や、出て行く傾向にあり。はい、直します。

グランクラス初乗車。値段は張るがシートやサービスが快適で妻との喧嘩もどこへやら

2016.11.15

 

スポンサードリンク

 

ケンカの原因と予防策

ケンカの最大の原因はやはり、お互い「心の余裕がなくなっている」時に発生すると思う。バッファーがないため、ちょっとしたことでギスギスしてしまう。

そういった心持ちの時に、ささいな気に食わない言葉や態度にイラっとして、開戦してしまう。

 

原因は、さまざまなストレスだと思う。

でもよくよく突き詰めると、夫、または妻とケンカする根本的な原因の多くは、

 

相手を尊敬できない

 

時なんじゃないかと思う。

全てがそうではないと思うけど、結構多いと思う。

特に女性はその傾向が顕著な気がする。極端な例を挙げると、

 

週末家でダラダラ、酒飲んで食って寝て、パンツ一丁でうろうろして、態度もお腹もだらしない

 

みたいな感じとかに、昔好きだった若かりし頃とギャップが開きすぎて、イライラしてしまうんじゃないかな。

女性って、「何かに打ち込んでる、頑張っている、一生懸命になっている人」が好きな傾向が男より強いと思うし。

 

だって、売れない(=お金ない)芸人やミュージシャンでも彼女いたり、結婚できたりするのは、そういった女性の性質もあるからだと思うんだよね。

 

だから、ケンカの予防としては、

 

・メリハリをつける

→ダラダラしてもいいけど、妻からの依頼や要請は、素直に且つ迅速に受け入れて実行に移そう。そうすることで、同じダラダラでも妻公認となるはず。つまりメリハリをつけることが大事。

ポコキンも週末はダラダラする時が多々ある。ただ、ぽっ子の言うことは出来るだけ聞き、対応している。こうしていれば文句もそんなに言われない(まぁ、面倒ではあるが)。

 

・定期的に運動する(姿勢を見せる)

→これ結構効くと思う。ランニングや筋トレなどの運動は、わかりやすい自分磨きなので、妻からすると

「頑張っている」
「意識が高い」

と見られ、その果実としてダラダラ権はより行使しやすくなる(笑)。もちろんダイエットにも繋がるし。

 

・当たり前の声がけ(あいさつ)をする

「おはよう」
「行ってきます」
「ただいま」
「おかえり」

といった当たり前の声がけをしっかりとすること。特に「ありがとう」は絶対に欠かしてはいけない。当たり前の言葉だが、魔法の言葉でもあるのだ。

ポコキンも結婚当初は付き合いが長かったこともあり、おろそかにしがちだったが、ここ数年はこの言葉の威力を実感中。チリつもではあるが、じわじわ効くよ。

 

・たまに花を買う

もうこれ本当に効く。マジで効く。なんで女性ってあんなに花を喜ぶんだろう。男からすると

「食べることもできないし、実利がない」

なんて現実的に思ってしまうが、てきめんに効くね。3ヶ月に1回とか、最低誕生日やクリスマスなどイベント時にあげるといいだろう。別に高い花じゃないといけないわけではない。女性は花の値段や綺麗さよりも、

「自分のために選んでくれた」
「自分のことを想って行動してくれた」

ことに感動するのだ。だから毎回1,000円くらいの花を買うけど、1,000円以上のリアクション&リターンは十分にある。ノーリスクハイリターンという最高の投資だとひそかに思ってる(怒られそう 笑)。ただ、花買って持って帰る時は、道行く人に見られるので、ちょっと恥ずかしいけどね。

 

・会話をする

もう何度も書いてるけど、ほんとうに大事だね。これは基本動作で組み込んでおかないとダメだと実感。男ってついカッとなりがちだけど、女性はじわじわたまって、ある日ある時突如として爆発する、みたいな感じが多いから、常に会話をして、予兆・変兆を察知しておく努力をしておいたほうがいい。

結構、会話や態度に本音が出ている時があるよ(あとで思い返してみて感じる、だから、出来るだけ聞き流さない様にしている。自分を守る意味でも)。

 

 

何が言いたいかというと

まぁケンカをしない様にする、もしくはしてしまったら、

 

逃げずにじっくり向き合うことが大事ということ

 

うわ、めっちゃ当たり前のこと。。

逃げれば逃げるほど、問題は大きくなり、必要以上に相手への憎悪が増幅する。嫌だけど、さっさと話し合ってケンカ自体に向き合ったほうがいい。

ただ、時には一瞬離れる(距離を置く)ことも必要だけどね。そのほうが仲直りしやすいという、互いの相性もあるだろうし。

 

こと夫婦ケンカに限っては、逃げても役には立たないと思うので(笑)

The following two tabs change content below.
夫

約4年半にわたる不妊治療の記録を綴っています。体験したからこそ感じた不妊治療を取り巻く「内」と「外」の課題。顕在化しづらいこの課題の軽減・解決、そのギャップを埋めるべく夫婦で取り組んでいます。オフラインでの交流の場の創出や、オンラインでの真に求められるサービスを開発中。「不妊治療を身近な選択肢に」が当たり前の世界にしていきます。
ぽころぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

夫

約4年半にわたる不妊治療の記録を綴っています。体験したからこそ感じた不妊治療を取り巻く「内」と「外」の課題。顕在化しづらいこの課題の軽減・解決、そのギャップを埋めるべく夫婦で取り組んでいます。オフラインでの交流の場の創出や、オンラインでの真に求められるサービスを開発中。「不妊治療を身近な選択肢に」が当たり前の世界にしていきます。