ED(勃起不全)の種類や原因は?診断測定方法や治療薬などについて

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
The following two tabs change content below.
夫:ポコキン

夫:ポコキン

夫婦で不妊治療を行っています。夫の目線から、不妊治療を行う上で得た知識や感じたことなどをシェアしていきます。あまり辛気臭くなるのは嫌なので出来るだけ明るく、不妊治療以外のことも書いていくつもりです。めざせ!Awesome Life!!!

 

スポンサードリンク

 

EDとは?

 

ED(Erectile Dysfunction)

勃起障害・勃起不全

 

のこと。具体的には

性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態

とされている。

 

EDの現状

 

日本国内でEDに悩む男性は4人に1人にのぼるといわれいている。世界的にみると以下の様な統計も出ている。

年代  ED罹患率 
 40代前半  16%
 40代後半  20%
 50代前半  36%
 50代後半  47%
 60代前半  57%
 60代後半  70%

 

また一言でEDと言っても、程度や種類がいくつかある。

 

勃起不全の程度

完全型:勃起困難

中等度:勃つものの硬度不足。性交渉を完了できない=中折れ

軽度:たまに勃起できない

と大まかに分けるとこの様にそれぞれ程度がある。

 

勃起不全の種類

 

①機能性(心因性)勃起不全

→解剖学的にみても勃起機能に異常はなく、心理的要因などにより満足な勃起ができない。

 

②器質性勃起障害

→海綿体にまつわる血管の狭窄や閉塞、そのための筋肉の弛緩異常など。あるいは陰茎自体の異常などの解剖学的な問題や、内分泌障害によるもの。ちなみに、陰茎折症や脊髄損傷などの各種外傷や手術、またその後遺症に起因することもある。

 

③混合性勃起障害

→機能性勃起障害、器質性勃起障害が混在している状態。

 

④薬剤性勃起障害

→薬剤の副作用による勃起障害。循環器系薬剤(アドレナリン作用薬等)、や抗うつ薬または向精神薬等(抗コリン作用他)のほか、なんらかの形で男性ホルモンであるテストステロンを抑制する薬剤、または一部のホルモン剤などが原因とされる。

 

EDになる原因や要因

 

EDの原因と言われているものとしては、

・高血圧
・動脈硬化
・男性更年期障害
・ビタミンD欠乏
・糖尿病
・心疾患
・末梢血管障害
・多発性硬化症
・うつ病
・腎機能障害
・喫煙(タバコ)
・アルコール大量摂取
・陰部への圧迫行為(長時間の自転車運転など)

といったことが原因となるとされている。

 

スポンサードリンク

 

EDの診断

 

EDの診断方法だが、日本では「夜間陰茎勃起測定」で診断を行う。その夜間陰茎勃起測定の測定法は以下の様な種類がある。

 

①陰茎硬度周径連続測定装置

→陰茎硬度周径連続測定装置という機械を用い測定。具体的にはこの機器に接続されてあ2つのリングを陰茎の根元と亀頭下部(いわゆるカリ部分)に装着して、夜間の陰茎の動きを測定するもの。
ちなみに、このリングは締め付けたりすることも可能で、締め付けることで陰茎の反応を確認することができる。ただし、正確な診断を行うため3夜連続で測定を行う必要あり。

 

②エレクチオメーター(エレクシオメーター)

→巻尺状のもの。これを陰茎に巻き就寝中の勃起によって、どれ程度陰茎が太くなったかを測定する。基準としては陰茎の直径が2cm以上増加すれば正常とされる。

 

③スナップゲージテスト

→10オンス、15オンス、20オンスの強度をもつ3本のプラスチックフィルムを陰茎に巻き、どの強度のフィルムまで切断できるかで勃起強度を測定する。3本全て切断していれば正常とされる。

 

④スタンプテスト

→5枚綴りの切手を陰茎に巻き、起床時にどこまでミシン目が切れているかをみるテスト。ただこのテストは簡易的な測定であり、例えば寝返りなどで切れてしまうこともあるので、正確な判断はしづらい(大抵切れる)。どちらかというと、切れていることを認識することで自信を持ってもらう効果を期待している側面がある。

 

EDの治療方法

 

EDの検査及び治療薬は、現在国内においては健康保険適用外の自費診療である。

主な治療薬としては、

・バイアグラ
・レビトラ錠
・シアリス

といったものが一般的。

投薬治療のほかには、手術も行われる。

 

 

EDの予防

 

まずはEDにならないように予防することが大切。

もちろん加齢といった不可避な原因もあるが、EDになる大きな要因の一つは「生活習慣病」である。つまり生活習慣病にならないことがEDの予防になる。

日頃から運動やバランスの良い食事を摂取し、喫煙やアルコールの大量摂取をやめ、睡眠時間を十分に確保した規則正しい生活を送ることが大事である。

【PR】かかとが隠せる今のうちに・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

夫:ポコキン

夫婦で不妊治療を行っています。夫の目線から、不妊治療を行う上で得た知識や感じたことなどをシェアしていきます。あまり辛気臭くなるのは嫌なので出来るだけ明るく、不妊治療以外のことも書いていくつもりです。めざせ!Awesome Life!!!