ART(生殖補助医療)とは?種類や歴史、出生数など

スポンサーリンク




The following two tabs change content below.
夫:ポコキン

夫:ポコキン

夫婦で不妊治療を行っています。夫の目線から、不妊治療を行う上で得た知識や感じたことなどをシェアしていきます。あまり辛気臭くなるのは嫌なので出来るだけ明るく、不妊治療以外のことも書いていくつもりです。めざせ!Awesome Life!!!

 

ARTとは?

 

ART(Assisted Reproductive Technology)

生殖補助医療

 

のこと。

不妊治療には、

タイミング法や人工授精が含まれる「一般不妊治療」と、体外受精などの卵子と精子、受精卵(胚)を体外で取り扱う「高度不妊治療」がある。

ART(生殖補助医療)とは、この高度不妊治療のことを指す。

 

 

ARTの種類

ART(生殖補助医療)は、

・取り出した卵子と精子を合わせて、体外で受精させる体外受精(IVF)

・顕微鏡下で卵子に精子を微細な針(マイクロピペット)で直接注入する顕微授精(ICSI)

の二つの方法に大別される。

 

一般的に、一般不妊治療を半年〜1年かけて行っても妊娠に至らない場合、ART(生殖補助医療)にステップアップすることが多い。

 

生殖補助医療の歴史

1978年
イギリスで世界初の体外受精による赤ちゃんが誕生(ルイーズ・ブラウンさん)

1983年
日本国内初となる体外受精による赤ちゃんが誕生(東北大学医学部付属病院産婦人科)

1989年
シンガポールで世界初の顕微授精による赤ちゃん誕生

1992年
日本国内初となる顕微授精による赤ちゃん誕生

日本で初めて生殖補助医療による赤ちゃん誕生後、不妊治療の技術は飛躍に進歩を遂げ、2015年までに生殖補助医療で生まれた日本国内の子供の数は40万人を突破した。

これは24人のうち1人の赤ちゃんが生殖補助医療で生まれている計算になる。いうなればクラスに1人以上は生殖補助医療で生まれた子供だと言える。

ちなみに世界全体では、600万人以上が生まれていると言われている。

 

スポンサードリンク

 

日本で生殖補助医療を行っている病院の数

日本国内で生殖補助医療を行っている病院の総数は2011年時点で586施設となっている。

年代 治療数 登録施設 ART出生児数 総出生児数 ART出生児割合
1990年 7,565 156 1,200 1,221,585 0.1%
1995年 38,150 348 5,678 1,187,064 0.5%
2000年 69,690 511 12,274 1,190,547 1%
2005年 125,414 641 19,112 1,062,530 1.8%
2011年 269,555 586 32,426 1,071,304 3%

 

2011年時点のデータではあるが、ART登録施設は20年で3.8倍、治療数はなんと35倍、ARTで生まれた出生児割合は30倍の3%にまで増えている。

 

ARTによる出産率(分娩率)は、20代であれば90%以上の確率だが、30代に入ると急速に低下し、42歳では5%にまで下がるという事実がある。

なかなか妊娠に至らない場合は、早めにARTも視野にいれた不妊治療を検討・開始することも選択肢の一つにいれると良いだろう。

ぽころぐ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

夫:ポコキン

夫婦で不妊治療を行っています。夫の目線から、不妊治療を行う上で得た知識や感じたことなどをシェアしていきます。あまり辛気臭くなるのは嫌なので出来るだけ明るく、不妊治療以外のことも書いていくつもりです。めざせ!Awesome Life!!!